猫になりたいと思う時

日本では激しい台風で新幹線が止まったりしてたけど、皆さん大丈夫だったでしょうか?大難は小難に、小難は無難におさまりますよう、心からお祈り致します。

今日は、こちらも朝から雷雨が激しく、朝というのに真っ暗でバケツをひっくり返したような激しい雨。予報を見て、日曜礼拝を土曜日夕方にすませていたパトちゃんの判断は正しかった。この時期、何度かこういう激しい雷雨を繰り返して秋になる。ああー!もう夏が終わる。早すぎる、寒すぎる!

と、そんな事は全く気にせず、ターディにゃんはぐっすり眠る。こんな時、猫になりたい。笑

夏の風吹くシカゴ川

急な豪雨に見舞われた後、ここ数日、爽やかな過ごしやすい日が続いていて嬉しい。たまにはこういう日が続かないとっ!(^^)

シカゴ川に、少し強めの夏の風が吹いている。黄色い水上タクシーはチャイナタウン行き、川下りの建築物観光ボートが心地よい季節。何かきっかけがないとわざわざ乗る事はないけど、乗れば楽しい事間違いなし!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本に帰国した友達と4年ぶりの再会でシカゴ美術館へ。広すぎてすべてを回るのはいつも難しい。ロンドンの地下鉄ポスターがレトロで可愛かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌川広重の浮世絵の影響を受けている。こういう展示を見ると、嬉しい!やっぱり、もっと度々行くようにしよう

 

 

 

 

 

 

 

母の思い出の中に見る「古き良き昭和」

7月25日は亡母の祥月命日やった。もう5年も経った。月日の流れは本当に早い。オレンジ色のグラジオラスを見かけ、つい買った。はっきり言って、「なんでオレンジ?」と、良さがわからんかったけど、母が好んで育てていた。今では古めかしささえ感じるオレンジのグラジオラス、夏に出回るありふれたお花やけど、私が子供やった頃は、「モダンで素敵な洋花」やったのかもしれない。

母を偲んで「昭和風」に生けてみた。昭和の家には家具調のテレビの上や下駄箱の上に花瓶、花瓶の下にはレースの花瓶敷。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母が「オレンジ色」を植え続けたのは、ある種の「懐かしさ」からではなかったやろうか?とふと思う。他の色も出回るようになったのに、母にとってはやはりグラジオラスは「オレンジ」だったのだろう、と想像する。小さかった私や妹を育てながら、父もまだ健在だったあの頃の色々な事に思いをはせながら、ついこの色を選んで植えていたのではないだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひさしぶりに、母の戸塚刺繍作品を飾ってみた。これも、昭和な家具調テレビの上や、サイドボードの上、下駄箱の上など、時々場所を変えながら飾られていた。今の厚みのないテレビは場所もとらずに便利やけど、昭和のテレビの上は楽しかったなあ、なんて懐かしく思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして昭和な布団の中で「くふっ!」と気持ちよさそうな猫一匹。母にとっては、毛深い孫(笑)

いきなり猛暑

なかなか夏にならへんなー!なんて思っていたら、昨日はいきなり35C、体感温度はなんと47Cというシカゴらしからぬ気温。高温注意報も出た!家にこもってダラダラすごす。

にゃふーん!ベッドの私の居場所を占領、くねくねくねくね、気温が上がるとこうなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室温がいい感じに冷えてくると、眠さと戦うかのように、薄目になる。食い気と眠気の戦いなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして爆睡、私も寝たいけど場所を占領されているから、仕方なく移動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花は、亡母の祥月命日が7月25日なので、母のイメージのひまわりを生けてみたくなった。月日が経つのって、ほんまに早い

グァテマラ土産

やっと夏らしくなったシカゴ、30C超えの日が続き、陽ざしがきついので、チリチリと肌に刺さる感じ。でもこれって、あの極寒の冬を越えるには、すっごい必要!!!

ドナさんがスペイン語集中講座でグァテマラに行ったからとお土産をくれた。縦笛が入ってたので吹いてみたら、ドレミの歌ぐらいは吹ける!小学校の音楽の授業ってすごい!どんだけ昔に習っても、覚えてるもんやなー(^^) リコーダーより穴が大きいし、まっすぐすぎるから上手く塞げなくて音がブレるけど、「コンドルは飛んでいく」とか吹けたらいいなーなんて懐かしく思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お人形の表情がかわいい、中南米のテキスタイルって、色と織がおもしろくて好き。珈琲は後日のお楽しみにまだとってある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーで、とても綺麗な葉っぱをみつけたので、遊んでみた。黄色い世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節のアジサイは、でっかすぎる(笑)元気なのはいいけど、日本の、というか神戸周辺みたいに色々な種類のアジサイがみたくなった。六甲山の偉大な自然を今更ながら素晴らしいと思う。森林植物園に行きたいと思うこの頃。

