ログイン

江口のりこ主演『愛に乱暴』予告編と本ビジュアルが解禁 8月30日(金)公開

画像1

江口のりこ主演の映画『愛に乱暴』が8月30日(金)に公開されることが決定し、本ビジュアルが解禁された。

夫の実家の敷地内に建つ“はなれ”で暮らす桃子は、義母から受ける微量のストレスや夫の無関心を振り払うように「丁寧な暮らし」に勤しみ毎日を充実させていた。
そんな桃子の周囲で不穏な出来事が起こり始める。

『悪人』『怒り』など人間の複雑な感情とその裏に隠された本質を鋭く炙り出してきた吉田修一の同名小説を、『おじいちゃん、死んじゃったって。』『さんかく窓の外側は夜』の森ガキ侑大監督が映画化。
主演を江口のりこが務め共演には小泉孝太郎風吹ジュン馬場ふみから個性豊かな俳優陣が名を連ね、江口扮する主人公を追い詰めていく。
また本作は歴史あるチェコのカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(6/28-7/6開催)のコンペティション部門に出品も決定している。

画像2

解禁となった本ビジュアルは、主人公・桃子が部屋の畳に頭をつけ、床下に耳をそばだてているような、深い思惑を秘めた表情の江口のりこを大胆な構図で捉えたもの。<女は床下に愛を隠す>という謎めいたコピーと縦に大きくあしらわれたタイトルロゴと相まって、彼女の心の深淵を垣間見るようなインパクトの強いビジュアルとなっている。

さらにあわせて解禁された予告編では、桃子のしあわせな日常を襲う不穏な出来事の数々が描かれる。物語を紐解くキーワードとなるシーンが散りばめられた予告編の後半では、何者かに追われ疾走する桃子、猫の鳴き声に導かれ床下に潜る桃子など、非日常な世界に足を踏み入れてしまった主人公が、泥だらけで「やめてください!私を変人扱いするのは!」と叫ぶ様子が切り取られ、果たしておかしいのは桃子なのか周囲なのか、サスペンスフルな物語に強烈な惹きを印象付ける予告編となっている。

目次