『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』神谷浩史、森川智之、津田健次郎、諏訪部順一が“死体役”で吹替参加!

ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り

映画『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』(3月31日(金)公開)の追加吹替キャストが解禁された。

クセの強い“アウトロー”だらけの異色なパーティが、他に類を見ないユニークな戦いと冒険の旅に挑んでいく本作。運命を切り開くため、誰とパーティを組み、どんな手を使って攻略していくのかが大きな見どころの一つとなっている。日本語吹替キャストには、吟遊詩人で盗賊である主人公・エドガン役に武内駿輔、屈強な戦士ホルガ役を甲斐田裕子、若き魔法使いサイモン役を木村昴、聖騎士ゼンク役を中村悠一、そして人間とモンスターのダブルである自然の化身・ドリック役に南沙良と、人気実力ともトップクラスの豪華布陣が集結。さらに、彼らの前に立ちはだかるヴィランをはじめ、旅路を盛り上げるキャラクター達として、主人公エドガンの娘・キーラ役に逢田梨香子、エドガンとただならぬ因縁をもつ詐欺師フォージ役に森田順平、悪の魔女ソフィーナ役に沢城みゆき、そしてアンデッド集団を操り世界を牛耳ろうとする悪の親玉ザス・タム役に岩崎ひろしと、錚々たる面々が顔を揃えた。

このほど追加発表になったのが、主人公パーティがある目的のために訪ねる墓場に眠るすさまじいルックスの死体となった戦士たち4体の日本語吹替キャスト。

死体トークには、「進撃の巨人」リヴァイ、「ONE PIECE」トラファルガー・ローなど、過酷な運命を背負う熱狂的大人気キャラを数々演じ、声優アワードでの圧倒的成績から唯一の殿堂入りを果たしている神谷浩史
死体スタンハードには、昨年の『トップガン マーヴェリック』はもちろん長年トム・クルーズ公認として日本語吹替担当を務め、「鬼滅の刃」産屋敷耀哉や「クレヨンしんちゃん」野原ひろし(2代目)などバラエティ豊かな重要キャラを演じている森川智之
死体スヴェンには、「呪術廻戦」七海建人、「ゴールデンカムイ」尾形百之助などのキレ味鋭いキャラクターや、実写作品への出演にも近年ますます精力的で2023年も『映画 イチケイのカラス』『わたしの幸せな結婚』と早々から大作への出演が続く津田健次郎
死体ヴェンには、「ユーリ!!! on ICE」ヴィクトル・ニキフォロフをはじめとする個性的イケメンキャラクターから、もはやアンデッドにも近しい存在であろう鬼神の「呪術廻戦」両面宿儺をも演じきっている諏訪部順一

前代未聞の最強死体パーティ。満を持して手を組んだ神谷・森川・津田・諏訪部は、武内駿輔が率いる主人公たちパーティを相手に、いったいどんな形で絡み、本作にどれほどの爪痕を残すのか。 4人からのコメントは以下にご紹介。

豪華戦士の死体パーティ役
日本語吹替キャスト コメント全文(※本編登場順/敬称略)

神谷浩史(死体トーク)
D&Dと言えば僕が中学生くらいの時にTRPGのルールブックやリプレイを夢中で読んだのを覚えています。剣と魔法の世界に想いを馳せ、様々な種族の仲間との冒険にワクワクしていました。でも当時、僕には友達がいなかったので、そんな仲間も居らず冒険の旅は夢に終わりました…。しかし今回、『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』の吹き替えに参加できて、森川さん、津田さん、諏訪部さんと言う仲間ができました!中学生の時の夢が叶ったようです…!みんなゾンビだけれど!
アフレコは原音通りにやっています。僕はそんなに手応えを感じていません。でも音響監督の依田さんは笑っていたので、きっと良かったのだと思います!
そんなゾンビのシーンにも注目しつつ、ぜひ劇場で「ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り」吹き替え版でご覧ください!よろしくお願いします!

