カテゴリー別アーカイブ: グッズプレゼント

Vol.490【anemo】ゲスト登壇☆『50年後のボクたちは』『新感染 ファイナル・エクスプレス』『ハイジ アルプスの物語』など

こんにちは。アネモ編集部です。

暦の上では、もうすぐ立秋を迎えますが、暑い毎日が続いております。
花火大会や夏祭りなどのイベントが真っ盛りですが、皆さま、お元気にお過ごしでしょうか。

本日より、遂に『トランスフォーマー』最新作が公開となりましたね!
現在、最新作の公開を記念して、GYAO!にて『トランスフォーマー』のシリーズ過去3作品を8月1日より各作品5日間限定で無料配信中です。見逃された方は、ぜひ↓をチェックしてみてくださいね!
http://www.anemo.co.jp/movienews/news/tf_gyao_news-20170728/

 

さて、本日は夏休みの映画鑑賞にぴったりな、不朽の名作「アルプスの少女ハイジ」に、『最強のふたり』のオマール・シー主演『あしたは最高のはじまり』はじめ、

heidimovie

ashita-saikou

各国で圧倒的な大ヒットを果たし、世界規模で話題を席巻した『新感染 ファイナル・エクスプレス』などをご案内させていただきます。

shin-kansen

時速300キロで疾走する特急列車内でウイルス感染パニックが発生―。極限状況下の人間模様が呼び起こす、破格の興奮と感を描き、世界の名だたる目の肥えた映画関係者も唸りまくった『新感染 ファイナル・エクスプレス』。本作は、第69回カンヌ国際映画祭を筆頭に世界156カ国から買い付けオファーが殺到、各国で圧倒的な大ヒットを果たし、世界規模で話題を席巻した超話題作です!

さらに、ご注目いただきたいのは、世界的な大ベストセラー小説「14歳、ぼくらの疾走」を『ソウル・キッチン』のファティ・アキン監督が実写化した、『50年後のボクたちは』です。

50nengo

まるで、現代版『スタンド・バイ・ミー』を彷彿させるような、懐かしさと、切なさが優しく交差する本作の試写会では、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんと、映画ライターの森直人さんによる本作の見どころや、激推しポイントなどを教えていただけるトークイベントの開催が予定されています。お二人のトークをお楽しみいただける貴重な機会となりますので、お見逃しなく!

グッズプレゼントでは、『ダイバージェントFINAL』オリジナルカード型USBはじめ、『トランスフォーマー/最後の騎士王』の新キャラクター「スクィークス」の3Dキーチェーンなど多彩なグッズが揃いましたので、ご覧いただけると嬉しく思います。
http://www.anemo.co.jp/present/

皆さまからのご応募を心よりお待ちしております!
 
shin-kansen_b

キャスト登壇☆『溺れるナイフ』完成披露試写会5組10名様、『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』一般試写会15組30名様など

こんにちは。アネモ編集部です。

秋分の日も過ぎ、ようやく過ごしやすい気候になりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、本日はハロウィンの季節も近づいてきたということで、ハロウィン気分を盛り上げてくれる絶叫エンタテインメント、ニコラス・ケイジ主演『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』はじめ、
『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』 一般試写会15組30名様
皆様におすすめの作品を、一挙ご案内させていただきます!

1作目は、冒頭でもご案内させていただいた、伝説的少女コミックの実写映画化となる『溺れるナイフ』。
原作者の、ジョージ朝倉さんのファン(個人的に)としましても、実写化ニュースには、大興奮いたしました。

主人公のカリスマ美少女、夏芽を演じる小松菜奈さん、もう一人の主人公とも言える、圧倒的存在感のコウちゃんを菅田将暉さん。

これは、、、もう、ぴったりのキャストではないでしょうか?!

