『65/シックスティ・ファイブ』スコット・ベック監督&ブライアン・ウッズ監督の特別映像とインタビューが到着!

65/シックスティ・ファイブ

アダム・ドライバー主演のSFサバイバル・スリラー『65/シックスティ・ファイブ』(5月26日(金)公開)より、本作で監督・脚本を務めるスコット・ベック監督&ブライアン・ウッズ監督の特別映像とインタビューが到着した。

ミルズ(アダム・ドライバー)は、宇宙船に乗り込み、宇宙を探査する長いミッションに出ていた。航行中、突如、小惑星帯と衝突して宇宙船は墜落。乗組員の生存はゼロ。船体はバラバラとなり航行不能。どこかに切り離されたであろう脱出船を探すため、未知の惑星を捜索するミルズは、一人の少女・コアが生存しているのを発見する。二人が不時着したのは、6500万年前の地球――。そして…恐竜を絶滅させたという巨大隕石が、あとわずかで地球に衝突しようとしていた――。

監督・脚本を務めるのは、“音を立てたら即死”の世界的大ヒットのサバイバル・ホラー『クワイエット・プレイス』の脚本・原案を手掛けたスコット・ベック&ブライアン・ウッズ。製作は、“この家から脱出したければ、息をするな”の世界的大ヒットのショッキング・スリラー『ドント・ブリーズ』では製作を務め、ホラー映画の『死霊のはらわた』や『スパイダーマン』シリーズ、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の監督も務めるサム・ライミ

スコット・ベック監督はアダム・ドライバーが演じた主人公について「ミルズは宇宙船の操縦士で、低温睡眠状態の人々を乗せて探査に出ています。ミルズは夫であり父親で、この任務を完遂する義務も負っています。」と説明。そして、「アダム・ドライバーのような台詞回しの達人から台詞を取り除き、非常に奥深い内面的な演技をしている彼の姿は、フィルムメイカーとして見ていてとても嬉しいことでした。誰もが知っているとおり、彼は次元の異なる才能を持った人です。その彼に、今まで演じたことのないような役で、こんな風に力を発揮してもらえたなんて夢のようです。」と、アダムがミルズを演じてくれたことに感謝していると語る。

また、本作のプロデューサーを務めたサム・ライミとの仕事について、スコット・ベック監督は「サム・ライミはあらゆる経験をし、多様なジャンルの映画を作ってきた人です。『65/シックスティ・ファイブ』はホラー・サスペンスのジャンルと人物重視のドラマを融合させた作品ですから、撮影した映像を頻繁に見せたりしました。彼の意見はホラーに関するものに限らず、キャラクターのことや、サスペンスやドラマについてなど、いろいろな意見を聞き参考にしました。」と、敬愛しているサム・ライミを頼りにしたと話している。

さらに、ブライアン・ウッズ監督は「サム・ライミの仕事の進め方で素晴らしいと思ったのは、脚本作りの段階でこと細かく精査していくことです。彼のアイデアはものすごく独創的。そして、もちろんホラーに対するセンスも抜群ですから、観客をゾッとさせるようなアイデアはどれも素晴らしい。できるだけ盗み『65/シックスティ・ファイブ』に活かしたいと思ったんです。」と、スコット・ベック監督同様、サム・ライミの意見を最大限に盛り込んだことを明かしている。

作品タイトル:『65/シックスティ・ファイブ』
出演:アダム・ドライバー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)、アリアナ・グリーンブラット(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』)
監督・脚本:スコット・ベック&ブライアン・ウッズ(ともに『クワイエット・プレイス』脚本・原案)
製作:サム・ライミ(『ドント・ブリーズ』製作/『死霊のはらわた』、『スパイダーマン』シリーズ、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』監督)
原題:65
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト:https://www.65-movie.jp
公式Twitter:https://twitter.com/65movieJP #6500万年前の地球から脱出せよ

5月26日(金)全国の映画館で公開

関連記事:
『65/シックスティ・ファイブ』アリアナ・グリーンブラットのインタビュー到着!アダム・ドライバーの凄さを語る
『65/シックスティ・ファイブ』『クワイエット・プレイス』の天才脚本家コンビが新たに監督として重要視した点とは―?
『65/シックスティ・ファイブ』スコット・ベック監督&ブライアン・ウッズ監督からコメントが到着! ―5/26(金)公開
アダム・ドライバー主演『65/シックスティ・ファイブ』5月26日(金)公開決定!日本版予告&ポスター解禁

↑上に戻る