6歳の少女と乳母の深い愛の絆を描いた映画『クレオの夏休み』7月12日(金)公開決定 特報も解禁

画像1

2023年カンヌ国際映画祭<批評家週間>オープニング作品となったフランス映画「Àma Gloria(原題)」が、邦題『クレオの夏休み』として、7月12日(金)より公開される。併せて、本作のポスタービジュアルと特報が解禁となった。

父親とパリで暮らす6歳のクレオは、いつもそばにいてくれるナニー(乳母)のグロリアが世界中の誰よりも大好き。しかしある日、グロリアは遠く離れた故郷へ帰ることに。突然の別れに戸惑うクレオを、グロリアは自身の子供たちと住むアフリカの家へ招待する。そして夏休み、クレオは再会できる喜びを胸に、ひとり海を渡り彼女のもとへ旅立つ…。

主人公クレオを演じたのは、撮影当時5歳半だったルイーズ・モーロワ=パンザニ。公園で遊んでいたところを偶然見出され、演技未経験者にも関わらず、豊かな感情表現と存在感で世界中から絶賛を集めた。監督は、前作『Party Girl(原題)』(共同監督)でカンヌ国際映画祭のカメラドール(新人監督賞)を受賞し、本作が長編単独監督デビューとなる新鋭マリー・アマシュケリ。愛にあふれた物語の中に、移民の女性がナニーとしてフランスの少女を育てるという、現在の欧州にみられる経済格差の構図も潜ませた。幼い頃にナニーの女性に育てられた監督の実体験を、彼女への感謝の気持ちを込めて物語にしようと思い立ったことが本作の始まりだという。

この度解禁となったポスターは、満面の笑みを浮かべるクレオと、彼女を慈しむように見つめ抱きしめるグロリアの親密な姿を捉えた、2人の深い愛情が伝わってくる多幸感に満ちたビジュアルに仕上がっている。「大好きなあなたに あいにいく」という、グロリアと一緒にいたいと切に願い旅に出るクレオの健気な心に寄り添ったキャッチコピーが添えられた。

画像2
画像3
画像4

併せて解禁となった特報では、グロリアの故郷で夏休みを過ごすクレオが、初めての冒険を父親に報告しようと嬉しそうに手紙を書いている、夏の爽やかさに溢れたワンシーンが切り取られた。

本作は横浜フランス映画祭2024でも出品され、マリー・アマシュケリ監督と主演のルイーズ・モーロワ=パンザニ、プロデューサーのベネディクト・クーヴルールが来日。オープニングイベントではルイーズ・モーロワ=パンザニは役所広司(同映画祭特別アンバサダーとして登壇)と並んでフォトセッション、その愛くるしさが大きな話題になった。上映は満席となり、SNSでも「思わず泣いてしまった」「とにかく愛おしい」「大好きな映画!」などのコメントが寄せられた。

画像5
(c)unifrance

ストーリー
父親とパリで暮らす6歳のクレオは、いつもそばにいてくれるナニー(乳母)のグロリアが世界中の誰よりも大好き。お互いに本当の母娘のように想いあっていた2人だったが、ある日、グロリアは遠く離れた故郷へ帰ることに。突然の別れに戸惑うクレオを、グロリアは自身の子供たちと住むアフリカの家へ招待する。そして夏休み、クレオは再会できる喜びを胸に、ひとり海を渡り彼女のもとへ旅立つ…。

『クレオの夏休み』
出演:ルイーズ・モーロワ=パンザニ、イルサ・モレノ・ゼーゴ
監督:マリー・アマシュケリ
製作:Lilies Films『燃ゆる女の肖像』『秘密の森の、その向こう』
2023年/フランス/フランス語、カーボベルデ・クレオール語/83分/カラー/1.42:1/5.1ch/原題:Àma Gloria/日本語字幕:星加久実
配給:トランスフォーマー
(c)2023 LILIES FILMS

公式サイト:https://transformer.co.jp/m/cleo/
公式X:@cleo_movie

7月12日(金)
ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下ほか全国公開

↑上に戻る