キャラクターが魅力的すぎる漫画でしたが、なかでも特に、実写化の最大ハードルとなると思っていた(個人的に)コウちゃん役、あの、ものすごく難しい役を、よくぞ!菅田さんが演じてくれましたという感です。

菅田さん以外考えられないというくらい、↓写真から既に雰囲気が。

『溺れるナイフ』 完成披露試写会5組10名様

試写会のたびに、どの作品も、それぞれのカラー(内容)に合せてチクチクとバナーを製作しておりますが、よもや、『溺れるナイフ』のバナーを製作する日が来るとは思いませんでした。
有難き幸せです。

本試写会は、キャスト舞台挨拶を予定しておりますので、原作&キャストのファンの皆様、ぜひご注目ください☆

続いては、香港で大きな話題を集めた実話の映画化となる、閉園の危機にあった幼稚園に奇跡をおこした1人の女性の物語『小さな園の大きな奇跡』。

グッと何かを堪える、訴えるような瞳でこちらを向く少女。
少女の、言葉にならない圧倒的な心の叫び、いじらしいほど切なく、差し伸べられた手を思わず握りたくなるような、その瞬間を見事に切り取った一枚です。

『小さな園の大きな奇跡』 一般試写会15組30名様

更に、
フランス元首相の母の実話から生まれた感動作『92歳のパリジェンヌ』。

2002年、リオネル・ジョスパン仏元首相の母親ミレイユが、自らの人生を終える日を決め、それを実行しました。
本作は、当時フランスに大きな波紋を投げかけた、92歳のパリジェンヌの“決断”と、その家族の愛の物語です。

人は最期の瞬間まで命を輝かせることが出来るのだと観る者に勇気をくれる本作、ぜひ、ご覧ください。

『92歳のパリジェンヌ』 一般試写会5組10名様

最後は、一件のひき逃げ事故をきっかけに、人びとの秘密と欲望があばかれる傑作サスペンス『人間の値打ち』。

本作は、富豪の妻を演じたヴァレリア・ブルーニ・テデスキの主演女優賞をはじめ、イタリア・アカデミー賞と呼ばれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で最優秀作品賞ほか7部門を制覇した傑作サスペンスです。

『人間の値打ち』 一般試写会20組40名様

「人間の値打ち」って、すごいタイトルですね!というお言葉を、読者の方からいただきましたが、本当にそうですよね。
人間の値打ちなんて、日常生活のなかでは考えもつかないことなので、ドキッとさせるタイトルですが、そういう意味でも、非日常的なスケールの大きい欲望がうごめき、交錯しあう上質なサスペンス。ぜひ、お楽しみください。

*********************
【イベントのお知らせ】

応募締切まで9月25日(日)までとなりますが、10月4日(火)に、都内で『とんがらし団結団式』を開催いたします。
激辛ファンの皆様にはお楽しみいただけること間違いなし!の本イベント。
ご興味のある方は、ぜひご参加ください☆

『鷹の爪団のとんがらGメン大作戦』、とんがらし団結団式(10/4)に参加しよう!5組10名様ご招待!

『鷹の爪団のとんがらG メン大作戦』とんがらし団結団式に参加しよう!
ご招待枠からはずれた人の中から抽選で、激辛ファン必食の
「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛アラビアータ味」を5名様に☆

【応募締切】2016年9月25日(日)
【当選者数】5組10名様

皆様からのご応募、心よりお待ちしております!

