東京の日

2015-10-14
2015 ソウルエイジ

何考えているのかわからない、優柔不断な男。
一直線な女は、そんな男のやさしさに救われた――。

東京のカレーが美味しいと評判のカフェでアルバイトする男、本田祐介(28歳)。来る者は拒まず、去る者は追わず、ただ過ぎていく毎日を生きている。そのカフェに訪れた、スーツケースに全財産を詰め込み、勢いだけで上京してきたワケあり女、アカリ(23歳)。住む場所も仕事のあてもないアカリに、本田は優しく声をかける。「よかったら、うち来る?」「とりあえず、ここにいれば?」これは恋の始まりか、それともつかの間の共同生活か?人を愛するって、なんだろう?私たちはいつだって手探り状態のまま、出会いと別れを繰り返す。そして傷つくことを恐れながらも、また一歩前に進むのだ。今日こそその日、と自分に言い聞かせながら―。

映画『東京の日』に登場する本田君は、一貫して受け身でありながら女たちの心にスルリと入り込み、何故かモテるが恋愛には興味が無さそうな草 食系男子。本作をいち早く鑑賞した女性たちからは「こういう男いるいる!」と幅広い世代から多くの声が挙がっている。映画『東京の日』を題材 に、いつの世も女性を悩ませる「何を考えているのか分からない男」の心理ついて徹底討論!恋愛学のスペシャリスト・森川友義氏を迎えて、草食 男子との恋の悩み相談にも答えるイベント試写会を実施します!

映画『東京の日』10月31日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショー
配給:マジックアワー

キャスト

趣里、佐々木大介、浅野千鶴、小澤雄志、田中佐季、山田純大(友情出演)、渡辺真起子、香川京子

スタッフ

監督・脚本:池田千尋

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

この作品の投稿レビューは現在ありません

anemoメンバーに登録して、映画レビューを投稿しよう!メンバー登録(無料)はこちら 》