ログイン

「すべて忘れてしまうから」消えた恋人“F”役は尾野真千子!阿部寛と2度目の共演も“今回もすれ違う?” ―本日配信開始

すべて忘れてしまうから

ディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)「スター」の日本発オリジナルドラマシリーズ「すべて忘れてしまうから」(本日9月14日(水)より独占配信)より、阿部寛演じる主人公“M”の突然消えた恋人“F”を尾野真千子が演じることが発表され、あわせて本予告新ビジュアル場面写真も解禁された。

今最も話題の作家の1人である燃え殻の同名エッセイを、国内トップクリエイターによりドラマ化される本作は、ハロウィンの夜に突如姿を消した恋人をめぐる、ミステリアスでビタースイートなラブストーリー。流されるままに生きるそこそこ売れっ子のミステリー作家“M”は、消えた恋人“F”を探すことに。しかし、次第に“M”の知らなかった“F”の一面や秘密があきらかになっていく…。

物語の主人公となる“M”を演じるのは阿部寛。自身にとって、キャリア初の配信ドラマ出演、かつ久々のラブストーリー作品への出演となる。また、そんな主人公の“M”の行きつけであり、ハロウィンの夜に彼女が消えた場所でもある、物語のキーとなる舞台“Bar 灯台”のオーナーを、1996年公開の『スワロウテイル』以来26年ぶりの演技となり、配信作品はもちろん、ドラマ作品への出演も初となるCharaが演じ、同じバーで働く元バンドマンの料理人役を宮藤官九郎が務める。

さらに、“F”と何やら関係のある謎の美女役で大島優子、“F”の姉役に酒井美紀が出演するなど豪華実力派キャストが集結。さらに、エンディング楽曲を毎話異なる10組のアーティストが担当する異例の試みも話題となっている。

今回出演が明らかになった尾野は、2016年公開の映画『エヴェレスト 神々の山嶺』以来、阿部とは6年ぶり2度目の共演となる。前回も恋人役で共演しており、偶然にも今作でも恋人役という関係性だが、今作での二人の恋はどうなるのか。

本作の重要な鍵を握る“F”について、尾野「自分に似ているとは思いません。でも、謎めいていて、不思議な行動をする人と思いきや、なんだか、その気持ちがわかるような、近くにこういう人いる、もしかしたら、私も“F”に近いのかもと思えるような人なんです。」と、自分とは違う部分がありつつも、シンパシーを感じられるキャラクター像を語ってくれた。

初めて台本を読んだ際には「ヒロインの“F”が謎めいていて、その役ができるなら楽しいだろうな、どんなふうにやれるかな、とか、この役が決定する前から、わくわくして、いろんな想像をしました。あと名前が、“F”とか“M”とか、これ何?何?と興味をそそられました。」と感じたと楽しみながら撮影に臨んだことを明かした。

いよいよ本日より配信される本作を楽しみにしている方に向け、「私もとても楽しみです。“M”を演じた阿部さんや他の役者さん達も期待を裏切らない面白さで、皆さんをふわっと楽しませてくれると思います。さー“F”は最初どんな姿で現れるかな~???」とコメントを寄せてくれた。

すべて忘れてしまうから

あわせて解禁された予告映像では、ハロウィンの日に消えた“F”を“M”が匿っていると疑う“F”の姉がBar 灯台を訪れる場面から始まる。そこで、初めて“F”が多額の遺産を手にしたことを知った“M”は、全く聞かされていなかった事実に戸惑いを隠せない。その後、周囲から促されて渋々“F”を探す中で、大島演じる謎の美女や職場の人たちなど、周囲の人達から聞かされる“F”の話から、“M”は自身が”F“について何も知らなかったという事実に気付いていく。

さらに、“M”はこれまでの人生を振り返り、自身が彼女だけでなく自分自身とも向き合ってこなかったことにも気付かされる。久しぶりに連絡の取れた“F”からかかってきた電話で頼まれた“M”への<お願い>とは、そして彼女が失踪した本当の理由とは―?

自分自身を見つめ直し悩みながら日々を生きる“M”、水辺にしゃがみ込み物憂げな表情で遠くを見つめる“F”、満面の笑みで“M”の似顔絵を描いたコースターを見せるカオル、どこか頼もしい雰囲気を見せるフクオ、眼帯をつけて深刻な表情を見せる“F”の姉、“F”から大金を渡され戸惑う美女、“Bar 灯台”の常連に的確かつ辛辣なコメントをするミトと泉など、キャラクターたちの奥行きを感じ取ることが出来るキャスト達の演技にもご注目を。

そして、予告にあわせて、音源が解禁となったTENDREが初めて手掛ける劇伴と、エンディング楽曲の一曲でもある七尾旅人が歌う「ドンセイグッバイ」のメロディが物語に優しく寄り添い、本作の世界観をよりエモーショナルに感じさせてくれる。

「大切な人のこと、すべて知っていますか?」という問いは、楽しいことも、辛いことも、様々な時間を過ごしてきた大人だからこそ、より深く噛み締めることの出来るメッセージなのかもしれない。“何気なく過ぎていく日々の中にこそ、大切な瞬間がある”そんな想いに馳せながら、是非このドラマを楽しんでみては。

さらに、新たなビジュアルには、阿部演じる“M”、Chara演じるカオル、宮藤演じるフクオの3人がいつものようにBar 灯台のカウンターに集まって語り合う中で、店を後にする尾野演じる“F”の姿が収められており、もう一方は、“M”を中心に、もう一方は”F“が中心という対になったデザインとなっている。“F“が店を出ることに全く気付いていない“M”、“M”に何も言わず店を去ろうとする“F”という、本作で描かれる二人の関係性を表しているようだ。

消えた恋人の謎を巡る、ミステリアスでほろ苦い大人のラブストーリー。その中で描かれる何気ない日常を通して、“すべて忘れてしまう”ようなその一瞬一瞬を大切に周りの人と改めてちゃんと向き合いたいと思わせてくれる。遂に最後の重要キャストも解禁された「すべて忘れてしまうから」は、本日より配信スタート。

目次