世界初お披露目!『君の名前で僕を呼んで』撮影裏側のティモシー・シャラメ、アーミー・ハマーのメイキング写真解禁!

君の名前で僕を呼んで第90回アカデミー賞で4部門(作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞)にノミネート、見事脚色賞(ジェームズ・アイヴォリー)を授賞した『君の名前で僕を呼んで』。ゴールデン・グローブ賞主要3部門ノミネートを含む92部門の授賞&308部門ノミネート、映画レビューサイトのロッテントマトによる2017年度ベスト・レビュー映画NO.1と輝かしい実績を持つ本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びが描かれている。「★★★★★(最高点)胸が張り裂ける感動!」-タイムアウト紙/「息をのむほどの美を兼ね備えた傑作」-オブザーバー紙/「魅了され、恍惚となるほどに美しい映画」-ワシントンポスト紙/「今年最も魅惑的な映画」-アトランティック紙/「“傑作”という名前でこの映画を呼ぼう」-ニューヨークポスト紙 などの各誌レビューにあるように、世界中から熱狂的な賛辞が贈られ、男女を問わず、世代を問わず、世界中の映画ファンの注目を集める話題作が、いよいよ日本では4月27日(金)より公開となる。

この度、本作の撮影の裏側を映したメイキング写真が到着した。ティモシー・シャラメやアーミー・ハマーが撮影裏でリラックスする姿も垣間見えるメイキング写真は、10点すべてがまだ世界のどこにも出ていない、ワールドプレミア解禁写真。

画像01

ルカ監督のディレクションを真剣に聞くアーミー、監督、ティモシー、アーミーで談笑するシーン、120%笑顔のティモシー、ふいに撮影された2ショット写真(ティモシーだけカメラ目線!)、イヤホンをしたまま何やら制作陣に指示を出すティモシーの様子や、肩にのったトカゲを優しい眼差しで見つめるアーミー、なぜかテーブルに隠れようとするアーミーに笑うティモシーなど撮影の裏側を覗ける写真や本人の性格がチラ見えする写真まで、10点すべてがまだ世に出ていない貴重なメイキング写真となっている。

画像02

画像03

画像04

画像05

画像06

画像07

画像08

画像09

80年代、夏の北イタリア。17歳と24歳青年の恋の痛みと喜びに、世界中が恋をした。

世界各地の映画賞を多数受賞、アカデミー賞4部門にノミネートされ、見事脚色賞を受賞した本作。主演は、主演男優賞やブレイクスルー賞を軒並み受賞し、「ディカプリオの再来」の再来と言われ今最も注目されている新星ティモシー・シャラメ。共演は、長身の整った容姿も魅力的な『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。刊行時から話題を集めた原作を脚色したのは、現在89歳の名匠ジェームズ・アイヴォリー。『眺めのいい部屋』や『モーリス』、『日の名残り』といった名作を生み出して来た名匠が、17歳と24歳の青年の初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描く。監督は『ミラノ、愛に生きる』のイタリア出身のルカ・グァダニーノ。主演、助演すべての俳優たちの見事なアンサンブルと、美しく深いシナリオを得て、いよいよその才能を花開かせた傑作。

ストーリー
1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

作品タイトル:『君の名前で僕を呼んで』
出演:ティモシー・シャラメ(『インターステラー』、『レディ・バード』)、アーミー・ハマー(『コードネーム U.N.C.L.E.』)、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサールほか
監督:ルカ・グァダニーノ(『ミラノ、愛に生きる』、『胸騒ぎのシチリア』)
脚色:ジェームズ・アイヴォリー(『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』『日の名残り』)
原作:『君の名前で僕を呼んで』(アンドレ・アシマン/オークラ出版)
2017年/イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ/カラー/ビスタ/5.1ch/132分/PG12
提供:カルチュア・パブリッシャーズ/ファントム・フィルム
原題:Call Me By Your Name
配給:ファントム・フィルム

公式サイト:cmbyn-movie.jp
コピーライト:(c)Frenesy, La Cinefacture

4/27(金)、TOHOシネマズ シャンテ 他 全国ロードショー

記事提供:映画・ドラマニュース

映画・ドラマニュース

このコーナーでは、新作映画情報、インタビュー記事などをお届けしています!

「映画・ドラマニュース」URL:http://www.anemo.co.jp/category/movienews/

↑上に戻る