『パシフィック・リム:アップライジング』監督・キャストの来日決定!聖地日本にて待望のジャパンプレミアを3月に開催!

パシフィック・リム:アップライジング

日本をはじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月13日(金)に日本公開される。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』・『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャスト、さらに新キャストとして名を連ねる新田真剣佑も活躍。前作で日本のアニメや特撮への愛情を余すことなく注ぎ、とことんこだわり抜いた世界観で日本はじめ世界中の映画ファンの心を鷲づかみにし本作にも製作として参加しているギレルモ・デル・トロ監督の意志を継ぐスティーヴン・S・デナイト監督がメガホンを取り、前作を凌駕する興奮をもたらすに違いない本作。

この度、本作の主人公ジェイクを演じるジョン・ボイエガ、ジェイクの相棒であるエースパイロット役スコット・イーストウッド、そして昨年12月の緊急来日時の約束通りスティーヴン・S・デナイト監督の3人の来日が決定!また、パシリムのすべてのはじまりと言える聖地日本で、ファン待望のジャパンプレミアが3月に開催されることとなった。

画像01

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)の大抜擢以降、大躍進を続け、前回の来日時に日本愛を炸裂させたジョン・ボイエガは2年半ぶり、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(17)『スーサイド・スクワッド』(16)など話題作への出演が続いているスコット・イーストウッドは、なんと今回が映画のプロモーションとしては初来日。スティーヴン・S・デナイト監督も、昨年12月の緊急来日以来、約3ヶ月ぶりに再びKAIJU映画の聖地、東京に戻ってくる。

そして、日本のファン待望のジャパンプレミアも3月・都内某所(調整中)にて開催が決定。来日ゲストも参加予定であり、日本のアニメや特撮への大いなる愛とリスペクトに溢れた本作が、その起源ともいえる日本への上陸を果たすに相応しい超プレミアムなイベントになること間違いなし!
ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッドは最終決戦の地、東京に降臨し、またスティーヴン・S・デナイト監督は昨年の来日時に約束した宣言通りの再来日を実現させ、遂に完成した作品を引っ提げて一体何を語るのか?遂にベールを脱ぐ全世界待望のパシリム続編、そしてジャパンプレミアの詳細続報にぜひご期待頂きたい。

ストーリー
戦いは終わりではなく、始まりだった-。
前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

作品タイトル:『パシフィック・リム:アップライジング』
出演:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか
監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、ケイル・ボイター、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス
全米公開:2018年3月23日(予定)
原題:PACIFIC RIM UPRISING
配給:東宝東和

公式サイト:pacificrim.jp
コピーライト:【映画】(c) Legendary Pictures/Universal Pictures.
【フィギュア】(c) Legendary 2018. All Rights Reserved.

4月13日(金) 全国超拡大ロードショー

記事提供:映画・ドラマニュース

映画・ドラマニュース

このコーナーでは、新作映画情報、インタビュー記事などをお届けしています!

「映画・ドラマニュース」URL:http://www.anemo.co.jp/category/movienews/

↑上に戻る