人はなぜ山に登るのか?その答えに迫るド迫力ドキュメンタリー映画『クレイジー・フォー・マウンテン』予告編解禁

クレイジー・フォー・マウンテン

昨年、オーストラリアで興行収入150万ドルを超え、ドキュメンタリー映画としては年間1位の大ヒットを記録。映画サイトRotten tomatoesでは96点と高得点を獲得し、第61回ロンドン・フィルムフェティバルなど世界の映画祭で喝采を浴びた話題作『クレイジー・フォー・マウンテン』がついに7/21(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開される。本作は、5大陸の難関峰への登頂をはじめ、山を舞台とした様々なエクストリーム・スポーツに挑む登山家・アスリート達を壮大なスケールで記録したドキュメンタリーである。この度、本作の告編が解禁された。

今回解禁された予告編は、荘厳なオーケストラの演奏と共に本作のテーマ“人はなぜ山に登るのか?”という問いかけから始まる。登場する山々は、エベレスト(ネパール)、モンブラン(フランス)、メルー(北インド)、デナリ(アメリカ)など名峰の数々で、その恐ろしくも美しい姿に息を呑む。また、垂直の岩壁を素手で登ったり、山頂からマウンテンバイクをするアスリートなど驚愕のシーンの連続だ。まだ見ぬ絶景を追い求め、山に挑み続ける彼らを圧倒的な映像美で収めた本作は、是非劇場のスクリーンで見て頂きたい。

画像01

画像02

画像03

画像04

画像05

中でも、ただならぬ緊張感のクライミングシーンに登場するメキシコ・モンテレイ市のエル・センデロ・ルミノソという標高500mの高さの絶壁は圧巻だ。山の難易度を紹介するMountain projectで最高レベルを誇り、さすがの存在感。その絶壁に命綱無しで挑むのは、フリーソロクライミング界のスーパースター、アレックス・オノルド。この高さのクライミングに成功したのは彼が世界で初めてだ。足を滑らせたり、バランスを崩す事は「死」を意味するまさに究極のクライミング。こんなド迫力の山々を詰め込んだ本作で“人はなぜ山に登るコのか?”その答えを目の当たりにして欲しい。

画像06

画像07

作品タイトル:『クレイジー・フォー・マウンテン』
製作・監督:ジェニファー・ピードン
音楽:リチャード・トネッティ
撮影:レナン・オズターク ナレーション:ウィレム・デフォー
後援:オーストラリア大使館
協力:The North Face
2017年/オーストラリア/英語/74分/カラー/5.1ch/シネスコ
配給:アンプラグド

公式サイト:http://crazy4mountain.com
コピーライト:(c)2017 Stranger Than Fiction Films Pty Ltd and Australian Chamber Orchestra Pty Ltd

7月21日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開

記事提供:映画・ドラマニュース

映画・ドラマニュース

このコーナーでは、新作映画情報、インタビュー記事などをお届けしています!

「映画・ドラマニュース」URL:http://www.anemo.co.jp/category/movienews/

↑上に戻る