『青いカフタンの仕立て屋』繊細な手仕事にも注目!伝統を受け継ぐ夫と勇気をくれた妻…夫婦の愛を紡ぐ場面写真10点解禁

『モロッコ、彼女たちの朝』(19)のマリヤム・トゥザニ監督最新作『青いカフタンの仕立て屋』(6月16日(金)公開)より、 場面写真10点が一挙解禁された。

“魅惑の国”モロッコの海辺の町・サレで、伝統衣装であるカフタンの仕立て屋を営むハリムとミナ。ミシンを使わず、すべてを手仕事で仕上げる職人の夫ハリムは、伝統を守る仕事を愛しながら、自分自身は伝統からはじかれた存在と苦悩する。夫を誰よりも理解し支えてきた妻ミナは、病に侵され余命わずか。そこに若い職人のユーセフが現れ、3人は青いカフタン作りを通じて絆を深めていく。そして刻一刻とミナの最期の時が迫るなか、夫婦は“ある決断”をする―。

愛したい人を愛し自分らしく生きるー この美しい愛の物語は、世界中を涙で包み込み、2022年カンヌ国際映画祭国際映画批評家連盟賞を受賞。さらに、米アカデミー賞(R)モロッコ代表として国際長編映画賞のショートリストにも選出され、高い評価を受けた。 主演は『灼熱の魂』『モロッコ、彼女たちの朝』のルブナ・アザバル

今回、解禁された場面写真には、繊細な細工や刺繍が施されたカフタンや色とりどりの糸、母から娘へと引き継がれる大切なドレスをハリムがオーダーメイドで作る様子、病に侵されたミナと微笑み合うハリムと弟子のユーセフの姿、刻一刻とミナの最期の時が迫るミナがベッドに横たわり、伝統を守る仕事を愛しながら、自分自身は伝統から弾かれた存在と苦悩するハリムの姿などが写し出されている。

それぞれの写真からは、トゥザニ監督が本作に込めた「愛する人にありのままの自分を受け入れてもらうこと、これほど美しいことがあるだろうか」 というメッセージが心に響くようだ。

5月16日より開催となるカンヌ国際映画祭では、ポール・ダノ、ブリー・ラーソン、リューベン・オストルンドらと共にコンペ部門の審査員に選出され、世界を代表する女性監督のひとりとして、ますます注目が集まっているトゥザニ監督。去年のカンヌ国際映画祭で本作が招待された際には、自身の母から受け継いだというカフタンを着てレッドカーペットに登壇したが、今年の衣装にも注目したい。

ストーリー
モロッコ、海沿いの街、サレ。旧市街の路地裏で、ミナ(ルブナ・アザバル)とハリム(サーレフ・バクリ)の夫婦は母から娘へと世代を超えて受け継がれる、カフタンドレスの仕立て屋を営んでいる。伝統を守る仕事を愛しながら、自分自身は伝統からはじかれた存在と苦悩するハリム。そんな夫を誰よりも理解し支えてきたミナは、病に侵され余命わずかである。そこにユーセフ(アイユーブ・ミシウィ)という若い職人が現れ、誰にも言えない孤独を抱えていた3人は、青いカフタン作りを通じて絆を深めていく。そして刻一刻とミナの最期の時が迫るなか、夫婦は“ある決断”をする―。

作品タイトル:『青いカフタンの仕立て屋』
出演:ルブナ・アザバル サーレフ・バクリ アイユーブ・ミシウィ
監督・脚本:マリヤム・トゥザニ
2022年/フランス、モロッコ、ベルギー、デンマーク/アラビア語/122分/ビスタ/カラー/5.1ch/英題:THE BLUE CAFTAN/字幕翻訳:原田りえ
提供:WOWOW、ロングライド
配給:ロングライド

公式サイト:https://longride.jp/bluecaftan/
公式Twitter:@blue_caftan
コピーライト:(C) Les Films du Nouveau Monde – Ali n’ Productions – Velvet Films – Snowglobe

6月16日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開

関連記事:
【プレゼント】トークイベント予定あり!マリヤム・トゥザニ監督最新作『青いカフタンの仕立て屋』一般試写会5組10名様☆
マリヤム・トゥザニ監督最新作『青いカフタンの仕立て屋』予告編&ポスタービジュアル解禁!―6月16日(金)公開
マリヤム・トゥザニ監督最新作『青いカフタンの仕立て屋』6月16日(金)公開決定!場面写真11点が一挙解禁

↑上に戻る