去年の冬、きみと別れ

2018-02-05
2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

岩田剛典VS斎藤工!山本美月ら豪華キャスト出演
『教団X』原作者による予測不能サスペンス、誕生ー。

彼女を奪われた。猟奇殺人事件の容疑者に――。
結婚を間近に控える記者、耶雲(岩田剛典)が「最後の冒険」としてスクープを狙うのは、猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマン、木原坂(斎藤 工)。世間を騒がせたその事件は、謎に満ちたまま事故扱いとされ迷宮入りとなっていたのだ。真相を暴くため取材にのめり込む耶雲。
そして、木原坂の次なるターゲットは愛する婚約者(山本美月)に――!木原坂の巧妙な罠にハマる婚約者、そして耶雲までも……。だがそれは、危険な罠の始まりに過ぎなかった――。

【introduction】
すべての人が、この罠にハマる。

1秒も目を離せない先読みできない展開。映画全編に緻密に張り巡らされた伏線の先に待ち構える、驚愕の結末。「教団X」で知られる芥川賞作家・中村文則による「去年の冬、きみと別れ」は、中村サスペンス最高傑作との呼び声高く、目の肥えた書店員たちに、「この小説は化け物だ」と言わしめた衝撃作である。
主演は大ヒット作『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で華々しい役者デビューを飾った岩田剛典。従来のイメージを180度覆しかねない強烈なキャラクター=耶雲恭介は、彼の代表作になること必至。狂おしいまでに一途な愛に生きる主人公を体現。美しい婚約者=松田百合子には山本美月。耶雲の取材ターゲット=木原坂雄大には斎藤工。その他、北村一輝、浅見れいな、など最高のキャスト陣が集結。
張り巡らされた罠。真実を目撃したとき、あなた自身が巨大な罠にハメられていたことに気づき、そして、映画のタイトルの本当の意味を知ったとき、立ち上がれないほど、心震える――
木原坂の本当の正体とは?耶雲の担当編集者(北村一輝)、木原坂の姉(浅見れいな)の秘密とは?果たして、耶雲と婚約者の運命は!?すべての真実を目撃したとき、あなた自身が巨大な罠にハマっていることに気づく。予測不能サスペンス、誕生!

3月10日(土)全国ロードショー
公式サイト

キャスト

岩田剛典 山本美月 斎藤工 ・ 浅見れいな 土村芳 / 北村一輝

スタッフ

監督:瀧本智行『グラスホッパー』(15)『脳男』(13)『イキガミ』(08)『犯人に告ぐ』(07)
原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫) (c)中村文則/幻冬舎
主題歌:m-flo 「never」(rhythm zone / LDH MUSIC)
上映時間:1時間59分
配給:ワーナー・ブラザース映画

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

愛とは

評価: ★★★★★ (3点) 投稿者:KS2018-04-11

主人公の心の動き、子どもの頃から現在までの経緯が見どころです。どうしてこんなことになってしまったのか、どこで間違ったのか、どうすれば良かったのか、考えても答えの出ない、やるせない、悲しいストーリーで見応え充分です。

題名に意味がありました

評価: ★★★★★ (5点) 投稿者:わせい2018-03-06

スクープを狙う記者岩田君の演技がよかった。 猟奇殺人の容疑者工君もひげ面がよくあっていてちょっと変な奴感がよくでていました。 ネタバレしかねないので、 「ストーリー展開が巧みで観客はすべて騙されます。」 とだけ言っておきます。 公開以降みんな騙されてください。 #シネマカフェ#冬きみ