Netflixシリーズ「三体」続編制作が決定

画像1

Netflixシリーズ「三体」(世界独占配信中) の続編制作が決定した。

原作は“SF界のノーベル文学賞”と言われるヒューゴー賞をアジア圏の作品として初めて受賞した、劉慈欣による世界的ベストセラー小説。物語の壮大さと斬新さから映像化は難しいと言われてきたが、原作ファンのクリエイター陣の手によって実写化が実現。迫り来る異星文明の侵略に直面する人類を、時代・国境を越えて壮大に描き出す〈SF叙事詩〉は、配信開始後、3週連続でNetflix週間グローバルTOP10(英語シリーズ)の1位を獲得、世界93カ国でTOP10入りしたのをはじめ、日本でも数週間にわたりTOP10入りを果たした。

そんな本作の物語の始まりは1960年代の中国。愛する父を無残に殺されたことで人類に絶望した天体物理学者・葉文潔が、宇宙に向けて秘密裏に電波を発信――この行いが数十年後、地球規模の大災厄を招く…。

そして時は現代。各国の優秀な科学者が次々と自殺するという異変が発生。さらに、ある科学者の視界だけに“数列が出現”する怪現象や、星空がキラキラと瞬く“宇宙のウインク”…といった驚天動地の事態も。異星文明の存在が発見され襲来も迫る中、打破の鍵は謎のVRゲームにあると判明。装着した途端、“現実”としか思えないリアルな五感とともに不可思議な世界に誘われ、そこであるミッションを課せられる―。

こうした謎の超常現象と共に綴られるのは、事態の引き金となるエリート科学者・葉文潔の物語や、現代で危機に立ち向かうため団結する科学者たちの友情…といった重厚でエモーショナルな人間ドラマ。果たして、人類はどのようにしてこの未曾有の事態に対処し、どのような結末を辿っていくのか。

数分先の展開すら全く読めないほどに斬新な展開が次々と用意されている本作。続編のストーリーは未だ謎に包まれているが、引き続き製作総指揮を務めるデヴィッド・ベニオフD・B・ワイスアレクサンダー・ウーは、共同コメントとして「この物語を壮大な結末まで語れるということにワクワクしています。劉慈欣氏の素晴らしい三部作の最後のページを読んだときから、私たちは観客を宇宙の果てまで連れて行けることを望んでいました。さあ、始めましょう!」と並々ならぬ意欲を見せている。

画像2
画像3
画像4
画像5

「三体」

作品ページ:https://www.netflix.com/title/81024821

Netflixシリーズ「三体」世界独占配信中

関連記事:
Netflixシリーズ「三体」”驚天動地のSF世界”を描く特別メイキング映像が解禁
地球滅亡のカウントダウンが迫る― Netflixシリーズ「三体」最新予告&キービジュアル解禁
驚天動地の“歴史的傑作SF”を実写化!Netflixシリーズ「三体」衝撃を呼ぶ“SF新時代”の到来を告げる本予告が解禁

↑上に戻る