リトル・ボーイ 小さなボクと戦争

2016-07-28
2014 Little Boy Production, LLC.All Rights Reserved.

「パパは、ボクがきっと呼び戻すんだ」
8歳の小さな手が、世界を変える――

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは町の誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは、唯一の“相棒”である父親との空想ごっこと、父親の大好きな奇術を一緒に見ること。兄のロンドンが徴兵されることを除いて、平穏な日々は続くと思っていた。だが、ロンドンは徴兵検査に引っかかり、代わりに父親が戦場に駆り出されることに――。心の支えである父親の不在に絶望するペッパーだったが、何とかして戦場から父親を呼び戻そうと司祭に助けを求め、すべて達成すれば願いが叶うというリストを授けられる。いちばんの難題である街のはずれ者の日本人との交流に、反発しながらもだんだんと心を通わせていき、ペッパーの“父親奪還大作戦”が始まった。

『ライフ・イズ・ビューティフル』や『リトル・ダンサー』に続く父と息子の絆の物語として全米に大きな感動をもたらした本作は、第二次世界大戦中に戦地へ向かった父を、無事に連れ戻したいと願って弱かった自分に打ち勝ち奮闘する少年ペッパーと、その家族を描いた物語だ。

8月27日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ユーロスペースほか全国順次公開!
公式サイト
配給:東京テアトル

キャスト

ジェイコブ・サルヴァーティ エミリー・ワトソン ケイリー=ヒロユキ・タガワ
マイケル・ラパポート デヴィッド・ヘンリー エドゥアルド・ヴェラステーギ ベン・チャップリン / トム・ウィルキンソン

スタッフ

監督:アレハンドロ・モンテヴェルデ
脚本:アレハンドロ・モンテヴェルデ、ペペ・ポーティーロ

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

この作品の投稿レビューは現在ありません

anemoメンバーに登録して、映画レビューを投稿しよう!メンバー登録(無料)はこちら 》