ログイン

神山智洋主演ドラマ「白暮のクロニクル」ポスター&本予告映像解禁!主題歌はWEST.の新曲「FATE」

白暮のクロニクル

3月1日(金)からWOWOWにて放送・配信がスタートする連続ドラマW-30「白暮のクロニクル」の主題歌が、WEST.の新曲「FATE」に決定し、新たな本予告映像とポスタービジュアルが公開された。

WEST.の神山智洋が自身初の単独主演作品且つ、初のWOWOW作品の主演に挑む本作。原作は、2013年から2017年まで週刊スピリッツで連載されたゆうきまさみによる同名漫画で、「不老不死の種族“オキナガ”×公務員」という異色のコンビが難解な事件に挑むという斬新な設定が人気を博した作品だ。

神山が演じるのは不老不死の体質を持つオキナガで、見た目が18歳、実年齢は88歳の雪村魁(ゆきむらかい)。オキナガ絡みの殺人事件の捜査に協力する傍ら、60年間にわたり、未年(ひつじどし)のクリスマスに起こる連続殺人事件、通称「羊殺し」にかつての恋人を殺されており、犯人を突き止め、復讐を果たすことを目的としている。

オキナガたちを管轄する厚生労働省の「夜間衛生管理課」、通称“夜衛管”への異動を通告され、魁との連絡係を命じられる新米職員の伏木(ふせぎ)あかり役には松井愛莉。魁とあかりはバディとなり衝突を繰り返しながらも事件解決に向けて協力し合い奔走していく──。

また“夜衛管”の責任者で、厚生労働省の参事官でもある竹之内唯一(たけのうちただひと)役に竹財輝之助。オキナガに対して偏見を持っている刑事・唐沢役に高橋努。魁が暮らす私設図書館「按察使文庫」(あぜちぶんこ)の執事で、公私共に魁を支える実藤寿一郎(さねとうじゅいちろう)役に大林隆介。その私設図書館「按察使文庫」の主で150年程生きているオキナガ、按察使薫子(あぜちかおるこ)役に伊藤歩。あかりの“夜衛管”での上司で教育係の久保園幹也(くぼぞのみきや)役に光石研。個性豊かな面々が2人を取り巻く。

新しい予告映像からは首を切られた魁が生き返るといった2人の衝撃な出会い、2人が追う連続殺人事件“羊殺し”の全貌やオキナガになる前の魁の悲しき過去の姿も垣間見え、主題歌を担当するWEST.の新曲「FATE」の切なくも力強いメロディーも相まって、本編への期待がグッと高まる内容だ。さらには「めんどくせ~」と渋々あかりにパソコン操作を教えてもらう魁のコミカルな姿も確認できる。

そして本作の先行無料配信が2月23日(祝・金)正午12時にWOWOWオフィシャルYouTubeチャンネルにてスタートすることも決定した。

目次