ゲスト登壇予定☆『ファインディング・ドリー』ジャパンプレミア試写会5組10名様、締切間近!『ペレ 伝説の誕生』一般試写会20組40名様他

こんにちは。アネモ編集部です。

梅雨の晴れ間に、夏のおとづれを感じる今日この頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

アネモの読者様は、映画をこよなく愛する方が多くいらっしゃるので、
編集部としても、新作映画で賑わうこの時期はご紹介に力が入ります。

さて、本日は『ペレ 伝説の誕生』(6/23締切)はじめ、『ペレ 伝説の誕生』 一般試写会20組40名様

ディズニー/ピクサー最新作!『ファインディング・ドリー』の
ゲスト登壇予定、ジャパンプレミア試写会(6/29締切)、
『ファインディング・ドリー』 ジャパンプレミア試写会5組10名様
編集部も大注目の作品!脚本家トランボを描く感動の実話、
『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』↓、

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』 一般試写会5組10名様

そして、試写会ではなく鑑賞券プレゼントとなりますが、
個人的に一押し映画、「ラスト・タンゴ」をご紹介させていただきます。
アルゼンチン・タンゴで史上最も有名なダンスペア、マリア・ニエベスとフアン・カルロス・コペスの軌跡をたどったドキュメンタリー作品。
タンゴは踊りもですが、あの独特のリズムが最高にエキゾチックでカッコイイですよね、一度、あんなふうにステップを踏んでみたものです。
しかも、製作総指揮がヴィム・ヴェンダース!ということで、ドラマティックな仕上がりは間違いございません!

『ラスト・タンゴ』 劇場鑑賞券5組10名様

更に、↓全米で大人気の海外ドラマ「SCORPION/スコーピオン シーズン2」など、

『 スーパー!ドラマTV 「SCORPION/スコーピオン シーズン2」』 「SCORPION/スコーピオン」 シーズンブリッジ特別試写会15組30名様

話題作の試写会、非売品のグッズを一挙ご紹介させて
いただきましたので、ぜひご覧ください。

 

頂戴するメッセージは隅から隅まで拝見しております。
皆様、いつも本当にありがとうございます。
メッセージを活力に、今後もお楽しみいただける
情報をご案内させていただきますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます!

試写プレ☆大阪・東京『INNOCENT 15』劇場鑑賞券12組24名様(計)、ゲスト登壇!『フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館3D・4K』他

こんにちは。アネモ編集部です。

ついに昨日、梅雨入り宣言が発表されましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

女性読者の皆様は、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、
本日6月6日は「紫陽花(アジサイ)のおまじない」の日です。

古くからの言い伝えで、紫陽花を半紙でくるんで水引で結んだものを、
家のトイレの隅につるしておくと、魔除けだけでなく、
女性特有の婦人病を予防してくれるなどと言われております。
吊るし方は、地方によって違うそうですが、
手作りの可愛らしい「紫陽花」のお守り、
毎年一度のお楽しみとして、よろしければお試しくださいね。

さて、本日は関西方面にお住まいの読者様にお知らせです!

“今年の邦画の中でもトップクラス”と熱烈な支持を受けた、
甲斐博和監督の初長編映画『INNOCENT 15』に、
東京・大阪あわせて12組24名様のご招待が決定しました!

『INNOCENT 15』 劇場鑑賞券(東京)各日3組6名様、計6組12名様ご招待(※劇場・日時限定)

 【東京】『INNOCENT 15』劇場鑑賞券 計6組12名様(各日3組6名様)
【応募締切:2016年6月13日(月)】

『INNOCENT 15』 劇場鑑賞券(大阪)各日3組6名様、計6組12名様ご招待(※劇場・日時限定)
【大阪】『INNOCENT 15』劇場鑑賞券 計6組12名様(各日3組6名様)
【応募締切:2016年6月26日(日)】

劇場・上映時間限定(レイトショー)鑑賞券となりますが、
15才という青春の時間を瑞々しく描いた、
まったく新しい青春映画の誕生をぜひお見逃しなく!

そして、編集部のもう一つの大注目作にして、
世界史・美術好きにはたまらない作品となりそうな本年度No.1美術ドキュメンタリー、
フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館3D・4K』。

『フィレンツェ、メディチ家の至宝 ウフィツィ美術館3D・4K』 特別選考試写会5組10名様
しかも本作は、3D・4K作品での上映となりますので、
その圧倒的な世界観を心行くまでお楽しみいただけること間違いございません☆

その他、話題作の新着情報も掲載しておりますので、
皆様からのご応募、心よりお待ちしております!

