カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 最優秀演技賞受賞!ヴィッキー・クリープス主演『エリザベート 1878』8/25公開決定

エリザベート 1878

第75回(2022年)カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で最優秀演技賞を受賞した、ヴィッキー・クリープス主演の注目作『Corsage(原題)』が、『エリザベート 1878』の邦題で2023年8月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下ほか全国順次公開となることが決定し、日本版ポスタービジュアルが解禁された。

ヨーロッパ宮廷一の美貌と謳われたオーストリア皇妃エリザベート。映画界ではロミー・シュナイダーが若き日のエリザベートに扮した50年代制作の3部作が大ヒットを記録し、日本でも宝塚歌劇団、東宝ミュージカルの大人気演目の主人公として、「シシィ」の愛称で知られる伝説的皇妃だ。

ドイツ発のドラマシリーズ「皇妃エリザベート」(Netflix/22)も好評を博し、シーズン2の制作も発表されるなど、ますます注目が高まる中、本作『エリザベート 1878』は、そんな皇妃のこれまで描かれることのなかった40歳の1年間にフォーカス。史実に捉われない大胆かつ斬新な美術と音楽、自由奔放な表現で、それまでの「シシィ」像を打ち破り、「若さ」「美しさ」という基準によってのみ存在価値を測られてきたエリザベートの素顔を浮き彫りにする。

主演のエリザベート役には、ポール・トーマス・アンダーソン監督『ファントム・スレッド』(17)の演技が絶賛されて以来、欧米を股にかけて活躍する実力派ヴィッキー・クリープス。近年では、M・ナイト・シャマラン監督『オールド』(21)、ミア・ハンセン=ラヴ監督『ベルイマン島にて』(21)、マチュー・アマルリック監督『彼女のいない部屋』(21)などの作品で注目を集めている彼女は、本作の圧巻のパフォーマンスで、見事、第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の最優秀演技賞をはじめ、ヨーロッパ映画賞の女優賞、シカゴ国際映画祭の最優秀演技賞に輝いた。

監督を務めたのは、オーストリア映画界の気鋭マリー・クロイツァー。2016年の自身の『We Used to be Cool(英題)』で主役を演じたヴィッキー・クリープスからのラブコールに応える形で、監督自ら脚本を執筆し、再タッグを果たした。

エリザベートをリサーチする過程で彼女に心を掴まれた監督は、「エリザベートが苦しまなければならなかった世間からの期待の多くは、今日も女性に課され続けています。美しいということは、未だに最も重要で価値のある女性の特質とみなされているのです。」と今、彼女を描くことの意義を語った。

撮影監督を務めた『クロッシング・ウォー 決断の瞬間(とき)』(14)や『ヒトラー暗殺、13分の誤算』(15)のジュディス・カウフマンを筆頭に、女性スタッフを中心に女性の視点から「シシィ」像を再構築した本作は、第95回(2023年)アカデミー賞(R)国際長編映画賞ショートリスト(オーストリア代表)に選出され、ロンドン映画祭の最優秀作品賞を受賞するなど、各国の映画祭で高い評価を得た。

また『スペンサー ダイアナの決意』(21)のクリステン・スチュワートやエドガー・ライト監督、パティ・スミスらも本作を絶賛。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(19)のシアーシャ・ローナン「完全に気に入った!」とコメントし、各界著名人から称賛の声が多数寄せられている。

今回解禁された日本版ポスタービジュアルでは、エリザベートのテーマカラーであるスミレ色に彩られたエレガントな壁紙を背景に、豪華なドレスに身を包んだエリザベートが挑発的なポーズでこちらを真っすぐに見据える。さらに「お飾りなんかじゃない」というキャッチコピーが添えられ、皇妃を縛り付ける「コルセット(仏語:Corsage)」や、皇室での厳格な儀式、そして世間の理想像から自由になる旅立ちの時を予感させる。

時代を超え世界中の多くの人々を魅了し続けるオーストリア皇妃エリザベートを大胆な解釈で現代に蘇らせた『エリザベート 1878』は、8月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下ほか全国順次ロードショー。

エリザベート 1878

ストーリー
ヨーロッパ宮廷一の美貌と謳われたオーストリア皇妃エリザベート。1877年のクリスマス・イヴに40歳の誕生日を迎えた彼女は、コルセットをきつく締め、世間のイメージを維持するために奮闘するも、厳格で形式的な公務にますます窮屈さを覚えていく。人生に対する情熱や知識への渇望、若き日々のような刺激を求めて、イングランドやバイエルンを旅し、かつての恋人や古い友人を訪ねる中、誇張された自身のイメージに反抗し、プライドを取り戻すために思いついたある計画とは――。

作品タイトル:『エリザベート 1878』
出演:ヴィッキー・クリープス、フロリアン・タイヒトマイスター、カタリーナ・ローレンツ、マヌエル・ルバイ、フィネガン・オールドフィールド、コリン・モーガン
監督・脚本:マリー・クロイツァー
2022年/オーストリア、ルクセンブルク、ドイツ、フランス/ドイツ語、フランス語、英語、ハンガリー語/114分/カラー・モノクロ/2.39 : 1/5.1ch
原題:Corsage
字幕:松浦美奈 字幕監修:菊池良生
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム東京、ドイツ連邦共和国大使館
提供:トランスフォーマー、シネマライズ、ミモザフィルムズ
配給:トランスフォーマー、ミモザフィルムズ

公式サイト:https://transformer.co.jp/m/corsage/
コピーライト:(C) 2022 FILM AG – SAMSA FILM – KOMPLIZEN FILM – KAZAK PRODUCTIONS – ORF FILM/FERNSEH-ABKOMMEN – ZDF/ARTE – ARTE FRANCE CINEMA

8月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下ほか全国順次公開

↑上に戻る