【イベント】監督来日講演&トークショー開催決定!映画『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』2/18(土)公開

チュス・グティエレス監督来日講演会(2/17)決定!
公開初日(2/18)は東京会場でトークイベントも開催

サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ失われた黄金時代を生き抜いた人々を通じて、世界で最も重要なフラメンコ・コミュニティ、サクロモンテのルーツと記憶を探るドキュメンタリー、映画『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』。本作は、伝説のフラメンコ・コミュニティに深く入り込み、激動の時代を生き抜いてきたダンサー、歌い手、ギタリストなどのインタビュー、そしてアンダルシアの乾いた大地を舞台に繰り広げられる詩の朗読、そして力強い舞の数々を通して、大地に根付く魂が紡がれ、代々引き継がれていくさまを描く。
このたび、2017年2月18日(土)の公開にあわせて、チュス・グティエレス監督による講演会が開催決定。公開初日には有楽町スバル座でトークイベントも開催される。

◆ チュス・グティエレス監督 講演会 ◆

<日程> 2月17日(金) 18:00~ ※この講演会は終了しました。
<場所>  セルバンテス文化センター(東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル)
<講師> チュス・グティエレス監督
<料金> 入場無料
≫詳細&ご予約はこちら
http://tokio.cervantes.es/FichasCultura/Ficha111928_67_25.htm

◆ 公開初日トークイベント ◆

<日程> 2月18日(土) 初回上映後 ※このトークイベントは終了しました。
※上映スケジュールはこちらをご覧ください→「有楽町スバル座」公式サイトへ
<場所>  有楽町スバル座 (東京都千代田区有楽町 1 丁目 10 番1 号 有楽町ビルヂング 2F)
<ゲスト> チュス・グティエレス監督 (通訳:比嘉セツさん)

 ――PROFILE――
画像01チュス・グティエレス(監督)
1962 年、グラナダ生まれ。
CMディレクターとしてキャリアをスタート。現在ではスペインの中でも信望が厚く重要な監督の一人である。子供の頃に初めて両親にタブラオに連れていかれて以来、何度もサクロモンテを訪れ、サンブラと関わり続けている。1995 年の『アルマ・ヒターナ/アントニオとルシアの恋』ではサクロモンテの重要なアーティストの協力を得て、非ロマとロマとの共存を描いている。また『世界でいつも…』(2003 年)『ヒステリック・マドリッド』(2004 年)『デリリオ -歓喜のサルサ-』(2014 年)はいずれもラテンビート映画祭で上映された。

 

STORY

スペイン・アンダルシア地方・グラナダ県サクロモンテ地区。
この地には、かつて迫害を受けたロマたちが集い、独自の文化が形成されていった。ロマたちが洞窟で暮らしていたことから洞窟フラメンコが生まれ、その力強く情熱的な踊りや歌に、世界中が熱狂した。隆盛をきわめたサクロモンテだが、1963 年の水害により全てを失い、人々は住む場所を追われた――。
ドビュッシーやファリャ、ロルカなど数多くの芸術家を魅了し、マリオ・マジャ、エンリケ・モレンテ、エバ・ジェルバブエナなど世界的なフラメンコ・アーティストを生んだ聖地サクロモンテ。
失われた黄金時代を生き抜いた人々を通して、世界で最も重要なフラメンコ・コミュニティのルーツと記憶を探るドキュメンタリー。
サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ

作品タイトル:『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』

▼監督
チュス・グティエレス

▼参加アーティスト
クーロ・アルバイシン、ラ・モナ、ライムンド・エレディア、ラ・ポロナ、マノレーテ、ペペ・アビチュエラ、マリキージャ、クキ、ハイメ・エル・パロン、フアン・アンドレス・マジャ、チョンチ・エレディア他多数

日本語字幕:林かんな/字幕監修:小松原庸子/現地取材協力:高橋英子
(2014年/スペイン語/94分/カラー/ドキュメンタリー/16:9/ステレオ/原題:Sacromonte: los sabios de la tribu)

【公式サイト】http://www.uplink.co.jp/sacromonte/

■提供:アップリンク、ピカフィルム
■配給:アップリンク
■宣伝:アップリンク、ピカフィルム
■後援:スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京、一般社団法人日本フラメンコ協会

2017年2月18日(土)より、有楽町スバル座、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

記事提供:アート・イベント情報

アート・イベント情報

「アート・イベント情報」では、各地で開催されるイベント情報、展覧会、アート情報はじめ、新刊の発売情報などをお届けいたします。

「アート・イベント情報」URL:

↑上に戻る