Indeed×「ONE PIECE」コラボCM第3弾は舞台を小屋に移してゾロ&ウソップが“謎の求人”を募集!キャストインタビューも

「Indeed」×「ONE PIECE」

世界No.1求人検索エンジン*「Indeed (インディード)」の日本法人であるIndeed Japan株式会社より、昨年の12月31日から始まった「ONE PIECE」のメンバーが登場するCMシリーズの新作、「ゾロ斬られ役」篇、「げそキング」篇の2篇が2019年2月5日(火)よりオンエアとなる。

本CMは、“好きな仕事”を自由なキーワードで検索できるIndeedと、登場キャラクター達が自分の“好きな仕事”で活躍する、大人気TVアニメ「ONE PIECE」の想いが一致し、コラボレーションに至った作品。IndeedのCMでお馴染みとなっている斎藤工さん(ルフィ)や、泉里香さん(ナミ)、千鳥の大悟さん(ウソップ)に加え、「ONE PIECE」ファンの間でも実写化の例として名前が挙げられている池内博之さん(ゾロ)、窪塚洋介さん(サンジ)を新キャストに加え、リアルな“麦わらの一味”を追求し、Indeedらしさでクスッと笑えるCMとなっている。
新たに始まる2篇、「ゾロ斬られ役」篇、「げそキング」篇では、舞台を岩山から小屋に移し、ゾロ、ウソップが、それぞれの仕事を手伝ってくれる“仲間”を募集。Indeedの検索窓または特設サイト上で、「ゾロ斬られ役」、「げそキング」とキーワード検索をすると、2人のキャラクターにちなんだ仕事を検索することができる。2019年1月1日より募集が始まって以来好評の“麦わらの一味”として働く仲間を募集する企画。ナミ、サンジ、チョッパーの特別な仕事に続き、ウソップ、ゾロが募る、“特別な仕事”への応募は、2019年2月5日(火)から開始となる。

CMストーリー

木造小屋の前で始まる今回の舞台。玉座を思わせる椅子に腰掛けるルフィは、海賊王のような風格を漂わせている。ルフィを囲むように傍らで構えるのは、“麦わらの一味”のゾロ、ナミ、ウソップ、サンジ、チョッパー。前作に続き、重厚なメロディに編曲された「仕事探しはIndeed♪」のテーマソングを“麦わらの一味”全員で歌いながらストーリーが進む。本作では“麦わらの一味”であるゾロとウソップの役柄に合わせた掛け合いが行われる。
「ゾロ斬られ役」篇では、ゾロが凄みのある声色で「最近刀使ってねぇなぁ」とつぶやくと、身に迫る危機を察したかのように、ウソップが逃げ出す。息を呑む迫力で迫るゾロ、危険を敏感に察知して全力でゾロから逃げるウソップ、そしてそれを気にかける“麦わらの一味”の面々。コミカルながらも緊迫感溢れる展開から目が離せない。

画像01

「ウソップげそキング」篇では、特徴的な仮面とマントを纏い、ウソップのもう一つの姿である“狙撃の王様・そげキング”が登場。そげキングの「私の名は、げそキング!」というコメントに、ナミが「そげキングでしょ。」とツッコミを入れるも、悪びれない様子で再び「そげキング!」と声を張りCMが締められる。最後まで堂々とした佇まいで、まさにリアル“そげキング”を楽しめる作品となっている。

画像02

今回も、CM最後のIndeedの検索窓に、各キャラクターが募集する検索必至の“特別な仕事”のキーワードを表示。今回現れるキーワードは「ゾロ斬られ役」、「げそキング」。CMで明かされなかった、ゾロとウソップにちなんだ求人の内容や募集要項の詳細は、ぜひIndeedで検索をして確かめて頂きたい。

