映画『大名倒産』キムラ緑子、梶原善、髙田延彦、藤間爽子、ヒコロヒー、勝村政信、石橋蓮司が出演決定!コメントも到着

大名倒産

浅田次郎の傑作時代小説を、神木隆之介主演で映画化した『大名倒産』(6月23日(金)公開)の第2弾キャスト7名が初解禁され、コメントが到着した。

監督は『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『老後の資金がありません!』『そして、バトンは渡された』など、立て続けにヒット作を生み出し続け、本作が時代劇初挑戦となる前田哲。そして、映画『七つの会議』やドラマ「半沢直樹」の丑尾健太郎と、ドラマ「特捜9 season2~4」「下町ロケット」の稲葉一広が共同脚本を務める。

ひょんなことから越後丹生山藩・第十三代藩主となる青年・松平小四郎。庶民から一国の殿様へと、まさにシンデレラストーリー!かと思ったのもつかの間、実は25万両、現在の価値で100億もの借金を抱えるワケあり藩だった!? 先代藩主の父・一狐斎は藩を救う策として小四郎に「大名倒産」すなわち藩の計画倒産を命じるが、実は小四郎に全ての責任を押し付け、切腹させようとしていた…。借金返済か切腹か、いきなり藩の命運を託され、どうする、小四郎――!?

主人公・松平小四郎役に神木隆之介。そのほか、杉咲花松山ケンイチ小手伸也桜田通小日向文世宮﨑あおい浅野忠信佐藤浩市の出演が決定している本作。
この度新たに、金貸業を行う大坂の豪商・天元屋(てんげんや)のタツ役にキムラ緑子、神木演じる小四郎が藩主となる丹生山藩の付家老・天野大膳(あまの・たいぜん)役をはじめ、その弟の中膳(ちゅうぜん)・小膳(しょうぜん)を梶原善が一人三役で演じることが決定。

さらに、幕府の実力者と名高い旗本・小池越中守(こいけ・えっちゅうのかみ)役に髙田延彦、その娘であり、松山演じる新次郎と恋仲であるお初(おはつ)役に藤間爽子、小手演じる橋爪佐平次の妻・しの役にヒコロヒー、丹生山藩の大名倒産疑惑を疑う江戸幕府の老中・板倉周防守(いたくら・すおうのかみ)役に勝村政信、幕府の老中首座・仁科摂津守(にしな・せっつのかみ)役に石橋蓮司と、バラエティに富んだ豪華俳優陣が集結した。小四郎とそれぞれどのように交わり、本作でどのような化学反応を見せてくれるのか必見だ。

なお、今回出演が明らかになったキャスト陣から寄せられたコメントは以下の通り。

キャストコメント(敬称略)

■ キムラ緑子
撮影はとても楽しかったです!
騒いでいる間に終わったという感じです。
佐藤浩市さんと石橋蓮司さんは初共演でして
あの狭い空間でお二人とセリフを交わすことができたことがうれしかったです。
奇想天外で、前田監督の発想はどこまで飛んでいくんだろうって楽しみな気持ちになりました。
楽しい作品をお届けできるのではと思っています。
私自身も楽しみにしている作品なので、どうぞ楽しみに待っていてください。

■ 梶原善
僕は今回、大膳、中膳、小膳の3役演じさせていただきました。
小膳のシーンで“大きなお寺を駆け巡って殿の元へ行く”というシーンがあったのですが、
そのシーンは、ほんとに何回も撮影をしました(笑)。由緒正しき御寺をいくつも使用して撮影させて頂く機会もそうないので、全体を通して楽しく芝居をすることができました。
皆さん共演することが多い方ばかりだったので、和やかに時間を過ごせて、幸せな時間となりました。その楽しさや雰囲気は、きっと映画の中でしっかり伝わっているかと思いますので、ぜひ楽しみにしていて頂けますと嬉しく思います。

■ 髙田延彦
今回のお話を頂いた時は、“えっ!なんで俺?”って感じでした。
芝居経験の少ない私ですが、現場の皆さんが非常に親切でムードも居心地も良く、お陰様で楽しく気持ち良く撮影に臨むことが出来ました。
このような素晴らしい作品に参加させていただき、せっかく多くの方々に観て頂くんだから、是非一挙手一投足を吟味していただきたいです。
豪華キャスト陣(私を除いた)が演じる、切り口斬新なシン時代劇を是非楽しんでください。

