サムライと愚か者-オリンパス事件の全貌-

2018-04-13
チームオクヤマ/太秦

隠蔽、欺瞞、嘘、忖度…そして真実は闇に葬られた――
オリンパス損失隠蔽事件の内幕に迫る長編ドキュメンタリー作品

2011年、雑誌「FACTA」のスクープと英国人元社長マイケル・ウッドフォード氏の不当解雇により、明るみになったオリンパス損失隠蔽事件。日本有数の大企業の一つとして、創業100年近くもの歴史を誇るオリンパスで何が起きたのか?英国SFO(重大不正捜査局)や米FBI(連邦捜査局)を巻き込み、世界のメディアでも大々的に報道され、日本社会の隠蔽体質だけでなく、ジャーナリズムのあり方までも浮き彫りにした事件の内幕に迫る長編ドキュメンタリー作品。

内部告発した元オリンパス代表マイケル・ウッドフォード氏自身の体験談を中心に、雑誌「FACTA」で事件をスクープした山口義正記者、海外メディア報道の火付け役となったフィナンシャル・タイムズのジョナサン・ソーブル記者などの事件当事者のインタビューを交え事件の全貌に迫る。20年以上に及ぶ不正経理が如何にして暴かれていったのかを解剖しつつ、日本の現実と企業のあり方に鋭くメスを入れる。
監督は、短編がロッテルダム映画祭やトライベッカ映画祭などの数々の国際映画祭で評価され、本作が長編デビューとなる山本兵衛。音楽には、Saycetとして来日公演も行なっているフランスのエレクトロニカ・アーティスト、ピエール・ルフェブが初のサントラを担当している。ヨーロッパで放映され大反響を呼んだ問題のドキュメンタリーが遂に日本上陸。

2018年5月19日(土)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開!
公式サイト

キャスト


スタッフ

監督・編集:山本兵衛
企画:チームオクヤマ
制作:VESUVIUS/POINT DU JOUR
共同制作:ZDF(ドイツ)ARTE(フランス)BBC (イギリス)SVT(スウェーデン)DR (デンマーク)
エグゼクティブ・プロデューサー:奥山和由 キャサリン・ブリンクマン ニック・フレイザー ケイト・タウンゼント アクセル・アルノ メッテ・ホフマン・メイヤー
プロデューサー:リュック・マルタン・グセ 山本兵衛
共同プロデューサー:デボラ・バリヤス
撮影:関根靖享
カラリスト:ギレルモ・フェルナンデス
音楽:ピエール・レフェブ(Saycet)
2015|ドイツ・フランス・イギリス・日本・デンマーク・スウェーデン共同制作|カラー|DCP|5.1ch|79分|16:9
配給・宣伝:太秦

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

この作品の投稿レビューは現在ありません

anemoメンバーに登録して、映画レビューを投稿しよう!メンバー登録(無料)はこちら 》