「ゾロ斬られ役」篇a 15秒ver

「ゾロ斬られ役」篇b 15秒ver

「ウソップげそキング」篇 15秒ver

“麦わらの一味”募集キャンペーン 概要

応募期間中にIndeedまたは特設サイト上で特定のキーワードを入力し検索すると、Indeedならではの“麦わらの一味”として働く“特別な仕事”に応募することが可能。2月5日(火)より、新たにゾロとウソップによる募集が開始される。

ゾロ仕事内容:ゾロに斬られる敵役として、特別なグラフィックの撮影に参加
画像03
キーワード:「ゾロ斬られ役」
応募期間:2月5日(火)~3月4日(月)
求める人材:未経験者歓迎。斬られ姿が美しい人。高いジャンプができる人。身軽で健康な人。ゾロに斬られたい人。斬られた経験を活かせる人。
募集人数:100人
過去、ゾロが一夜にして果たした“100人斬り”の再現のため、ゾロの技を受けて斬られる100人の斬られ役の内の1人として、3月末に掲出されるIndeedの広告ビジュアルの撮影に参加することができる。

ゾロ仕事内容:ウソップの部下として巨大げそ天作りイベントに参加。ギネス世界記録TM申請も
画像04
キーワード:「げそキング」
応募期間:2月5日(火)~3月4日(月)
求める人材:イカにさわれる人。イカを食べられる人。イカを焼くのが好きな人。そげキングの部下になってもいい人。
募集人数:30人
“狙撃の王様・そげキング”の異名を持つウソップの部下として、ギネス世界記録TM申請も視野に入れた巨大げそ天作りに参加する仕事。巨大生物対処のノウハウ共有のため“自称・海王類を仕留めた男”ウソップ自身も参加を検討中。

※新たに募集を開始した仕事内容や、2019年1月1日から公開よりされている本企画に伴う求人内容の詳細は、Indeed内で検索、または特設サイト内をご確認ください(ナミ、チョッパーが募る求人内容は、それぞれ「ナミ山分け」、「チョッパー助手」で検索ができます)。
応募受付期間:2019年1月1日(火)~3月25日(月)
特設サイト:https://jp.indeed.com/cm/onepiece

キャストインタビュー

池内博之さん
Q) 今回の撮影の感想を教えてください。
池内さん:「最高にエキサイティングな撮影でしたね。しかも、(作品内で人気の高い)ゾロ役を演じることができて、非常に嬉しいです!」

Q) ゾロを演じる上で意識した点を教えてください。
池内さん:「第一に、ゾロというキャラクターが持っている力強さです!また、(傷の特殊メイクがあり)左目を常に閉じている中で、顔の右側半分の表情だけでゾロらしさを表現するためにはどのような演技をすれば良いんだろうと考えていましたが、撮影スタッフのみなさんから良いサポートを受けることができたので、納得のいく形で演じ切ることができました。その他に意識したことは、ゾロのイメージに合った姿勢や、抜けるような質の声をいかに出すか、という点ですね。そしてなんといっても、ゾロらしくとにかく格好良く、ちょっとだけ悪(わる)っぽく、というところです!」

Q)「ONE PIECE」で好きなシーン(またはキャラクター、エピソード)を教えてください。
池内さん:「僕自身、趣味として海で釣りをやっているので、作品の中で描かれている釣りのシーンはすごく好きです!」

Q)麦わら一味の剣士・ゾロを演じた池内さんが最近臨んだ“真剣勝負”を教えてください。
また、今後の目標を教えてください。

池内さん:「まさしくこのCM撮影が自分にとっての“真剣勝負”ですね。この経験が次に繋がるよう僕自身が進化していかなければならないと思います。2019年は、俳優という仕事を通じて、もっと人を喜ばせたり、楽しませたり、感動させられるような役者になりたいですね。そのためにもっともっと勉強して頑張りたいと思います。」

