ログイン

杉咲花主演『52ヘルツのクジラたち』来年3月1日(金)より全国公開!志尊淳の出演も決定

52ヘルツのクジラたち

2021年の本屋大賞を受賞した町田そのこのベストセラー小説を、杉咲花主演、成島出監督で映画化した『52ヘルツのクジラたち』の公開日が2024年3月1日(金)に決定し、新たに志尊淳の出演情報も解禁された。

「52ヘルツのクジラ」とは、他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラ。たくさんの仲間がいるはずなのに、何も届かない、何も届けられない。そのため、世界で一番孤独だと言われている――。

杉咲が演じるのは、自分の人生を家族に搾取されてきた女性・三島貴瑚(みしま・きこ)。ある傷を抱え、海辺の街に越してきた貴瑚は、そこで母親から「ムシ」と呼ばれる、声を発することのできない少年と出会う。彼との出会いが呼び覚ますのは、貴瑚の声なきSOSを聴き、救い出してくれた、今はもう会えない安吾との日々だった――。愛を欲し、誰にも届かない声で泣く孤独な魂たちの出会いが生む、切なる愛の物語。

そんな本作で志尊が演じるのは、貴瑚の声なきSOSを聴き、救い出そうとする岡田安吾(おかだ・あんご)役。安吾は、精神的にも肉体的にもギリギリの状態だった貴瑚と出会い、彼女を救い出そうと動き出す塾講師のトランスジェンダー男性。貴瑚の幸せを心から願い行動する安吾は、自身も孤独な魂を抱えた役どころだ。

本作のオファーを受けて原作を手に取ったという志尊は、「一読者として夢中で一気に読みました。僕がアン(安吾)さんを演じることで、トランスジェンダーの方々を傷つけることにならないかと最初は不安でしたが、監督の覚悟を聞いて成島組の船に乗りたいと思いました」とその決意を語る。

また、安吾役については「本作に俳優としても出演していて、脚本の段階からトランスジェンダーをめぐる表現を監修いただいている若林佑真(わかばやし・ゆうま)さんと、二人三脚でアンさんを作り上げていきました」とトランスジェンダー男性の俳優として活躍する若林と相談しながら真摯に役作りに向き合い、そのキャラクターを丁寧に作り上げたことを明かしている。

また、貴瑚役を演じた杉咲との共演については「アンさんを演じる中で、杉咲さん演じる貴瑚の全てを受け止めたいと臨み、クランクアップに際して、そうした関係を築けたことを実感しました」と、現場での熱い絆を語った。

志尊の心を動かした成島監督は、志尊の起用理由を「志尊さんが瑯壬生(ろうみお)役を演じた野田マップ『Q:A Night at the Kabuki』の初演と再演を二本とも拝見し、初演から再演にかけての素晴らしい成長にとても驚き、バックステージでどれだけ努力を積んでいる人なのかと注目してきました」とし、実際の現場での様子を「原作におけるアンさんは“アンパンマン”みたいな存在として表現されていますが、志尊さんの持つ温かな人柄や真摯な姿勢も、まさにアンさんだと、撮影を通じ確信しました」と高く評価している。

ストーリー
ある傷を抱え、東京から海辺の街の一軒家に移り住んできた貴瑚。
虐待され「ムシ」と呼ばれる少年との出会いが呼び覚ましたのは、貴瑚の声なきSOSを聴き救い出してくれた、今はもう会えないアンさんとの日々だった―。

作品タイトル:『52ヘルツのクジラたち』
出演:杉咲花
原作:町田そのこ「52ヘルツのクジラたち」(中央公論新社)
監督:成島出
製作幹事・配給:ギャガ

公式サイト:https://gaga.ne.jp/52hz-movie/
公式Instagram:@52hzwhale_movie
公式X:@52hzwhale_movie

コピーライト:(C)2024「52ヘルツのクジラたち」製作委員会

2024年3月1日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

関連記事:
映画『52ヘルツのクジラたち』ティザービジュアル解禁!主演・杉咲花のクランクアップコメントも到着
2021年本屋大賞受賞作「52ヘルツのクジラたち」が杉咲花主演×成島出監督で映画化決定! ―2024年3月公開
目次