▼「映画試写会プレゼント一覧」はこちらから
http://www.anemo.co.jp/art/movie/present.html
随時アップしています、ぜひご応募くださいね!

▼Event&Newsブログ
http://www.anemo.co.jp/community/news/
新作映画のご紹介をはじめ、カルチャー情報、各種イベント情報など、
ジャンルを問わずご案内しております。

 

試写プレ【緊急企画】☆舞台挨拶付き『手をつないでかえろうよ~シャン グリラの向こうで~』 など全9件☆

こんにちは。アネモ編集部です。
4月も間もなく終わろうとしていますね。

旧暦で、4月は初夏の始まりの季節です。
日本の暦には「二十四節気」というものがありますが、
今のこの時期は、春の最後の節季『穀雨(こくう)』を迎え、
立夏に向かい、安定した季節になる頃と言われています。

新しい季節と共に、いま其々に出来ることを、
出来る環境の中でしっかり繋いでいきたいと思います。

**********
さて、本日はGW前に新作映画の試写会の開催が、
急遽決定いたしましたのでご案内させていただきます!

人気の舞台挨拶付き完成披露試写会はじめ、
女子学生様限定の試写会など、多様なラインナップを
ご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』 完成披露試写会20組40名様 ※キャスト舞台挨拶予定

『きみの声を探して アフター・ラブ』 女子学生限定試写会20名様

『 白鳥麗子でございます!THE MOVIE』 完成披露試写会10組20名様

『団地』完成披露試写会5組10名様※上映後、監督・キャストによる舞台挨拶予定

他にも、話題作の映画オリジナルグッズや、
豪華なDVDプレゼントもご紹介しております。

皆様のお声を励みに、これからも喜んでいただける
多様なプレゼントをご用意させていただきますので、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ご応募、心よりお待ちしております!

映画レビュー御礼と映画グッズのご紹介☆

暖冬から一転、連日の寒波に手先がジンジン痛みます。
降雪地域にお住まいの皆様、お出かけの際はお怪我などないようお気を付けくださいね。

まず初めに、、、『杉原千畝 スギハラチウネ』はじめ、
映画レビューをご投稿いただいただ皆様、ありがとうございました!

前回のブログ記事を見てくださったのでしょうか、
だとしたら、とても嬉しく思います。
本当にありがとうございます。

書いてくださった全てのレビュー、大変参考にさせていただきました。
http://www.anemo.co.jp/art/movie/review.html

私は、個人的に映画レビューを参考にしております。
実際に映画を観た後に、あらためて皆様のレビューを思い返し、
先ずは、自分の感想と照らし合わせているのですが、
同じ映画を観た者同士と言いますか、
同じモノを共有させていただいた感覚で、
気持ちのシンクロを勝手ながら感じております。

映画とは違う部分でも楽しませていただけますので、
これからも、映画レビューをぜひ拝見させて
いただけることを願っております。

あらためまして、素晴らしいレビューをありがとうございました!

***************************************************
さて、アネモでは、試写会プレゼントと並行して、
映画グッズのプレゼントをたくさんご用意させていただいております。
http://www.anemo.co.jp/special/index.html

特に、今回は1986年のテレビドラマ放映開始から30年、
軽妙なトークと激しいアクションで繰り広げる伝説のシリーズ「あぶデカ」が、
遂に本当に本当の”ラスト”を迎える、
映画「さらばあぶない刑事」(2016年1月30日全国ロードショー)の
公開を記念して、特製クリーナー50名様プレゼント企画を開催中です。
http://www.anemo.co.jp/special/index.html#goods_abudeka

