『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』伝説的な冒険家イェーガー役に大塚明夫が決定!実力派キャストも続々集結

ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界

ディズニー・アニメーション最新作『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』(11月23日(水・祝)公開)の主人公・サーチャーの父で伝説的な冒険家イェーガー役の日本版声優に大塚明夫が決定したほか、個性豊かなキャラクターたちの日本版声優キャストが一挙解禁された。

2023年に設立100周年という節目を迎えるディズニー・アニメーション・スタジオが、『ベイマックス』で知られるドン・ホール監督と共に新たに贈るのは、まるでアトラクションに乗っているかのようなスケール感あふれる壮大な冒険と、かけがえのない家族の絆を描いたアクション・アドベンチャー超大作。

若いころに行方不明となった偉大な冒険家の父へのコンプレックスから冒険嫌いとなった農夫サーチャー。豊かな国アヴァロニアで愛する息子のイーサンと、妻と共に静かに暮らしていた。ある日、アヴァロニアのエネルギー源である植物が絶滅の危機を迎え、世界は崩壊へと向かう。この危機を救うため、サーチャーたちは地底に広がる“もうひとつの世界”へと足を踏み入れる。謎に満ちた冒険の先で、サーチャーたちを待ち受けていた世界を揺るがす秘密とは…。

先日、日本版声優として、偉大な父へのコンプレックスから冒険嫌いとなった主人公・サーチャー役を原田泰造、サーチャーとは正反対に偉大な祖父に憧れる好奇心旺盛な息子のイーサン役を鈴木福が務めることが発表されていた本作。

そして今回、サーチャーが冒険嫌いとなるきっかけにもなった伝説的な英雄として称えられる冒険家・イェーガー役に決定した大塚明夫は、TVアニメ「ONE PIECE」の“黒ひげ”ことマーシャル・D・ティーチ役やTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」のオール・フォー・ワン役などで知られ、近年では大河ドラマ「麒麟がくる」に出演するなど幅広く活躍するベテラン声優。

本国ではデニス・クエイドが担当するイェーガーについて、「一言でいえば、昭和熱血冒険じじいです」と説明。さらに、「デニス・クエイドさんの作品は昔からたくさん演じているので、息がとってもよくあいます。縦横無尽にあばれまわりますので是非お楽しみに」と自信溢れるコメントを寄せている。

また、サーチャーの妻で家族を愛する強い心と広い視野を持ち、飛行船をはじめとする乗り物の操縦に長けた“もうひとつの世界”での冒険の貴重な戦力となるメリディアン役を松岡依都美、探検チームを率いるアヴァロニアの大統領・カリスト役には沢海陽子、探検チームの一員のパルク大尉役を鹿野真央、カスピアン役を落合福嗣、ダッフル役を本多新也が担当する。さらに、観客たちをディズニー史上最も不思議な世界へと誘う冒頭のナレーションを務めるのは茶風林。実力派キャスト陣の“声”で彩られた、ディズニー史上最も不思議な世界の物語に期待が高まる。

サーチャーとイーサン、さらにはイェーガーや個性豊かなキャラクターたちの冒険の先に待ち受ける“もうひとつの世界”に隠された秘密とは一体何なのか…。そこには、ディズニー史上最大の驚きと感動のラストが待っている。まだ誰も見たことのない“不思議な”世界への壮大な冒険とかけがえのない家族の絆を描いたアクション・アドベンチャ『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』は11月23日(水・祝)劇場公開。

作品タイトル:『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
日本版声優:原田泰造(サーチャー)、鈴木福(イーサン)、大塚明夫(イェーガー)
監督:ドン・ホール『ベイマックス』『ラーヤと龍の王国』、クイ・グエン『ラーヤと龍の王国』
製作:ロイ・コンリ『塔の上のラプンツェル』『ベイマックス』
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

公式サイト:Disney.jp/StrangeWorld
コピーライト:(C) 2022 Disney. All Rights Reserved.

11月23日(水・祝)劇場公開

関連記事:
『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』主人公・サーチャー、息子・イーサンの日本語版声優に原田泰造、鈴木福が決定!
『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』ディズニー史上最も驚愕のラスト!日本版本予告&ポスターが解禁 ―11/23公開
『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』ティザーポスター解禁!ディズニー史上最も”奇妙な”世界へ― 11/23公開
『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』公開決定&特報解禁! ―『ベイマックス』監督が贈るディズニーアニメ最新作

↑上に戻る