ジェシー・アイゼンバーグ初監督作『僕らの世界が交わるまで』来年1/19(金)日本公開決定!プロデュースはエマ・ストーン

僕らの世界が交わるまで

『ソーシャル・ネットワーク』(10)でアカデミー賞(R)主演男優賞にノミネートされた俳優、ジェシー・アイゼンバーグの初監督作品『When You Finish Saving the World』が、『僕らの世界が交わるまで』の邦題で2024年1月19日(金)日本公開となることが決定し、日本版ポスタービジュアルが解禁された。

2022年サンダンス映画祭でのワールドプレミア上映を経て、第75回カンヌ国際映画祭批評家週間のオープニング作品に選出された本作。ジェシーは自身がAudible(Amazonのオーディオブック)向けに作った5時間のラジオドラマを基に、自ら脚本も担当している。

製作は、『ラ・ラ・ランド』(16)でアカデミー賞(R)主演女優賞を獲得したエマ・ストーンデイヴ・マッカリーと共に設立した映画/TV制作会社「フルート・ツリー」で、本作が初製作映画となる。さらに、『ムーンライト』(16)『ミッドサマー』(19)などを世に送り出すなど、映画ファンから絶大な人気を誇るオスカー常連の映画会社「A24」が製作・北米配給を手掛ける。

本作で描かれるのは、ちぐはぐにすれ違う家族のドタバタ人間模様。DV被害に遭った人々のためのシェルターを運営する母・エヴリンと、ネットのライブ配信で人気の高校生ジギー。社会奉仕に身を捧げる母親と、自分のフォロワーのことしか頭にないZ世代の息子は、お互いのことを分かり合えずすれ違ってばかり。そんな2人にちょっとした変化が訪れる。それは、各々ないものねだりの相手に惹かれ、空回りの迷走を続ける“親子そっくり”の姿だった……!

母・エヴリンを演じるのはジュリアン・ムーア。息子のジギー役を務めるのはフィン・ウォルフハード。さらに、ジギーが恋心を抱く聡明な女子高校生・ライラ役をアリーシャ・ボー、エヴリンが世話にのめりこむシェルターに助けを求めに来た少年・カイル役をビリー・ブリックが演じる。

ストーリー
家族って時々、ムズカシイ。だけどやっぱり、いとおしい。

DVシェルターを運営する母・エヴリンと、ネットのライブ配信で人気の高校生・ジギー。
社会奉仕に身を捧げる母親と、自分のフォロワーのことしか頭にないZ世代の息子は、いまやお互いのことが分かり合えない。しかし彼らの日常にちょっとした変化が訪れる。それは、各々ないものねだりの相手に惹かれ、空回りの迷走を続ける“親子そっくり”の姿だった……!

作品タイトル:『僕らの世界が交わるまで』
出演:ジュリアン・ムーア、フィン・ウォルフハード、アリーシャ・ボー、ジェイ・O・サンダース、ビリー・ブリック、エレオノール・ヘンドリックス 他
監督・脚本:ジェシー・アイゼンバーグ
製作:エマ・ストーン、デイヴ・マッカリー、アリ・ハーティング
北米配給&製作:A24
2022年/アメリカ/カラー/ビスタ/ドラマ/英語/88分/字幕翻訳:松浦美奈/原題:When You Finish Saving The World/映倫:G
提供:カルチュア・エンタテインメント
配給:カルチュア・パブリッシャーズ

公式サイト:https://culture-pub.jp/bokuranosekai/
公式X:https://twitter.com/bokuseka_movie
コピーライト:(C) 2022 SAVING THE WORLD LLC. All Rights Reserved.

2024年1月19日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国公開!

↑上に戻る