Q) 池内さんは“麦わらの一味”のキャラクターと同じ様に、“好きなこと”を極めてお仕事をされています。“好きなこと”を仕事にするためのアドバイスをお願いします。
池内さん:「恐れないこと、勇気を持つことです。何かにチャレンジをする時は、一歩踏み入れられなかったり、ちょっと躊躇してしまったりと、怖さが伴うものだと思います。でもそこで、一歩踏み入れる勇気を持つことや、踏み入れた後に自分を信じること、何よりも信念を貫き通すことが“好きなこと”を仕事にする上で大切だと考えています。僕は、こういった姿勢は必ず誰かが見ていてくれるという想いを持って俳優を続けてきました。」

大悟さん(ウソップ)
Q)今回の撮影の感想を教えてください。
大悟さん:「いやもうすごいですよ。セットも衣装も、クオリティの高さに本当にびっくりしました。そしてプレッシャーもすごかったです(笑)。今回、CMの出演者の中にはどう考えても(演技を)失敗するメンバーがいないんですよ!だから、あくまで僕の主観ですが、『今まで撮影がうまく進んでいたのにお前が台無しにするなよ』という大人たちからのプレッシャーを強く感じました(笑)。」

Q)ウソップ役を演じる上で意識した点を教えてください。
大悟さん:「当初、僕はウソップ役なのでそんなに格好良さは求められていないだろうな、と思い撮影に臨みました。しかし共演者のみなさんが扮した“麦わらの一味”の格好良さを目の当たりにして、自分もどうにか格好付けたいなと思い、声を落として演じてみたら、スタッフさんから『違います』と言われてしまって、『あれ?』と、なったシーンがありました(笑)。日頃の僕のまま、そのままの演技が求められていたのかもしれませんね。そういえば、(ウソップの特徴である長い)鼻の特殊メイクのクオリティがすごくて、見事に僕に馴染んでいましたね。今日はこのまま飲みに行こうかなと思います(笑)。本当に違和感が無いです。スタッフさんからも、途中から、『大悟を撮るぞ』というよりは、『鼻を撮ろう』という姿勢を感じました。『もっと鼻の角度をつけて!』みたいな。だからCM本編は鼻がメインなんじゃないかなと思います(笑)。」

Q)ウソップは作品内で様々なウソを付いていますが、大悟さんがついた“人生で一番大きなウソ”を教えてください。
大悟さん:「僕が一人で岡山から芸人になるために大阪に出てきて一年くらい経ち、全く売れる見込みの無い中、岡山の会社で働いていたノブに『もう大阪で売れたぞ!ピン芸人で売れたぞ!だから、今俺とコンビを組んだら売れるぞ!』とウソをついてコンビ結成を促し、ノブを退職させてしまったことですかね(笑)。ノブが会社を辞めて大阪に来てみたら、(生活費を稼ぐために)アルバイトをしていた僕と合流しまして(笑)。彼の親からもめちゃくちゃ怒られましたね。それが今や、IndeedのCMに出られるまでになったわけですから、めちゃくちゃ良いウソだったと思います。これが人生最大であり最高のウソです!」

Q) 大悟さんは“麦わらの一味”のキャラクターと同じ様に、“好きなこと”を極めてお仕事をされています。“好きなこと”を仕事にするためのアドバイスをお願いします。
大悟さん:「若い人には『あまり寝るな』と伝えたいですね。例えばIndeedのCMでも、大勢の大人が夜遅くまで起きて作品作りをしています。だからこういう仕事をしていると、今の若い人たちは少し寝過ぎかも、と思うことがあります。時間を使って色々な仕事にチャレンジしてみたら色々な発見があるはずです。まあ僕は(若い頃に)寝られるだけ寝ていましたけど(笑)。健康のためにはしっかりと睡眠を取らないと駄目ですが、寝過ぎてしまうと時間がもったいないかもしれませんね。」

