農場にキャバレー!? 実話を基にした一発逆転フレンチ人情エンターテインメント『ショータイム!』12/1(金)公開決定

ショータイム!

売り払われる寸前の農場を建て直そうと納屋に「キャバレー」を開いた実話を基にした『Les Folies Fermieres』(原題)が『ショータイム!』の邦題で12月1日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開となることが決定し、予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

3代続いていた農場を自分の代で終わらせたくないダヴィッド。民事裁判所の判事から与えられた猶予はたったの2か月。まさに背水の陣。ここまで追いつめられて俄然力を発揮する人と、そのまま沈んでしまう人がいる。人生の転機はほんの偶然とひらめきから生まれるもの。ダヴィッドは潰れかけている農場の納屋を改装してそこにキャバレーを作ろうと奔走し、反対する人たちを納得させ、パフォーマーを集め、喧嘩を制裁して華やかなショーを演出する。本作は、そんなフランスの田舎であった実話をもとにした笑いあり涙ありのエンターテインメントだ。主役のダヴィットには『セラヴィ!』(17)のアルバン・イワノフ。相手役のボニーには社会派作品に多く出演するサブリナ・ウアザニ

解禁された予告映像は、自然豊かな田舎の農場にまさかのキャバレーを作り、人生の一発逆転を狙うダヴィッドと、キャバレーに集まるクセ者メンバーたちの奮闘ぶりが笑いを誘い、フレンチ・ポップスのレジェンド、ダリダのナンバーも盛り込まれている。「希望を捨てるな、最後にはうまくいく!」と微笑むダヴィッドだが、果たして農場キャバレーは成功するのか。実話をもとにした信じられないような物語は、観る者を幸せな気持ちにさせてくれそうだ。

さらにポスタービジュアルも、ワラが敷かれたステージでパフォーマンスするダンサーのボニーが目を惹くデザイン。ダヴィッドと彼が田舎町でかき集めたパフォーマーたちと牛が脇を固める、まさに“農家キャバレー”と言えるビジュアルに、期待は膨らむばかりだ。

ストーリー
フランスの中南部、酪農家のダヴィッドは地方裁判所へ“出頭”する。3代続いた農場が経営危機により差し押さえられてしまうのだ。何とか2か月の猶予を与えられたものの、挽回の策はない。途方に暮れた帰り道、道端に明るく輝くネオンサインを見つける。「キャバレー」だった。そこで見たのは、妖艶なダンサー=ボニーの魅力的なパフォーマンス。ダヴィッドは、納屋をキャバレーに改装して勝負を賭けようと思いつく。折しもクビになったボニーに、ダヴィッドはショーの出演と演出をもちかける。怪しまれるも、ボニーはマネージャーと喧嘩別れしたばかり。かくしてボニーは演出兼任の鬼となり、ダヴィッドが集めた訳ありパフォーマーを厳しく鍛えると、みるみるうちにステージのパフォーマンスが出来ていく。いよいよオープンを明日に迎えた日、思いもよらない事態が起きてしまう…。

作品タイトル:『ショータイム!』
出演:アルバン・イワノフ、サブリナ・ウアザニ、ベランジェール・クリエフ、ギイ・マルシャン、ミシェル・ベルニエ
監督:ジャン=ピエール・アメリス
脚本:ジャン=ピエール・アメリス、マリオン・ミショー、ジャン=リュック・ガジェ
脚本協力:ミュリエル・マジェラン
撮影:ヴィルジニー・サン=マルタン
音楽:カンタン・サージャック
2022/フランス/フランス語/ビスタ/109分/原題:Les Folies Fermières/字幕翻訳:中沢志乃 映倫G
配給:彩プロ

公式サイト:https://countrycabaret.ayapro.ne.jp/
公式X:https://twitter.com/countrycabaret
公式Instagram:https://www.instagram.com/countrycabaret1201/
コピーライト:(C) 2021 – ESCAZAL FILMS – TF1 STUDIO – APOLLO FILMS DISTRIBUTION – FRANCE 3 CINÉMA – AUVERGNE-RHÔNE-ALPES CINÉMA

12/1(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか全国順次公開

↑上に戻る