『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』8/12より沖縄で先行公開決定。沖縄慰霊の日(6/23)に合わせて、ポスタービジュアル&予告編、解禁!

戦後の沖縄で米軍の圧政と闘った一人の男の生き様とは―
貴重な映像で描くドキュメンタリー映画

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー沖縄の戦後史を語る上で欠かせない、瀬長亀次郎を描いたドキュメンタリー映画『米軍アメリカが最も恐れた男その名は、カメジロー』が、8月12日(土)より沖縄・桜坂劇場先行、8月26日(土)よりユーロスペース他順次公開することが決定。
本作は、「筑紫哲也NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦初監督作品。
音楽は、作品の主旨に共感した坂本龍一による、オリジナル楽曲書き下ろし。さらに、名バイプレイヤー、大杉漣が語り手として参加する。

今回、解禁されたポスタービジュアルでは、瀬長亀次郎の顔を白と黒の2色(モノクロ二階調)で表現し、その中には、亀次郎の闘いの歴史がちりばめられている。
また「一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない」という、亀次郎の信念と、生き様が垣間見える、ポスタービジュアルに仕上がった。

イントロダクション

なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった。

第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人“弾圧”を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。
「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。
彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。

2016年TBSテレビで放送されたドキュメンタリー番組が、第54回ギャラクシー賞月間賞を受賞するなど高い評価を得ており、映画化を熱望する声を受けて、追加取材、再編集を行って映画化。
沖縄戦を起点に、今につながる基地問題。27年にわたったアメリカの軍事占領を経て、日本復帰後45年が経っても、なお基地が集中するなか、沖縄の人々が声を上げ続ける、その原点…。それは、まさに戦後の沖縄で米軍支配と闘った瀬長亀次郎の生き様にあった。
JNNだからこそ保存されていた貴重な未公開映像やインタビュー、そしてアメリカ取材を交えて描き切る。

ストーリー

アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男、瀬長亀次郎。

男は、ガジュマルをこよなく愛した。「どんな嵐にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった11ヶ月だけ率いた、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。
1945年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何万もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰へ向けて民衆をリードした、その人物は、アメリカが最も恐れた男だった━。

作品タイトル:『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』

■監督:佐古忠彦
■撮影:福田安美 ■音声:町田英史 ■編集:後藤亮太
■エグゼクティブプロデューサー:藤井和史
■プロデューサー:大友淳 秋山浩之
■語り:山根基世、大杉漣
■テーマ音楽:「Sacoo」 作曲・演奏:坂本龍一
2017年/日本/日本語/カラー(一部モノクロ)/ビスタ/ステレオ/107分

■配給:彩プロ
■公式サイト:www.kamejiro.ayapro.ne.jp
■コピーライト:© TBSテレビ

8月12(土)より、沖縄・桜坂劇場 先行公開
8月26(土)より、東京・ユーロスペース他全国順次公開

↑上に戻る