【イベント】四季折々を楽しめる、恵比寿ガーデンプレイス内『サッポロ広場』が6/4(日)リニューアルオープン!

サッポログループ本社棟前『サッポロ広場』がリニューアル。ワークショップやパークライブラリーを開催!

『Ebisu Urban Garden Festival』 サッポロ広場

恵比寿ガーデンプレイスは、都会の真ん中に居ながらも自然を感じることが出来る場所、“地域に開かれた「集う、憩う、つながる」場所”作りを目指し、同施設内にあるサッポログループ本社棟前の「サッポロ広場」をリニューアルオープン。
当施設は、サッポログループ本社棟の前に位置する緑地で、これまでも様々な季節の草花が咲き誇る庭園として地域の方に親しまれてきた。今回のリニューアルでは、ドングリなどの実のなる木や、サッポログループの事業会社ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社のコア事業となるレモンを広場内に植栽し、都会で見ることの少ない多様な植物を四季折々に楽しめるようになっている。
画像01また、今後は近隣の方々と“地域に開かれた「集う、憩う、つながる」場所”としてのイベントを実施していく。

その一例として、近隣の小学校と連携し、キンカンとフジバカマ(約100株)の苗植え、庭園造りなど、植物や昆虫の観察の場を提供することが決定している。フジバカマは現在では自然界の中では希少な種であり、秋には大陸を渡る蝶、アサギマダラが飛翔して来ると言われ、都内でもわずかながら観察が報告あり、今後期待される。
6月4日(日)には、渋谷区実施のイベント『渋谷おとなりサンデー』(※1)と連動し、芝生スペースを開放し樹木のネームプレートを制作するワークショップやパークライブラリーを開催
ぜひ、生まれ変わった「サッポロ広場」で、四季折々の時をお過ごしになってみては…♪

(※1)「おとなりサンデー」
渋谷区が主体となり、今年から6月の第1日曜日を“ふだん話す機会の少ない近隣の人ともっと顔見知りになる日”にしようと設定。その名も、渋谷おとなりサンデー。大小さまざまな交流を、みんなで同じ日に一斉に行い、渋谷らしく楽しい地域活動のお祭りにする。
▼詳しくは下記をご参照ください。(外部のページへ移動します。)
公式サイト(渋谷区) : https://www.city.shibuya.tokyo.jp/city/hodo/20170512c.html

イベント概要

■会期 : 6月4日(日) 11:00~17:00
■会場 : 恵比寿ガーデンプレイス サッポロ広場(サッポログループ本社棟前)
■主催 : 恵比寿ガーデンプレイス

『サッポロ広場の樹木のプレートをつくろう』

■日時:6月4日(日) ①13:00~14:00、②15:30~16:30
■内容:サッポロ広場の樹木に付けるネームプレートを銅版にて制作し、設置していただきます。
■定員:各回20名(6歳以上、小学生は保護者同伴にてご参加ください。)
■参加費:無料
■参加方法:当日現地にて受付 受付時間①12:30~、②15:00~

 『パークライブラリー』

■日時: 6月4日(日) 11:00~17:00
■内容 : GLASS SQUARE で3 月まで開設していたCOMMON EBISU の「感想文庫」の蔵書の一部を1 日だけ(6月4日)のパークライブラリーとして、サッポロ広場にて解放。
■時間中どなたでもご自由に閲覧いただけます。


■お問い合わせ先
恵比寿ガーデンプレイス・インフォメーション
TEL : 03-5423-7111 /URL : http://gardenplace.jp

↑上に戻る