梅雨みたいやった

雷雨で洪水になった地区もあり、急に蒸し暑くなったけど、週末は気温もさがって、なかなか爽やかでいい。

暑さのあまり、先日「きょうの料理」でやっていたアイス作ってみた。生クリームを泡立ててコンデンスミルクを加えて混ぜた後、冷凍室で固めるだけ。ハマる!カロリーが危険!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旬のレイニア(^^)高いけどつい買う。日本のサクランボの方がおいしいとは思うけど、これもなかなか〰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏花。亡母が好んで植えていたグラジオラス、母の好みはオレンジ系だったようやけど、淡い紫が綺麗だったのでヒマワリと合わせてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒマワリの花が折れたので、何年か前に焼いた猫の器に浮かべてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜかこの時期、ターディにゃんは好んでパトちゃんの足を枕にする。パトちゃん、暑いけど、ニャン可愛さのあまり我慢し続ける(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IKEAのお人形さん用ベッド、ちょうどいいと思ってたのに、ニャンには重すぎて、底がぬけた(汗)修理せねば!(笑)

蒸し暑い夜のうらめしニャ

ここ数日、いきなり暑い。バケツをひっくり返したような激しい夕立で湿気がいっぱい。日本の梅雨ほどではないけど、梅雨みたい。

と、ふとスーパーでトロピカルな花束が、たったの9ドル50セントで売られていた。枯れかけの観葉植物を解体したっぽい感じで、葉っぱバラバラやったけど、とにかくまとめてみた。この後、うまくいけば、根がでて、鉢植えにできへんかな?なんてセコい事を考えたりする(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜、廊下に毛深い物体がころがってて、踏みそうになった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でたっ!蒸し暑い夜のうらめしニャ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドナさんからのお土産チョコ。猫化するハリウッド・スター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑オードリー・ヘプバーンはよくわかる。クリント・イーストウッドは、ちょっとわかりにくい?

https://www.chelseamarketbasket.com/category/choc-stars

そして人間化した猫がここに

お留守番家庭

火曜日からパトちゃんがリッチモンドに出張してる。ターディにゃんは、寂しさを持て余している様子で? なぜか壁にへばりついて、魚の「蹴りぐるみ」を抱きしめている。いじいじいじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかとても不憫に思え、だっこしようとしたら「ユウコじゃあ、ダメにゃ!」みたいな感じの態度!なんなんや!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の心配をよそに、翌日は禁止されている窓に上がって悪戯放題!すっごい猫らしい態度(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いがけず、とても綺麗な芍薬を買えた!スーパーでこんな立派なお花が買えたのは久しぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

シカゴ美術館でみた「神奈川沖浪裏」の刷り色の違いが頭によぎり、思わずカメラの色調で遊んでしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着物やカーテンの柄みたい?最近のスマホのカメラって、楽しいわー!(笑)iPhoneそろそろ買い替え時期、とくに最新に興味あるとかではないけど、カメラの性能が上がっているだろうから、そこは楽しみ(^^)

シカゴ美術館でジャパニズムにふれる

思えばシカゴに来た頃は、徒歩でシカゴ美術館へ行ったりしていたけど、その後引っ越してからは、あまり行かなくなった。オフィスからは徒歩20分ぐらいというのに、なんだかな〰 と、いうので、今年は会員になってみた。会員証があの北斎の「神奈川沖浪裏」で、なんか嬉しい!

 

 

 

 

 

版画やから当たり前といえば、そうやけど、版元の刷りや紙質によって、少しピングがかっていたり、青みが強かったりすると、浮世絵全体の雰囲気が違ってくるという比較展。なるほどーっとおもしろかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今も入ってるかどうか知らないけど、「お茶漬海苔」買ったら、ついて来てた感じの懐かしい浮世絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時開催の「マネ展」、日本の影響が見られて、こちらもうれしかった。日本美術の印象派への影響を改めて誇りに思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花の絵がたくさんあって、うっとり眺めた。ガラス花器の透明感や、優しい色調が好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の目玉。絵から醸し出されるなんとも言えないオーラにうっとりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、しかし、個人的にアスパラガスを描いたこの絵がとても好き。

 

 

 

 

 

 

せっかく会員になったから、もっと常設作品など見ようと思う。広いから、運動もかねて(笑)

こっちも梅雨っぽいお天気

こっちも梅雨みたいなお天気が続き、6月というのに寒い。風邪かな?なんなんだこのだるーい感じは?というのは、周りの人たちも共通のようで、どんだけでも寝れる(笑)

と、シンプルに挿しただけのお花にしてみたくなった。手抜きともいう?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑は目にしみるほど美しく、癒される。ふと六甲山の緑を懐かしく思い出しながら、ここの緑もまた違っていいなと思う。気だるい季節に力をくれる緑の癒し(^^)

1 2 3 23