史上最高のドラマー達が教えてくれる演奏の興奮と悦び― 音楽ドキュメンタリー『COUNT ME IN 魂のリズム』3月公開!

COUNT ME IN 魂のリズム

ロック界の最高のドラマーたちに焦点を当てた音楽ドキュメンタリー『COUNT ME IN』(原題)が、『COUNT ME IN 魂のリズム』の邦題で2024年3月15日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿シネマカリテほか全国公開となることが決定し、ポスタービジュアルが解禁された。

全編に渡ってドラムへの愛が溢れた本作だが、ドラムに関する専門的な知識は不要。鍋やフライパンまでありとあらゆるものを叩きながら過ごした子供時代から、世界中のスタジアムで旋風を巻き起こすようになるまでの道のりはどんなものだったのだろうか?クライマックスへ向けた特別なセッションへの道のりを軸に、錚々たるドラマーの面々がドラムの歴史、自身のキャリア、音楽やドラムそのものについて語る貴重なインタビューが交錯しながら、自然とドラムへの理解が深められてゆく、全ての音楽ファン必見のドキュメンタリーとなっている。

子供たちが初めてドラム・セットを手にした際の喜びを爆発させる瞬間を筆頭に、リラックスして楽しめる作品でありながら、ニコ・マクブレイン(アイアン・メイデン)、スチュワート・コープランド(ポリス)、シンディ・ブラックマン(サンタナ/レニー・クラヴィッツ)、チャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、テイラー・ホーキンス(フー・ファイターズ)、ロジャー・テイラー(クイーン)、ジム・ケルトナー(トラヴェリンク・ウィルベリーズ/エリック・クラプトン/ライ・クーダー)、イアン・ペイス(ディープ・パープル)といった超一流ドラマーに留まらず、ベン・サッチャー(ロイヤル・ブラッド)やエミリー・ドーラン・デイヴィス(ザ・ダークネス/ブライアン・フェリー)などの若い世代のドラマー、更にはロス・ガーフィールドのようなドラムに関するスペシャリストにもスポットが当てられており、玄人を唸らせる深みも兼ね備えた1本だ。

現代ドラム文化の本拠地たる米国と、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、レッド・ツェッペリンといった偉大なバンドを産み、お互いに影響を与えながら音楽文化を発展させてきた英国。伝説的なジャズ・ドラマーたちが現代のドラマーと音楽に対して与えてきた影響を解説しながら、それらのレガシーをロックへ持ち込んだジンジャー・ベイカーの功績を讃え、トッパー・ヒードンラット・スキャビーズといった伝説的なパンク・バンドのドラマーをフィーチャーするなど、英国制作ならではの視点が光る。

解禁されたポスタービジュアルでもドラム・セットにスポットが当てられ、ドラマーの目線でライブ会場を見渡すようなデザインとなっており、“叩け!刻め!人生を!”というキャッチコピーと相まって、思わずスティックを手に取りたくなりそうだ。

『COUNT ME IN 魂のリズム』
出演:シンディ・ブラックマン、ニコ・マクブレイン、イアン・ペイス、チャド・スミス、ロジャー・テイラー
監督:マーク・ロー
2021年/イギリス/英語/85分/カラー/5.1ch/原題:COUNT ME IN
配給:ショウゲート
(C) 2020 Split Prism Media Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト:https://www.countmein.jp/

2024年3月15日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿シネマカリテほか全国ロードショー

↑上に戻る