プレゼントページでは、
映画『さらば あぶない刑事』 の内容も一緒にご覧いただけますので、
ぜひ、一読いただけると嬉しいです。
上記以外にも、
映画公開日に合せてプレゼントの掲載を行う予定にしておりますが、
まだまだ、オリジナルグッズをはじめ、
珍しいプレゼントもたくさんございますので、
映画ファンの皆様、この機会にぜひご応募くださいね☆

追記
試写会プレゼントもご用意しております。
準備完了後、掲載させていただきますね☆

GOODSプレゼントのお知らせ☆

皆様、こんにちは。アネモ編集部です。

11月に入ると、あっという間に12月を迎え、
気が付いたらお正月!というパターンを年々繰り返しております。

万遍なく毎日を過ごしていますと、
呆れるくらいの速さで時が過ぎていきます。

若かりし頃は、過ぎゆく時間に焦燥感を感じたりしたのですが、
紆余曲折な経験を重ねる毎に、
映画で出会う、様々な人生の波を垣間見たことで、
日々の小さなことに感謝ができるようになりました、、、などと、
更新に明け暮れて、すっかりおセンチな年末モードです、苦笑。

さて、毎年この季節は、年末年始の映画公開に向けて、
様々なイベントや個性豊かなキャンペーンが展開されます。

まずは、本日アップの新着プレゼントをご紹介させていただきます。
人気キャストが勢揃いの新作映画からのプレゼントです☆

映画『通学シリーズ 通学電車』『通学シリーズ 通学途中』公開記念
http://www.anemo.co.jp/special/index.html#goods_tsuugaku

・千葉雄大 サイン入りクリアファイル」1名様
・中川大志 サイン入りクリアファイル」1名様
・オリジナルB5ノート 20名様   計22名様

映画『グラスホッパー』 オリジナルクリアファイル」20名様
http://www.anemo.co.jp/special/index.html#goods_grass

『グラスホッパー』と、『通学シリーズ 通学電車』 は、
近日公開(11月7日)ですので、ぜひ、映画も併せてご覧くださいね!

お気付きの読者も多いかと存じますが、
実は、アネモ編集部は驚くべき少人数で更新を行っておりますので、
「映画コーナー」以外、ほぼ更新を行うことが出来ておりません。。。

ですが、アネモ最後の砦、
「映画コーナー」だけは死守いたしますので、
今後もお付き合いいただけますと、更新の励みになります。
どうぞ皆様、これからも「映画コーナー」を楽しみにしていてくださいね。

今回、ご紹介させていただくプレゼント以外にも、
まだまだプレゼント企画をご用意しておりますので、
後日、あらためてご案内させていただきます!

映画「サウンド・オブ・ミュージック」

こんにちは。アネモ編集部です。

本日、ご紹介させていただくプレゼントの1つ、
「サウンド・オブ・ミュージック」オリジナルマグカップは、
製作50周年記念として作られた特別なカップです。

☆『サウンド・オブ・ミュージック製作50周年記念版』
オリジナルマグカッププレゼント
http://www.anemo.co.jp/special/index.html#goods

幼い頃、はじめて本作を観た時は夢中になりました。
冒頭、スクリーン一杯に広がる壮大な景色の中、
マリア演じるジュリー・アンドリュースが、
透き通るのびやかな歌声を披露するシーンを繰り返し観ては、
公園の砂場や空き地で真似をしたものです、笑。

中でも、トラップ大佐が独唱するエーデルワイスのシーンは、
思い出すだけでも、胸に迫る感動があります。

映画の背景は決して明るい時代ではないのですが、
少女漫画の王道のような恋と、冒険と映画全体のスケールは、
単なるミュージカル映画ではない様々な要素が
感動的に散りばめられていたように思います。

映画をご覧になった方は、それぞれに印象に残るシーンが
あるかと思いますが、ご覧になっていない方は、
歌も音楽も、キャストもストーリーさえも色褪せず、
50年経った今も愛され続ける本作品を、
この機会に、ぜひ一度ご覧いただければと思います♪