映画『華氏119』本予告編映像解禁!マイケル・ムーア監督が挑む「命がけの」チェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント

華氏119

ブッシュ政権を猛烈に批判し、全世界2億ドル、日本でも興行収入17億円を叩き出した問題作にして大ヒット作『華氏911』を筆頭に、アメリカの銃社会に風穴を開けた『ボウリング・フォー・コロンバイン』(02)、医療問題に鋭いメスを入れた『シッコ』(07)と、これまでも巨大な権力に対抗し、アポなし取材、過激なパフォーマンスを以て病んだアメリカ社会に一石を投じ、議論と波紋を呼び続ける世界で最も有名なドキュメンタリー作家マイケル・ムーアの最新作 『Fahrenheit 11/9(原題)』が邦題 『華氏119』として11月2日 TOHOシネマズ シャンテ他にて全国緊急公開されることが決定した。

ムーアが挑む今度の相手はなんと、アメリカ合衆国第45代大統領 ドナルド・トランプ。タイトルの “119“とは、トランプの大統領当選が確定し勝利宣言をした[2016年11月9日]を意味し、過去作『華氏911』に呼応したタイトルとなっている。この度本作の本予告映像が解禁された。

警告音と共に「あなたも、“トランプ慣れ”していませんか?」と今や毎日のようにニュースに出て、私たちにエンターテイメントを届ける存在となったトランプ大統領に対し、全人類への警告から始まる映像。「2016年11月9日ドナルド・トランプが、大統領の勝利宣言をした日」と『華氏119』の“119”の後世に残る数字の意味を紹介し、背景には涙を流し絶望感に打ちのめされたアメリカ国民が映し出される。そこからトランプ大統領の「アメリカン・ドリームは終わった」言葉を皮切りに、“人種差別”、“ツイッター炎上”、“虚言暴言”、“権力至上主義”、“スキャンダル”、“独裁者”というトランプ大統領を表す言葉の数々が現れ、なんとヒトラーのスピーチ映像にトランプ大統領の声を当てた本編内の映像まで登場。それでも北朝鮮の金正恩氏、ロシアのプーチン大統領をはじめ世界のリーダーと共に2年間政権を存続させているトランプ大統領。すると、次の映像にはなんとトランプ大統領とムーア監督の2ショットが。これは1998年のトーク番組。まるで将来を予言するように「私の映画は撮らないでくれよ」とトランプ大統領がムーア監督にお願いしている。しかし、今回のムーアは、トランプ大統領だけではなく「マイケル・ムーア砲 アメリカ直撃!」とコピーにある通り、多くのアメリカ国民に愛されたオバマ元大統領も、最後までトランプ大統領と大統領の地位を争った民主党のヒラリー・クリントンも、みんなまとめてぶった切っている、という映画の全貌が明らかに。お馴染みの突撃取材で警察と“いつものように”もめる姿や「逮捕に行くぞ」と手錠を持ってミシガン州の州会議堂に乗り込む姿からは本作でも、マイケル・ムーア監督の「命がけの」チェンジ・ザ・ワールド エンターテインメント劇場が見れる、と日本の観客に大きな期待を持たせる。

画像01

画像02

画像03

2016年7月、大統領選のさなか「大統領選にトランプが勝利する5つの理由」というエッセイを書き、その予測を見事に的中させたムーア。本作ではトランプ大統領糾弾に留まらず、政治経験のないリーダーが生み出していく悲劇、前大統領のオバマの真実や対立候補者であったヒラリーの失敗、更に本当は少数派であるはずのトランプ支持者がアメリカの意思となっていく<カラクリ>を鋭く暴き出していく。<なぜ、こうなった?>を誰よりも理解しているムーアが描くこの暗黒時代の光とそのメッセージとは?果たして11月の中間選挙に一撃を与える事はできるのか?命がけチェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント、いよいよ日本上陸となる。

ストーリー
2016年11月9日、トランプは米国大統領選の勝利を宣言-その日、米国ひいては世界の終りは始まった?!
なぜこうなった?どうしたら止められる?ムーア節炸裂!まさかのチェンジ・ザ・ワールド・エンターテイメント

作品タイトル:『華氏119』
出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ
監督:マイケル・ムーア 『華氏911』
原題:Fahrenheit11/9/2018/アメリカ/カラー/5.1chデジタル/
配給:ギャガ

公式サイト:https://gaga.ne.jp/kashi119/
コピーライト:(c)2018 Midwestern Films LLC 2018

11月2日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー

↑上に戻る