『ボブ・マーリー:ONE LOVE』その歌声は“世界”を変えた―― 珠玉の名曲に彩られた海外版本予告が全世界同時解禁!

ボブ・マーリー:ONE LOVE

『ボブ・マーリー:ONE LOVE』(2024年全国公開)の海外版本予告映像が全世界同時解禁された。

「ロックの殿堂」入りも果たした伝説のミュージシャン、ボブ・マーリー。彼は全世界アルバム売上7500万枚以上を売り上げ、歴史的名盤と言われるアルバム「エクソダス」は米タイム誌により「20世紀最高の音楽アルバム(the best music album of the 20th century)」に選ばれている。その他にもグラミー賞の特別功労賞生涯業績賞受賞、グラミー殿堂賞(複数受賞)の受賞、”Hollywood Walk of Fame”への殿堂入りなど数々の偉業を残している。

そんなジャマイカ初の世界的トップスターが生み出した、夢と希望、歓びに満ちたサウンドは今もなお世界中に愛され続け、“レゲエの神様”と称される天才的な音楽センス、そして”平和の使者”と称される象徴的存在としての裏に隠された苦悩と葛藤――。本作は没後42年、今なお世界中の人々をインスパイアしてやまないボブの、知られざる波乱万丈な生涯を描く。

監督は第94回アカデミー賞で作品賞をはじめとする6部門でノミネートされ、主演のウィル・スミスが主演男優賞を受賞した『ドリームプラン』(21)を手掛けたレイナルド・マーカス・グリーン。脚本にはレイナルドに加え、テレンス・ウィンター(『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』)、ザック・ベイリン(『グランツーリスモ』)らが参加。

主人公ボブ・マーリー役には、『あの夜、マイアミで』(20)にてマルコムXを演じ、高い評価を得たキングズリー・ベン=アディル。ボブ・マーリーの妻、リタ・マーリー役には『キャプテン・マーベル』(19)や『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(21)などハリウッド大作映画への出演が続く注目の俳優ラシャーナ・リンチ。さらに、リタ・マーリー本人、そしてボブとリタの子どもセデラ・マーリージギー・マーリーなど、ボブ本人を誰よりも愛し、近くで見守ってきた家族たちが監修に参画している。

今回解禁された予告映像は、ボブが余命を宣告された後にリリースされ、〈遺言状〉とも言われる名曲「Redemption Song」を家族の前で歌うシーンから始まる。「俺が歌ってきた全ての歌が、救いの歌だから」という曲に、ボブはいかにして行きついたのか。映像ではボブの生涯を追い、世界的スターへの階段を駆け上り、かのレジェンドミュージシャンであるミック・ジャガーと肩を並べ写真を撮る華やかな場面にはじまり、ジャマイカ国内の分断した政情の中で自分が果たせる役割に悩む姿、そして1976年12月3日に起きた歴史的事件である〈ボブ・マーリー銃撃事件〉と、その僅か2日後に行われ、怪我を押して出演した伝説の〈スマイル・ジャマイカ・コンサート〉の場面まで、厳しい境遇のなかを、平和への強くあたたかい想いを胸にたくましく進んでいく。

伝説、カリスマ、神様―人間離れした存在として評されることの多いボブ・マーリーが、人知れず流していた涙の意味とは…?理想と現実の狭間で苦悩する人間らしい姿が胸を打ち、期待・願い・運命…全てを背負い、大観衆の待つステージへ上がっていく彼の姿は、そのあとに待つ壮大なライブシーンへの期待を膨らませる。

また映像には「Redemption Song」「Could You Be Loved」「Three Little Birds(三羽の小鳥)」という、ファンからの支持も厚い人気の3曲が初めて使用されていることも注目。特に「Three Little Birds」は予告の後半、長尺で使用されており、繰り返される「心配ないさ。すべてはうまくいくよ。」の歌詞が心を軽くしてくれる。

あわせて解禁された第2弾ポスターには、ステージ上のスモークがラスタカラーのライトに照らし出され、異様な熱気のスタジアムの中で一人ギターを演奏するボブ・マーリーの姿が。「その歌声は“世界”を変えた」のシンプルなコピーが、彼のミュージシャンとして、そしてカリスマとしての存在を静かに表現し、映画の重厚なストーリーと演出を想起させる。

なお、今回の海外版本予告が解禁された12月5日は、ボブ・マーリー伝説のライブと言われる〈スマイル・ジャマイカ・コンサート〉が開催されてから丸47年となる。

作品タイトル:『ボブ・マーリー:ONE LOVE』
出演:キングズリー・ベン=アディル(『あの夜、マイアミで』)、ラシャーナ・リンチ(『キャプテン・マーベル』)
監督:レイナルド・マーカス・グリーン(『ドリームプラン』)
脚本:テレンス・ウィンター(『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』)、フランク・E・フラワーズ、ザック・ベイリン(『グランツーリスモ』)、レイナルド・マーカス・グリーン
全米公開:2024年1月12日
日本公開:2024年
原題:Bob Marley: One Love
配給:東和ピクチャーズ

公式X:https://twitter.com/Paramount_Japan
公式Instagram:instagram.com/paramount_japan/ #ボブマーリーワンラヴ
コピーライト:(C) 2024 PARAMOUNT PICTURES

2024年全国公開

関連記事:
『ボブ・マーリー:ONE LOVE』日本オリジナル特報映像解禁!津田健次郎がナレーション担当 ―2024年日本公開
『ボブ・マーリー:ONE LOVE』2024年公開決定!伝説のレゲエミュージシャンの苦難と歓びが交じり合う波乱の生涯とは

↑上に戻る