ログイン

『コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-』場面写真&ショート予告編解禁!「ジェーン」の活動の軌跡とは

コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-

女性の選択の権利としての人工妊娠中絶を描く、実話を基にした映画『コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-』(3月22日(金)公開)の場面写真とショート予告編が解禁された。

1960年代、中絶が法律的に許されていない時代のアメリカ。中流階級の主婦である主人公ジョイは、ある日二人目の子を妊娠するも、検診の中で病の悪化が発覚。中絶が違法とされるがため、適切な処置を受けることができないジョイ。彼女は次第に孤立していくが、街で見かけた「CALL JANE」という張り紙を頼りに辿り着いたのは、安全な中絶手術を提供する女性主導のアンダーグラウンド・ネットワーク、「ジェーン」だった…。

「ジェーン」は実在した団体で、人工妊娠中絶が違法だった1960年代後半から70年代初頭にかけて、推定12,000人を救ったと言われている。しかし、1973年アメリカ連邦最高裁が合法判決を下した「ロー対ウェイド判決(※)」から50年、米国では、再び違法とする動きが活発化し、論争が激化。女性たちが自ら権利を勝ち取った実話を映画化した本作は、映画祭で注目を集め大きな話題となった、いま観るべき社会派エンタテインメント作品だ。
(※)1973年アメリカ連邦最高裁が女性の人工妊娠中絶の権利を合法とした歴史的判決

監督をつとめるのは、『キャロル』(15)で第88回アカデミー賞脚色賞にノミネートされたフィリス・ナジー。プロデューサーは、『ダラス・バイヤーズクラブ』(15)や本年度賞レースで大注目を集める『バービー』(23)など、多くの世界的ヒット作品を生み出し続けているロビー・ブレナー

今回解禁となったのは、本作のヒロインたち、「ジェーン」の活動を映した場面写真。
主人公・ジョイ(エリザベス・バンクス)は隣に住む親友のラナ(ケイト・マーラ)の家のベランダで2人、談笑しながら幸せに過ごしていた。裕福な家庭の主婦として何不自由ない暮らしをしている様子から一転。緊張した面持ちで電話をかけるジョイ。子供の妊娠によって心臓の病気が悪化してしまったジョイは、唯一の治療法である中絶を受けるため、担当医に相談するも拒否されてしまい、電話の相手、違法ながら安全に中絶手術を提供する団体「ジェーン」に辿り着くのだ。

手術当日、目隠しをしたジョイが「ジェーン」のメンバーであるグウェン(ウンミ・モサク)に手を引かれ車から降り、ある建物に連れて行かれる様子からも、中絶がまだ違法とされていた当時、中絶を必要とする女性たちを救うため、秘密裏に行われていた「ジェーン」の活動のリスクの高さがうかがえる。

そして、無事に「ジェーン」によって命を救われたジョイが、自らも「ジェーン」の一員となっていく様子も写し出されているほか、「ジェーン」のリーダーであるバージニア(シガニー・ウィーバー)と共に、助けを求めてきた少女に対して真剣な表情で話す姿や、活動が多忙になるにつれ、人手不足を補うため、医者のディーン(コリー・マイケル・スミス)の助手として手術台の前に立つ様子なども収められている。

また、ジョイとバージニアが笑顔で向き合う姿からは、危険な状況の中でも、強い意志をもって前向きに立ち向かっていった「ジェーン」たちの強さと優しさを感じさせる。

あわせて解禁されたショート予告編は、「これは、女性たちが自分の人生を生きるための戦い」というナレーションと共に、ジェーンたちの活動の一部を垣間見ることができる。

コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-
コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-
コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-
コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-
コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-
コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-
コール・ジェーン -女性たちの秘密の電話-
目次