【プレゼント】映画『泣き虫ピエロの結婚式』2016年9月24日(土)よりシネマート新宿他、全国順次ロードショー!公開を記念してポスターをプレゼント☆

第4回日本感動大賞受賞
―笑顔がくれた愛の実話、感動の映画化!

泣き虫ピエロの結婚式

見習いピエロが恋したのは、笑顔を忘れた彼でした・・・

この映画は、一枚のハガキから始まりました。10代の頃からの憧れだった道化師の修行をしていた望月美由紀さんが経験した、夫となる男性との出会い、恋、幸せな結婚から、わずか50日という短い時間での死という別れ。その悲しい経験の中で、笑顔の力や意味に気づいた望月さんが「それは道化師として欠かせないだけでなく、誰にとっても大事なもの」という想いで、エピソードを綴ったハガキが、第4回日本感動大賞を受賞。
それを元に書き上げた一冊の本「泣き虫ピエロの結婚式」(リンダパブリッシャーズ)が本作の原作です。
本作、『泣き虫ピエロの結婚式』公開を記念して、本作のB2ポスターを3名様にプレゼント。皆様のご応募お待ちしています!

『泣き虫ピエロの結婚式』B2ポスター
©2016映画『泣き虫ピエロの結婚式』製作委員会

【商品名】 『泣き虫ピエロの結婚式』B2ポスター

応募受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

イントロダクション

純愛映画初挑戦の志田未来×最注目の若手俳優・竜星涼が贈るラブストーリー

思い込んだら一直線、太陽のようなクラウン見習いの主人公・佳奈美には、劇的なストーリーだからこそ、地に足の着いた堅実な演技が求められ、演技力に定評のある志田未来さんが起用されました。
画像1
もう一人の主人公、笑顔を忘れたツンデレ男子・陽介には、強さとナイーブさが混在する表情をみせる竜星涼さん。
画像2
そして、二人の恋を見守る優しい友人・真紀には、その出演作品を見ていた御法川監督が、演技の潜在能力に惹かれた新木優子さんが起用。
画像3
更には、監督自らが、撮影開始前からゲームを実施するなど、常に笑いの絶えない時間を作りだし、1993年生まれの同い年の3人の結束力を高めました。
また、志田未来さんは、道化師の練習が撮影の2週間前から行われましたが、道化師としての技を身につける為に、練習時間が終了しても成功するまで、何度も何度もボールを投げ続けるなど徹底した役づくりに挑み、竜星涼さんは、常に周りのスタッフを楽しませるムードメーカー的存在ながら、本番に入ると、真剣そのもので免許を取った佳奈美に対し感情を吐露するシーンでは、熱くなりすぎて、車のボディを凹ませてしまい、スタッフは大爆笑する場面も。
クランクアップでは、御法川監督が「どうしてもこだわりたかった」という、佳奈美と陽介が初めて心を通わせる公園でのシーン。
二人の表情は本当に清々しく、佳奈美と陽介の爽やかなカップルに、一同、大きな拍手を送る、感動的な現場となりました。
画像4

STORY

残された日が少なくても、あなたの前では涙をこらえました。
最後の一瞬まで笑っていてほしかったから・・・
画像5
みんなを笑顔にする道化師に憧れる見習いピエロの芹澤佳奈美(志田未来)は、その太陽の様な笑顔と、まっすぐな性格で、両親からも、友達からも愛されながら、毎日、ステージの練習に励んでいた。
そんな姿を遠くから見つめていたのは、透析患者の秋山陽介(竜星涼)だった。いつ終わるとも知れない週3日の病院通いの道中、懸命に練習に明け暮れる佳奈美の姿に、人知れず陽介は励まされていた。
そんなある日、親友の真紀(新木優子)に連れ出されたバーベキューで、佳奈美は陽介に出会うことになる。みんなの中心で、てきぱきと場を仕切りながらも、初対面のはずの佳奈美にぶっきらぼうな態度で絡んでくる陽介。二人の出会いは最悪な印象で始まる。
しかし、ふとしたことから怪我をした佳奈美に陽介が見せた優しさ、その意外な一面に、少しずつ惹かれていく佳奈美だった。
付き合うことになった二人。佳奈美は陽介の病院通いにつきあい、陽介は、佳奈美の練習につきあう、幸せな日々が流れ、いつしか二人は結婚の約束を交わす様になっていた。

画像6
結婚の準備を進め、遂に式の前日となり、佳奈美の独身最後のステージがやってきた。道化師としての腕前もいつしか一人前になっていた佳奈美を笑顔で送り出し、穏やかに見守る陽介。しかし、笑顔でつつまれていた観客から突然の悲鳴があがる。陽介が、意識を失って倒れてしまったのだ。
その日から、陽介の入院生活が始まった。献身的に看病を続ける佳奈美に、医師からの衝撃的な話が告げられる。血流障害を起こした陽介は、検査の結果が悪ければ、両足を切断する様な手術が必要になるかも知れないという。「どんなことがあっても彼を支えると決めたから」自分に言い聞かせる様に医師に宣言する佳奈美は、自分の病状を知らない陽介に明るく、婚姻届を渡す。画像7
検査の結果は最悪なものだった。医師から佳奈美と陽介の両親に告げられたのは、もう手術に耐えられないぐらい病状が悪化しているという余命宣告だった。
自分の体の異変に気づいていく陽介は、佳奈美から受け取った婚姻届をじっと見つめる。このまま、自分の人生に佳奈美を巻き込んでいいのか?陽介の苦悩に気づかぬよう、努めて笑顔を保とうとする佳奈美だが・・・
画像8

「誰かを笑顔にすること、自分が笑顔でいること」
~感動の実話、映画化への歩み~

第4回日本感動大賞を受賞した望月美由紀さんのエピソードは、TV番組「奇跡体験!アンビリーバボ―」でも紹介されるなど話題を集めました。
ウェディングドレスで、道化師の象徴ともいえる赤鼻をつけて微笑む望月さんの姿が表紙を飾る原作を見かけた本作の製作陣は、その写真のインパクトから即座に映画のクライマックスが思い浮かび、製作に向けて動き始めたのが本作誕生の経緯です。
映画化において最も大切にされたのは、原作にも描かれている「あなたの喜びは私の喜び」というメッセージ。
これは望月さん自身が、愛する人に対して伝えようとした想いでもあり、クラウンのモットーともいえるもので、映画化に向けた脚本作りの段階で、オリジナルエピソードを交えるなど、脚色が加えられていく中でも、作品を支える軸となりました。
本作の初めての試写を迎え、本編を観た望月さんからは、「自分のことなのに自分のことじゃないみたいで、フワフワしています。すごく感動しました。」という感想を寄せられました。
望月さんは、今もこの経験を胸に、道化師として周囲の人々に笑顔を届けています。

main_wp10
 望月美由紀著
 「泣き虫ピエロの結婚式」
 (リンダパブリッシャーズ刊)

作品タイトル:『泣き虫ピエロの結婚式』

▼キャスト
志田未来、竜星 涼、新木優子、螢雪次朗 ほか
▼スタッフ
監督:御法川修
原作:「泣き虫ピエロの結婚式」望月美由紀(リンダパブリッシャーズ)
主題歌:WHITE JAM「咲かないで〜泣き虫ピエロの結婚式Ver.」ユニバーサル シグマ

9月24日(土)よりシネマート新宿他、全国順次ロードショー

 ■コピーライト:(c) 2016映画『泣き虫ピエロの結婚式』製作委員会
■公式サイト:http://nakimushi-pierrot.jp/
■配給:スールキートス

 

↑上に戻る