LION/ライオン 〜25 年目のただいま〜

2017-02-14
2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

第89回アカデミー賞6部門ノミネート!!
25年間迷子だった男が、Google Earthで起こした奇跡とは―?

迷った距離、1万キロ。探した時間、25年。道案内は、Google Earth。
2012年、驚愕のニュースが世界を駆け廻った。5歳の時にインドで迷子になり、養子としてオーストラリアで育った男が、Google Earthを駆使し生まれ故郷に帰り着いたというのだ。
彼の名前はサルー・ブライアリー。
この嘘みたいな実話に、名だたる映画人たちが争奪戦を繰り広げ、アカデミー賞作品賞に輝いた『英国王のスピーチ』の名プロデューサーたちが、遂に映画化を実現させた。

主人公のサルーを演じるのは、『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテル。思いがけず驚きの人生にのみ込まれ、2つの国、2人の母親の間で揺れる男の繊細な心を演じ、本年度ゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされている。サルーの養母役には、オスカー女優のニコール・キッドマン。サルーの恋人のルーシーには、第88回アカデミー賞にノミネートされたルーニー・マーラ。そして、観る者全ての心を鷲掴みにするのは、5歳のサルーを演じる映画初出演の少年、サニー・パワール。インドの複数の都市において何千人もの子供たちがスクリーンテストに臨む中で、圧倒的な存在感を放ち選ばれた原石だ。この驚愕と感動の実話に心を打たれた新しい才能とベテランが一堂に会し、フレッシュで感動的な奇跡の物語を、いまここに誕生させた。

トロント国際映画祭2016では、最高賞にあたる観客賞次点1位の高評価を獲得。先日発表された第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞を含む4部門ノミネート、先日発表された第89回アカデミー賞では作品賞含む6部門にノミネートされ映画賞レース大躍進中!一層勢いを増していくこと間違いなしの注目作です!

2017年4月7日(金) TOHO シネマズ みゆき座他全国ロードショー
公式サイト
配給:ギャガ

キャスト

デヴ・パテル『スラムドッグ$ミリオネア』
ルーニー・マーラ『キャロル』
ニコール・キッドマン『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

スタッフ

製作:イアン・カニング『英国王のスピーチ』
監督:ガース・デイヴィス

プレゼント

試写会『LION/ライオン 〜25 年目のただいま〜』一般試写会15組30名様

応募締切:2017-03-12

日時 2017年3月23日(木) 18:00開場 / 18:30開映
場所 よみうりホール (東京都千代田区有楽町1−11−1 読売会館 7F)

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

この作品の投稿レビューは現在ありません

anemoメンバーに登録して、映画レビューを投稿しよう!メンバー登録(無料)はこちら 》