アイルランド映画『恋人はアンバー』11月3日(木・祝)日本劇場公開決定!ポスタービジュアル&予告編も解禁

恋人はアンバー

アイルランド発の青春映画『Dating Amber(原題)』が『恋人はアンバー』の邦題で11月3日(木・祝)より全国公開となることが決定し、ポスタービジュアルと予告編が解禁された。

舞台は1995年、同性愛が違法でなくなってから2年後のアイルランド。同性愛者への差別や偏見が根強く残る田舎町で、自身がゲイであることを受け入れられない高校生・エディと、レズビアンであることを隠しているクラスメイトのアンバー。家族や同級生にセクシュアリティを悟られないように平穏に卒業を迎えるため、2人は“ニセモノの恋人”を演じることに!?

性格も趣味も全く違う2人だったが、ぶつかり合いながらも、悩みや夢、秘密を打ち明けるうちに、唯一ありのままの自分をさらけ出せる、かけがえのない存在になっていく。しかし、一緒に訪れた都会・ダブリンで、特別な出会いを果たし、新しい世界に触れた2人は、“理想的”だったこの関係にも終わりが近づいていることに気づいてしまい…。

エディとアンバーの関係性の変化と、彼らが成長していく姿が観る者の青春時代を思い出させ、共感を呼ぶ本作。ラストの希望に満ちた彼らの笑顔に、晴れやかな感動が押し寄せる。

アイルランドで2020年に封切られたのを皮切りに、世界各国で公開・配信されている本作は、米映画批評サイトRotten Tomatoesで94%freshを獲得し、アイルランド版アカデミー賞と評される「アイリッシュ映画&テレビ賞」(第17回)で8部門ノミネート、2部門受賞の快挙を達成。

他にも、ニューヨーク最大のLGBTQ映画祭である「NewFest」(第32回)で特別賞を受賞し、過去にデイミアン・チャゼル(『セッション』)、テイラー・シェリダン(『ウィンド・リバー』)、ロバート・エガース(『ライトハウス』)らが評価された「カメリメージ映画祭」(第28回)では最優秀監督デビュー賞にノミネートされるなど、各国で絶賛が相次いでいる。

日本国内でも、「レインボー・リール東京」(第29回)、「映画祭TAMA CINEMA FORUM」(第31回)、「EUフィルムデーズ」(第20回)で上映され、各回満席に。SNS上では「ひたすらキュート」「涙腺崩壊した」「青春映画の傑作!」など絶賛のコメントが溢れ、待望の日本劇場公開が満を持して決定した。

そして、今回解禁されたのは、正反対の2人が印象的なポスタービジュアル。制服をキッチリ着こなして、まっすぐにこちらを向いている“男性に恋する”男子高生・エディに対し、“女性しか愛せない”女子高生・アンバーはサングラスをかけてキャンディーをなめている。本来はカップルになることはない、趣味も性格も異なる2人が、「ふたりだから、自分に出会えた」と心から思える関係を築くまで、果たしてどのような物語が紡がれるのか。

あわせて解禁された予告編では、女性とキスをしたことがないだけで「ゲイか?」とからかわれるような保守的な田舎町で、周囲にセクシュアリティを隠したまま平穏に卒業するために、頑張ってカップルらしく装う可愛らしい2人の様子に思わず笑みがこぼれ、この先の2人を自然と応援したくなってしまう。

高校卒業後は町を出ようと考えているアンバーに対し、「今のままでいい」と消極的なエディ。アンバーはそんな彼に、「他人なんて関係ない!あんたの人生よ!」と言い放つ。立ちはだかる差別と偏見、周囲の冷たい目、新しい世界、将来への不安…。自分らしく生きることを求めてもがきながら、2人が下す人生の決断とは。

セクシュアリティの悩みや差別、偏見など社会的テーマを描きながらも、ポップでキュート、そして時々ビターなテイストを持つ本作。「友情が本当に愛らしい」(The Hollywood Reporter)「先入観を打ち砕く感動!」(Slant Magazine)と海外メディアも高評価。「最高の彼氏!」と言えるようになるまでのエディとアンバー2人の関係性の変化が描かれ、すべてが晴れやかな感動のラストへとつながっていく。本編の雰囲気そのままに、印象的なシーンの数々を切り取った期待高まる予告編をお見逃しなく。

差別や偏見に悩む高校生を、ユーモアを交えつつチャーミングに描いたさわやかな青春映画『恋人はアンバー』は11月3日(木・祝)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。本日9月9日(金)からは、オリジナル待ち受け画像の特典が付いたムビチケオンラインも発売中だ。

作品タイトル:『恋人はアンバー』
出演:フィン・オシェイ、ローラ・ペティクルー、シャロン・ホーガン、バリー・ワード、シモーヌ・カービー
監督・脚本:デイヴィッド・フレイン
挿入歌:PULP「Mile End」、Brenda Lee「You Can Depend on Me」、U2「All I Want Is You」、GIRLPOOL「Cut Your Bangs」ほか
原題:Dating Amber
2020年/アイルランド/92分/ビスタ/5.1ch
後援:アイルランド大使館
提供:Watcha Japan
配給:アスミック・エース

公式サイト:Dating-amber.asmik-ace.co.jp
公式Twitter:@dating_amber_jp
コピーライト:(C) Atomic 80 Productions Limited/ Wrong Men North 2020, All rights reserved.

11月3日(木・祝) TOHOシネマズ シャンテほか全国公開!

↑上に戻る