92歳のパリジェンヌ

2016-09-19
2015 FIDELITE FILMS - WILD BUNCH - FRANCE 2 CINEMA - FANTAISIE FILMS

フランス元首相の母の実話から生まれた感動作!
92歳のパリジェンヌが選んだ、 “美しい人生”とは──?

かつては助産婦として活躍し、今は子供や孫にも恵まれ、ひとり穏やかな老後を過ごしているマドレーヌ。 まだまだ元気な彼女だが、気がかりなのは、数年前からノートに書き記している「一人でできなくなったことリスト」の項目がどんどん増えていること。そんな中で迎えた92歳の誕生日、お祝いに駆けつけた家族に対して彼女は驚くべき発表をする。皆に迷惑をかける前に、自らの手で人生に幕を下ろす決意をしたというのだ。
絶対反対を唱える家族たちと、決して揺るがないマドレーヌの意志。しかし限られた日々の中で、家族たちはマドレーヌの想い、そして彼女の生きてきた人生と触れ合っていき――。

10月29日(土)シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
公式サイト
配給:ギャガ
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

キャスト

サンドリーヌ・ボネール『親密すぎるうちあけ話』『仕立て屋の恋』
マルト・ヴィラロンガ『溺れゆく女』『私の好きな季節』

スタッフ

監督・脚本:パスカル・プザドゥー
原案:ノエル・シャトレ「最期の教え」(青土社刊)

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

こんな娘になれるかな? ネタばれ

評価: ★★★★★ (3点) 投稿者:にゃおん2016-10-19

※このレビューには作品の内容についての記述(ネタばれ)が含まれています。本文を見る場合はクリックしてください。

突然の母の告白に受け入れられない息子、寄り添う娘。自分の老いをちょっとずつ感じる世代には痛すぎる。ただ映像は優しく緩やかに流れ、少しのユーモアも持たせながらすすんでゆく。最期を迎える母と湯船に浸かるシーンは美しくてこんな母娘になれるかな、と胸があつくなる。