ログイン

ティム・バートン監督最新作『ビートルジュース ビートルジュース』第一弾日本版予告&ビジュアル解禁

画像1

ティム・バートン監督の最新作『ビートルジュース ビートルジュース』(原題:BEETLEJUICE BEETLEJUICE)が9月27日(金)日本公開となることが決定し、第一弾日本版予告とティザービジュアルが解禁された。なお、本作はIMAX(R)とDolby Cinema(R)(ドルビーシネマ)での上映も決定している。

『ビートルジュース』(1988年公開)の35年後を描く本作は、死後の世界で“人間怖がらせ屋”を営む推定年齢600歳のお騒がせ者・ビートルジュース(マイケル・キートン)が人間界を巻き込んで騒動を起こすホラーコメディ。ビートルジュースは普段は死後の世界にいるが、名前を3回呼ばれると人間界に現れ、人間を怖がらせて家から追い払う、いわば地縛霊や座敷わらしのような存在だ。

前作『ビートルジュース』では、再婚した両親とともに新居に引っ越してきたディーツ家の1人娘で霊能力を持つリディア(ウィノナ・ライダー)が、ビートルジュースを人間界に呼び出してしまったことがきっかけで、新居からディーツ家を追い出そうとするビートルジュースによる幽霊騒動が起こる。そんなビートルジュースの長年の願いは、死後の世界から人間界に移り住むことなのだが、その方法はたった1つ、「人間と結婚すること」。彼は霊能力があり自分を怖がらないリディアに目をつけ、結婚を迫るも宣誓の直前で未遂に終わり、死後の世界に逆戻りするハメに。

そして、最新作『ビートルジュース ビートルジュース』では、35年の時を経て母親になったリディアと1人娘のアストリッド(ジェナ・オルテガ)が騒動に巻き込まれる。相変わらず死後の世界で“人間怖がらせ屋”を営むビートルジュースだったが、実は彼には死後の世界に妻がいた!?

解禁された第一弾日本版予告では、ビートルジュースの名前を口にする娘のアストリッドにリディアが「2度とその名前を言わないで!」、「やめなさい!」とキツく注意するシーンがあるが、アストリッドが3回名前を言った次のシーンではビートルジュースが屋根裏部屋に現れ、なにやら騒動の予感が。

一方、予告の後半ではビートルジュースの元妻・ドロレス(モニカ・ベルッチ)が「ビートルジュースはどこ?」と死後の世界で探し回っているシーンとともに、ドロレスの復讐から逃れたいビートルジュースがリディアを口説いているシーンもあり、騒動の展開が気になるところ。なお、今回ナレーションを務めているのは声優の杉田智和

あわせて解禁されたティザービジュアルは、不敵な笑みを浮かべるビートルジュースの顔が全面にデザインされ、年齢、住所、職業に加え、召喚ルールが添えられている。ビートルジュースへの復讐に燃えるドロレス、今度こそリディアと結婚して人間界へ逃げ出したいビートルジュース、1人娘を死後の世界から救い出したいリディア、はたして3人の思惑はハロウィンの夜にどんな結末を迎えるのか。

キャストは、前作から引き続き主人公・ビートルジュースを演じるマイケル・キートンに加え、キャサリン・オハラがリディアの母親・デリアを演じ、当時16歳だったウィノナ・ライダーが娘を持つ母親になったリディアを演じる。

また、リディアの1人娘・アストリッドを演じるジェナ・オルテガは、若干21歳にしてすでに10年以上のキャリアを持ち、バートン監督が製作総指揮/監督を務めたNetflix「ウェンズデー」(2022)のヒロイン、ウェンズデー・アダムス役を務めた。本作では再びバートン監督とタッグを組み、ハロウィンの夜に死後の世界に囚われてしまう物語のヒロインを演じる。

そして、ビートルジュースの元妻・ドロレスを演じるモニカ・ベルッチは、バートン作品初出演にして、バラバラにされた身体をホッチキスで全身を繋ぎ合わせた、まさにティム・バートンワールドを体現したキャラクターを演じる。

そのほか、リディアの婚約者・ローリーをジャスティン・セロー、ドロレスとともにビートルジュースを追うウルフをウィレム・デフォーが演じる。

目次