イタリアの青春映画『最初で最後のキス』が6/2(土)公開決定、予告編&ビジュアル解禁!3人の少年少女の、心に刺さる物語―

最初で最後のキス6月2日(土)より新宿シネマカリテほかにて、イタリアから届いた青春映画『最初で最後のキス』が公開される。この度予告編とポスタービジュアルが完成した。
3人の少年少女の、心に刺さる物語イタリアの高校を舞台に、その大切な絆や未来を、無知ゆえに自ら破壊してしまう青春の残酷さを焼き付けた本作は、イタリアでスマッシュヒットを飛ばし、ヨーロッパ各国の映画祭で多数の観客賞を受賞、若者を中心とした多くの人の心に突き刺さった。

監督は、『ミラノ愛に生きる』『あしたのパスタはアルデンテ』の脚本を務めたイヴァン・コトロネーオ。アメリカで実際に起きた殺人事件に衝撃を受け自ら小説を執筆し、共同で脚本を手がけ監督も務めた。イジメや差別がネットやSNSにより、さらに深刻で過酷な状況へといかに若者を陥らせているのかを繊細にリアルに映し出す。

また劇中ではレディー・ガガを始めとするポップな楽曲が多数使用され、痛い現実を跳ね飛ばす手段として描かれるカラフルでファンタジックな「ポジティブな妄想」シーンも魅力的だ。撮影には『グレートビューティー/追憶のローマ』の名カメラマン、ルカ・ビガッツィを起用。メインの3人を瑞々しく演じた俳優たちのフレッシュな才能にも注目。彼らに共感し、痛みを共有し、心からエールを送らずにいられない。

ストーリー

不器用な僕らが誰よりも輝いていた日々

イタリア北部・ウーディネ。個性的なロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。

画像01
ロレンツォは同じく学校で浮いている他の2人――ある噂から“尻軽女”とのそしりを受ける少女ブルーと、バスケは上手いが“トロい”とバカにされるアントニオと友情を育んでいく。

画像02

画像03

自分たちを阻害する生徒らに復讐を試みるが、それを機に少しずつ歯車が狂い始める・・・。

画像04

画像05

2016 年イタリア・ゴールデングローブ賞<最優秀脚本賞>受賞作

作品タイトル:『最初で最後のキス』
出演:リマウ・グリッロ・リッツベルガー/ヴァレンティーナ・ロマーニ/レオナルド・パッザッリ
監督・原案・脚本:イヴァン・コトロネーオ
2016 年/イタリア/イタリア語/106 分/カラー/シネマスコープ/ドルビー5.1ch
原題:Un Bacio
字幕:山田香苗
提供:日本イタリア映画社
配給:ミモザフィルムズ/日本イタリア映画社

公式サイト:onekiss-movie.jp
コピーライト:(c)2016 Indigo Film – Titanus

6月2日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

記事提供:映画・ドラマニュース

映画・ドラマニュース

このコーナーでは、新作映画情報、インタビュー記事などをお届けしています!

「映画・ドラマニュース」URL:http://www.anemo.co.jp/category/movienews/

↑上に戻る