■ 藤間爽子
初めての時代劇映画、しかも憧れだった京都太秦での撮影だったので、胸が高鳴りました。
前田組にも初参加ということでとても嬉しかったです。
新次郎とお初の出会いの回想シーンは、とてもロマンチックなので是非注目していただきたいなぁ(笑)。あとは皆さんキャラが非常に濃く、個性溢れる人物がたくさん登場すると思うので、そこも注目して見て頂きたいです。
暗い気持ちも吹っ飛ばしてくれる、とても明るくあたたかい映画だと思います。初めて台本を読んだ時、自分に正直に生きる人々にとても魅力を感じました。そんな風に生きることが難しい今ですが、この映画を見てなにか感じて頂けたら嬉しいです。

■ ヒコロヒー
しのは、大変そうな役だなあと思いましたが、旦那さんの小手伸也さんをはじめ、全役者陣が凄いので、ついていったらなんとかなるのかなとぼんやり思いました。
赤子を抱きかかえながら、小手さんと手を握り合うシーンをぜひ観て頂きたいです。スケベでした。
神木くんと杉咲花ちゃんがとてつもなく爽やかです。忠信先輩がとっても渋いです。小手伸也さんは鬼ダンディです。是非お楽しみください!

■ 勝村政信
今回、老中を演じました。
撮影入る前に、前田監督と役作りについて色々話しました。
例えば、普段メイクで、こんなに眉を太く描くことはありませんが、真面目そうだけど何か怪しげな含みを持たせたり、強めの正義感で逆に怪しさを強調したりと、楽しみながら、役を膨らませていただきました。型破りな時代劇です。
今までの時代劇とは一味違う、作品になるでしょう。
ぜひ楽しんでいただければと思います。

■ 石橋蓮司
前田監督とは初めてだったので、どういう世界になっているのか、どういうキャラクターを望まれてるのかということが分かるまでは、なかなか緊張しましたが、わかってしまえば気心知れて楽しくやらせてもらえました。
主演の神木君とも今回初めてでしたが、年齢差がありながらもいろいろとコミュニケーションが取れたので良かったなと思ってます。
楽しい映画になっていると思います。ぜひ十分に味わっていただきたいなと思っています。


ストーリー
越後・丹生山藩の鮭役人の子、間垣小四郎(神木隆之介)は、お人よし過ぎて商売上手とは言えないが、皆に愛され平和に暮らしていた。そんなある日、大勢の役人たちが家にやってくる。驚く小四郎に父・作兵衛(小日向文世)が衝撃の事実を告げる。なんと彼は、<松平>小四郎――徳川家康の血を引く、丹生山藩主の跡継ぎだったのだ!
さらに、実の父・一狐斎(佐藤浩市)は小四郎に国を任せ、さっさと隠居。庶民から殿様へと突然、幸運を手にしたかのように見えた…のもつかの間、実は丹生山藩は25万両(およそ100億円)もの借金を抱えるワケあり藩!困り果てる小四郎に、一狐斎は「大名倒産」を命じる。返済日に藩の倒産を宣言し、借金を踏み倒せば皆助かるというのだ。
しかし…実は一狐斎は、息子に全ての責任を押し付け、切腹させるつもりだった!
小四郎に残された道は、100億返済か切腹のみ!人生最大のトラブルに巻き込まれた若きプリンス、一体どうする――!?

作品タイトル:『大名倒産』
出演:神木隆之介
杉咲花 松山ケンイチ
小日向文世 / 小手伸也 桜田通 / 宮﨑あおい
キムラ緑子 梶原善 髙田延彦 藤間爽子 ヒコロヒー / 勝村政信 石橋蓮司
浅野忠信 / 佐藤浩市 ほか
原作:浅田次郎「大名倒産」(文春文庫刊)
監督:前田哲
脚本:丑尾健太郎、稲葉一広
プロデューサー:石塚慶生、西麻美
製作:『大名倒産』製作委員会
配給:松竹

公式サイト:movies.shochiku.co.jp/daimyo-tosan/
公式Twitter:@daimyo_tosan
コピーライト:(C) 2023『大名倒産』製作委員会

2023年6月23日(金)公開

関連記事:
浅田次郎の小説を映画化!神木隆之介主演『大名倒産』に杉咲花、松山ケンイチら超豪華キャストが集結 ―2023年6月公開
ベストセラー作家・浅田次郎の傑作時代小説「大名倒産」がついに映画化!2023年全国公開決定、監督は前田哲

↑上に戻る