君の名は。

2016-10-14
2016「君の名は。」製作委員会

出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す
この夏、日本中が恋をするアニメーション映画の新時代、到来。

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。 小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。
そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。二人は気付く。「私/俺たち、入れ替わってる!?」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、やがて瀧と三葉は互いに特別に繋がっていたことに気付きはじめるが……。


『秒速5センチメートル』(07年)、『言の葉の庭』(13年)など意欲的な作品を数多く作り出してきた気鋭のアニメーション映画監督・新海誠。 精緻な風景描写とすれ違う男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉によって紡ぎ出す“新海ワールド”は、世代や業界、国内外を問わず人々に大きな刺激と影響をおよぼしてきた。

作画監督を務めるのは『千と千尋の神隠し』(01年)など数多くのスタジオジブリ作品を手掛けた、アニメーション界のレジェンド、安藤雅司。 また、『心が叫びたがってるんだ。』(15年)などで新時代を代表するアニメーターとなった田中将賀をキャラクターデザインに迎えるなど、日本最高峰のスタッフがスタジオに集結した。
そして、主題歌を含む音楽は、その唯一無二の世界観と旋律で熱狂的な支持を集めるロックバンド・RADWIMPSが担当する。 声の出演として、三葉が夢の中で見た男の子・瀧役に同世代の中でひときわ異彩を放つ演技派俳優、神木隆之介。また、自らの運命に翻弄されていくヒロイン・三葉役を、オーディションでその役を射止めた上白石萌音。更には長澤まさみ、市原悦子ほかアニメーションと実写の垣根を越えたまさに豪華キャスティングが実現した。
誰もが経験したことのない、アニメーションの新領域。新たな“不朽の名作”が誕生する!

大ヒット上映中!
公式サイト
配給:東宝

キャスト

神木隆之介 上白石萌音
成田凌 悠木碧 島信長 石川界人 谷花音
長澤まさみ 市原悦子

スタッフ

原作・脚本・監督:新海誠
作画監督:安藤雅司
キャラクターデザイン:田中将賀
音楽:RADWIMPS

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

ひたすらに美しい。

評価: ★★★★★ (4点) 投稿者:TAIYAMA2017-03-22

やっとやっと「君の名は。」を観た。映像も音楽もストーリーもどこまでも美しく心洗われる2時間弱。10代の多感な時期にこの映画を観られた若者は幸せだ。

まさかそういう展開になるとは

評価: ★★★★★ (5点) 投稿者:ecru2017-03-05

映像美もあるが、ストーリーの起承転結がよい。 年代問わず、誰でもわかりやすい作品です。

音楽が素晴らしい! ネタばれ

評価: ★★★★★ (4点) 投稿者:倫子2016-12-30

※このレビューには作品の内容についての記述(ネタばれ)が含まれています。本文を見る場合はクリックしてください。

今更ながら、ようやく観ました。あまりの話題性で既に観た気になってしまいましたが、やはり、今年の見納めとして迷い迷って観た結果、RADWIMPSの曲が全てを陵駕していて、唯々、音楽に心が奪われてすっかり映画に引き込まれました。 ストーリーは、古来から伝わる神秘の風土とタイムトラベラーの組み合わせという、よくあるパターンのように思いましたが、映像がとにかく美しく、街の景色、緑、宇宙、流星、すべてが幻想的に描かれていて、スピリチュアルをほどよく醸し出した純愛は、濁ったものが何もなく、真っすぐで無垢なエネルギーがほとばしる疾走感、RADWIMPSの曲そのもののような映画でした。 ただ、個人的にはエンディングの曲が「なんでもないや」よりも、命懸けで、時を超えてようやく出逢えた二人の未来を、「前前前世」のフルスピードに託して駆け抜けて欲しかった気がします。 あと、古典の先生が「言の葉の庭」の雪野先生?!だったのが嬉しいサプライズでした! ついでに「言の葉の庭」の彼と雪野先生のハッピーエンドも見たかったです、笑。 年末最後に、素敵に映画を観れたことに感謝です、新海監督の次回作に期待を込めて☆

ステキな映画

評価: ★★★★★ (5点) 投稿者:id112016-10-16

普段アニメ映画はあまり観ることはありませんが、予告をたまたま観て面白そうと思い公開3日目に友人と観にいきました。男女の身体が入れ替わるストーリー、それだけだと思っていましたが後半へ行くに連れてどんどん展開が変わっていき鳥肌が立ちました。新海誠監督の世界観、映像美すべてに圧倒されました。また、音楽がかかるタイミングの素晴らしさ。一層、物語の中へと引き込まれ1分も退屈することのない映画でした。観終わったあとの余韻がすさまじく次の週も再び映画館へ。今まで計4回も観てしまいました。何回観ても面白い、2回目で、より内容が理解できまた違った観方ができます。こんなに素晴らしい映画に出会えてほんとに幸せです。

映像がキレイ

評価: ★★★★★ (4点) 投稿者:カメリア2016-10-14

老若男女楽しめるアニメだと思います。男女入れ替わりも楽しく、昔のしきたりも素敵です。画面が絵のようで素晴らしい作品でした