Q) 本作、ONE PIECEとのコラボレーションCMへの出演が無かった、相方ノブさんへのメッセージをお願いします。
大悟さん:「マネージャー伝に、わしに今日この撮影の仕事が入っていることを知っているにも関わらず、この一週間くらいずっと知らないフリをしとるよな?あれがもう楽屋で辛いんよ(笑)!『お前、(ONE PIECEとコラボする)IndeedのCM撮影の仕事入ってきたん?』って、言えばいいのに、あえて言わないみたいな!もう格好悪いぞ!お前にはまだ早かったよなーノブ!(IndeedのCM撮影)やりたいやろー?(ウソップの鼻)付けたいやろー?(笑)」

CM概要

広告主・企画制作:電通、電通クリエーティブX
タイトル:新CM「ゾロ斬られ役」篇、「げそキング」篇
放送時期:2019年2月5日(火)~

キャストプロフィール

斎藤工(さいとうたくみ)
所属:ブルーベアハウス
1981年8月22日生まれ東京都出身184㎝
2001年に俳優としてデビューし、ドラマや映画で活躍中。
出演作
2018年連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日)
朝の連続テレビ小説『半分、青い』(NHK)
映画『マンハント』『去年の冬、きみと別れ』
『のみとり侍』(2018年)
『家族のレシピ』『麻雀放浪記2020』『万力』(2019年・共に主演)
監督作
初長篇監督作『blank13』(齊藤工名義)

泉里香(いずみりか)
所属:スターダストプロモーション
1988年10月11日生まれ京都府出身166㎝
明治大学文学部英米学科卒業
2003年実写版ドラマ「美少女戦士セーラームーン」
セーラーマーキュリー役でデビュー。現在は女性ファッション誌のレギュラーモデルとして活躍し、バラエティ番組のみならず、女優としても活躍の場を広げている。
出演作
2018年映画『春待つ僕ら』
2019年ドラマ『QUEEN』(フジテレビ)

池内博之(いけうちひろゆき)
所属:レプロエンタテインメント
1976年11月24日生まれ茨城県出身176㎝
モデルとして、メンズファッション誌等で活躍。さまざまなテレビドラマ、映画に出演しながら、舞台では大物演出家の作品に立て続けに出演し、近年ではアジアへ活動の場を広げている。
出演作
2016年中国映画「レイルロード・タイガー」
2017年映画「マンハント」
2018年主演舞台「赤道の下のマクベス」

窪塚洋介(くぼづかようすけ)
所属:アスマキナ
1979年5月7日生まれ神奈川県出身177㎝
新人賞と史上最年少で最優秀主演男優賞を受賞。ファッション業界での注目度も高く、デビューからファッション誌のモデルを続け、多くの雑誌の表紙を飾っている。2006年から卍LINE(マンジライン)名義でレゲエDeejayとしての音楽活動を行っており、年間100本近いライブを行う。
出演作
2000年ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」
2002年映画「ピンポン」
2002年映画「凶気の桜」
2012年映画「ヘルタースケルター」

千鳥大悟(だいご)
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
結成:2000年7月
略歴・最新情報
(受賞歴)
「NHK上方漫才コンテスト」第35回(2005)優秀賞
「NHK上方漫才コンテスト」第37回(2007)優秀賞
「ABCお笑い新人グランプリ」第25回(2004)最優秀新人賞
「BGO上方笑演芸大賞」第2回(2006)メディア賞
「BGO上方笑演芸大賞」第2回(2006)ええ漫才ができました賞

Indeed (インディード) について

Indeedは、世界で最も多くの求職者に利用されている世界No.1求人検索エンジン*です。現在60カ国以上、28の言語でサイトを展開し、求職者はパソコンやモバイルで何百万もの求人情報を検索することができます。月間で2億5000万以上のユーザーがIndeedを利用し、求人検索や履歴書の登録、企業の情報検索を行っています。Indeedは、多くの企業が採用活動をする際の一番の情報源**になっています。詳細はhttps://jp.indeed.com/をご覧ください。

*出典:comScore 2018年3月訪問数
**出典:SilkRoad & iCIMS

↑上に戻る