『ザ・コントラクター』主演・クリス・パインのインタビュー動画到着!「身体づくりのため、たくさんトレーニングをした」

ザ・コントラクター

映画『ザ・コントラクター』(10月7日(金)公開)より、主演・クリス・パインのスペシャルインタビュー動画が到着した。

本作の主演を務めるのは、『スター・トレック』シリーズや『ワンダーウーマン』シリーズなど、大作、SF、アクションへの出演が続くクリス・パイン。米国特殊部隊グリーンベレー出身の軍事アドバイザーによる徹底的な訓練にも耐え、鍛え抜かれた肉体を駆使したリアルなアクションを披露し、元特殊部隊員役を見事に演じる。さらにはアカデミー賞ノミネート作『最後の追跡』でもクリスと共演したベン・フォスターや、「24 -TWENTY FOUR」シリーズのキーファー・サザーランド、曲者役の多い名バイ・プレイヤー エディ・マーサンなど名優たちが脇を固める。

本作をプロデュースしたのは、キアヌ・リーヴス主演のノンストップ・キリングアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズの仕掛け人として賞賛を浴びたエリカ・リー、ベイジル・イヴァニク。両名の下、TVシリーズ「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」「ウエストワールド」でキャリアを積み、『The Nile Hilton Incident』(原題)でサンダンス映画祭ほか各国の映画祭で賞賛を浴びた新鋭タリク・サレーを監督に迎え、豪華キャストが織り成す陰謀と復讐の物語を壮大なスケールで映画化した。

ザ・コントラクター
ザ・コントラクター

本作の主人公・ジェームスは、元最強特殊部隊員という経歴を持っており、今回到着した動画の中で、クリス・パインは難役への役づくりについて「多くのアクションシーンがあったので、身体づくりのため、たくさんトレーニングしました」と明かし、動画内では素晴らしい上腕二頭筋も披露している。

続けて、「射撃場で、銃の扱い方や、複数人と戦う訓練、泳ぎの練習、元陸軍特殊部隊員のアドバイザーと役への理解を深めていった」と語り、見応えのあるアクションシーンが続く事をアピール。

また本作の魅力についての質問が飛ぶと、開口一番「非常に魅力のあるジャンルだと思う」と断言。「人が生きるか死ぬかの状態にいるの、皆さん好きですから。昔から人気のジャンルで、大きな逆境や圧力と立ち向かい生き残ることは、人生において最も大事なことです。だから皆さん観たくなるんです。」と語っている。

ストーリー
軍事任務での負傷により特殊部隊から強制的に除隊させられたジェームス(クリス・パイン)。家族を養う為に彼が職を求めて行き着いた先は、退役軍人で構成された凄腕の民間軍事組織とその屈強なリーダー ラスティ(キーファー・サザーランド)だった。ラスティの命により、テロ組織が隠し持つ凶悪な生物兵器の奪取に挑むジェームス。かつての戦友であるマイク(ベン・フォスター)と精鋭チームを組んでアメリカからベルリンに飛び立った一行だが、任務が無事終了する間際、何者かの罠にはまって弾雨を浴びたチームは壊滅状態に陥ってしまう。一体だれが裏切ったのか?その真の目的は何なのか?ベルリンに取り残され追われる身となったジェームスは、全てを明らかにして家族の元に帰るため、たった独り熾烈な戦いに身を投じていく。

作品タイトル:『ザ・コントラクター』
出演:クリス・パイン、ベン・フォスター、エディ・マーサン、キーファー・サザーランド ほか
監督:タリク・サレー
脚本:J・P・デイヴィス
製作:エリカ・リー、ベイジル・イヴァニク
2022年/アメリカ/英語/シネスコ/5.1ch/104分
配給:クロックワークス

公式サイト:https://klockworx-v.com/contractor/
コピーライト:MOTION PICTURE ARTWORK (c) 2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

2022年10月7日(金)新宿バルト9他 全国公開

関連記事:
クリス・パイン主演、『ジョン・ウィック』スタッフによるリベンジ・アクション『ザ・コントラクター』予告&場面写真解禁
クリス・パイン主演『ザ・コントラクター』10月公開決定!『ジョン・ウィック』スタッフによるリベンジ・アクション大作

↑上に戻る