【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

『バッドボーイズ RIDE OR DIE』アクションシーンを収めた場面写真が解禁 アディル&ビラル監督からのコメントも到着

画像1

ウィル・スミスとマーティン・ローレンス主演のシリーズ最新作『バッドボーイズ RIDE OR DIE』(6月21日(金)公開)の場面写真が解禁された。

マイアミ市警の敏腕ベテラン刑事コンビ、バッドボーイズことマイク(ウィル・スミス)とマーカス(マーティン・ローレンス)。彼らの亡き上司ハワード警部(ジョー・パントリアーノ)に麻薬カルテルと関係があったという汚職疑惑がかけられる。無実の罪を着せられた上司のために、独自に捜査をはじめた2人は、上司が遺した最後のメッセージ「内部に黒幕がいる。誰も信じるな!」という言葉を胸に、汚名返上のための命がけの戦いがマイアミを離れて繰り広げられる。

解禁となった場面写真は、事件に立ち向かうマイクとマーカスの姿が映し出されたもの。銃を構えて慎重に敵へと向かっていくマイクとマーカス、なぜかペンキまみれで銃を構えるマーカスと勇ましく走るマイク、大絶叫のなか両手で銃を撃つマーカスなど臨場感溢れるアクションシーンの数々に加え、コミカルな表情を浮かべるマーカスに耳を傾けるマイクの姿も収められ、バッドボーイズらしいお馴染みの2人の掛け合いも予感させられる。

バッドボーイズ最新作である本作でメガホンをとるのは、本作と3作目の『バッドボーイズ フォー・ライフ』の2作品の監督を務めたアディル&ビラル監督。アクションもジョークも息ぴったりのマイクとマーカスの2人について、アディル・エル・アルビ監督は「ユーモアとキャラクター性が2人の魅力だと思います。そして2人の刑事が置かれる状況がすごくクールですし、アクションとのバランスも絶妙です。あの緊迫感もいいですし、マイクとマーカスが互いを愛する気持ちやブラザーフッドの絆が感じられます」、ビラル・ファラー監督は「マイクとマーカスのバランス感は、他の映画にはないものです。すごくドラマチックなシーンであっても、マーカスがジョークを飛ばすこともあります。それは他の映画ではできないことで、マイクとマーカスの相性があってこそ可能なのです。2人は映画界最強のコンビで唯一無二の存在です」とその魅力を解説している。

画像2
画像3
画像4
画像5

『バッドボーイズ RIDE OR DIE』
出演:ウィル・スミス(『メン・イン・ブラック』『バッドボーイズ』シリーズ)、マーティン・ローレンス(『バッドボーイズ』シリーズ)
監督:アディル&ビラル(『バッドボーイズ フォーライフ』、ドラマシリーズ「ミズ・マーベル」)
製作:ジェリー・ブラッカイマー(『トップガン』『バッドボーイズ』シリーズ)、ウィル・スミス
原題:BAD BOYS: RIDE OR DIE
US公開:2024年6月7日予定
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト:https://www.badboys-movie.jp
公式X(旧Twitter):https://X.com/SonyPicsEiga
#バッドボーイズ

6月21日(金)より全国の映画館にて公開

関連記事:
大ヒットシリーズ最新作『バッドボーイズ RIDE OR DIE』予告編&場面写真解禁 日本公開は6月
目次