【イベント】映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」を鑑賞後は、神戸ファッション美術館へ!タイアップイベントが決定!

映画×美術館のタイアップイベントが決定!「夢のイヴニング・ドレス」をテーマに4/15(土)より展示。

神戸ファッション美術館神戸ファッション美術館では、4月15日(土)より映画の公開を記念して、ベーシック展示(特集テーマ「夢のイヴニング・ドレス」)にて映画の本編に登場する世界最高峰のデザイナー、メゾンに関連したイヴニング・ドレスを紹介する。ジャン=ポール・ゴルチエ、イヴ・サンローラン、クリスチャン・ディオール、ジョン・ガリアーノ、アレキサンダー・マックイーンなどのドレスがずらりと並び、映画とともに、美術館でもファッションを堪能できるイベントとなっている。

★ベーシック展示

特集テーマ「夢のイヴニング・ドレス」

画像012017年4月15日(土)~ 6月25日(日)

神戸ファッション美術館収蔵品より映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」の本編に登場する世界最高峰のデザイナー、メゾンに関連したイヴニング・ドレスも展示される。
また、西洋服飾史年表では18世紀から現在までの収蔵品を時系列に沿って楽しめる。

神戸ファッション美術館

ファッション(衣食住遊)をテーマにした公立では日本初の美術館。18~19世紀の西洋の宮廷衣装をはじめ、20世紀以降の現代ファッション、日本を含む70カ国以上の民族衣装など様々な服飾資料を収蔵。

<開館時間> 10:00~18:00(入館は17:30まで)
<入館料> 一般:500円、小中高65歳以上:250円
<休館日> 月曜日(祝日の場合は翌平日休)

<アクセス>
[電車] JR住吉駅・阪神魚崎駅のりかえ、六甲ライナー「アイランドセンター駅」下車南東すぐ
[お車] 阪神高速湾岸線、「六甲アイランド北」ランプから約2分

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1
TEL:078-858-0050
公式サイト:http://www.fashionmuseum.or.jp

★新作映画紹介

『メットガラ ドレスをまとった美術館』

イントロダクション

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント≪メットガラ≫が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンな鮮やかのオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち――。
MET服飾部門を指揮する革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトンとアナ・ウィンターが、伝説の展覧会と世紀の一夜のために奮闘する8か月に密着した情熱のドキュメンタリー!

ストーリー

画像02本展覧会「鏡の中の中国(China:Through The looking Glass)」の準備に奔走するのは、MET服飾部門を指揮する革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトン。ジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルド、ジョン・ガリアーノ、トム・フォード、グオ・ペイといった米仏中の錚々たる著名デザイナーも協力。イヴ・サンローラン財団はパリのアトリエに保管されたコレクションから名作を貸し出し、ボルトンの野心的な企画を後押しする。
ボルトンが展覧会に没頭しているころ、アナは「VOGUE」編集部の移転も重なり、編集長とガラの主催者の仕事に忙殺されていた。開催まで日が迫る中、今度は共同開催するアジア美術部の主任キュレーターから不満が寄せられる。その上、ボルトンが掲げたメッセージ“ファッションはアートたり得るか”に対しても、ファッション界の重鎮から異論が。果たして無事に展覧会を迎えることが出来るのだろうか…。

タイトル:『メットガラ ドレスをまとった美術館』

監督 :  アンドリュー・ロッシ
出演 : アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン、ウォン・カーウァイ、ジョン・ガリアーノ、ジャン=ポール・ゴルチェ、カール・ラガーフェルド、バズ・ラーマン、リアーナほかセレブリティ多数

原題 :  THE FIRST MONDAY IN MAY
2016年/アメリカ/英語/シネスコ/デジタル5.1ch/91分
提供 : ニューセレクト

配給 : アルバトロス・フィルム
公式サイト :  http://metgala-movie.com/
ⓒ2016 MB Productions, LLC

4月22日(土)~ シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋
4月29日(土)~ シネ・リーブル神戸、以降、京都シネマにて順次公開!

↑上に戻る