森川智之(死体スタンハード)
神妙な顔したスタッフからの出演依頼が秀逸でした。「どうしても帝王森川さんにやってもらいたいんです。この作品のポイントとなる重要な役です!もちろん吹き替えの共演者もすごいラインナップです」と。そこまで言われては断るわけもありません。気持ちよく引き受けましたよ。そして台本開いてびっくり「死体役かぁーい!」
声優やって37年目、最高の死体を吹き替えました!字幕はもちろんですが吹き替えは、さらに最高の声優どもの感性を注入した最強の吹き替え版になっていることでしょう!?レッツ死体パーリー!!

津田健次郎(死体スヴェン)
今回、面白いパートを演じさせて頂き収録が非常に楽しい時間でした。ファンタジーの面白さが詰まったこの映画、元々の音声が楽しめる字幕版も勿論良いのですが、文字より情報量が多く日本語がダイレクトに心に響いてくる吹き替え版でも是非ご覧下さい。出来れば字幕版と吹き替え版の違いも楽しんで頂きたい(笑)。劇場でお待ちしています。

諏訪部順一(死体ヴェン)
『ダンジョンズ&ドラゴンズ』と言えば、RPGの元祖として世界的に有名なタイトル。その名を冠した本作は、面白要素てんこ盛り。ハラハラドキドキゲラゲラの痛快エンタテインメントムービーです!タイトルを聞いただけで日本語吹替の出演オファーに即「ぜひ!」とアンサーしたところ、台本が届いたら死体役で「!?」。そして、死体たちの役どころを知って「!!」。心を込めて演じましたので、ぜひ日本語吹替版でも彼らの勇姿をご覧いただけますと幸いです。死んでますけど。


イントロダクション
様々な種族、モンスターが生息する世界で、聖なる力と邪悪な勢力がぶつかりあう―。誰もが心を躍らせ、時代を超えて愛され続ける異世界アクションファンタジー映画の新たな傑作が誕生。
仲間を集めて強大な敵に立ち向かっていく物語といえば、主人公となる伝説の勇者と、それをサポートする様々なスペシャリストたちで最強のパーティを組むのが鉄板。だが本作の主人公・エドガン(クリス・パイン)はなんと盗賊稼業に勤しむアウトローな吟遊詩人!?屈強な戦士ホルガ(ミシェル・ロドリゲス)、魔法使いサイモン(ジャスティス・スミス)、可憐な見た目から一転、獰猛な”アウルベア”に変身する能力を持った自然の化身のドリック(ソフィア・リリス)、そして高潔な聖騎士ゼンク(レゲ=ジャン・ペイジ)と実にユニークでクセ者ばかりのパーティが、一筋縄ではいかない大冒険を攻略する旅に出る。

ストーリー
様々な種族、モンスターが生息する世界、フォーゴトン・レルム。盗賊のエドガン(クリス・パイン)と彼の相棒である戦士のホルガ(ミシェル・ロドリゲス)は、ある目的のために旅に出る。特殊能力を持った魔法使いサイモン(ジャスティス・スミス)と自然の化身ドリック(ソフィア・リリス)、そして聖騎士のゼンク(レゲ=ジャン・ペイジ)とパーティを組み、全世界を脅かす巨大な悪の陰謀に対峙することになる…。

作品タイトル:『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』
出演:クリス・パイン、ミシェル・ロドリゲス、ジャスティス・スミス、ソフィア・リリス、レゲ=ジャン・ペイジ、ヒュー・グラント ほか
監督・脚本:ジョン・フランシス・デイリー&ジョナサン・ゴールドスタイン
製作:ジェレミー・レイチャム(『アベンジャーズ』『ガーディアンス・オブ・ギャラクシー』)
全米公開:2023年3月3日予定
配給:東和ピクチャーズ

公式サイト:https://dd-movie.jp
公式Twitter:@DnD_MovieJP
公式Facebook:@ParamountPicturesJP
公式Instagram:@paramount_japan
公式Youtube:@ParamountJapan
公式TikTok:@paramountjapan #映画ダンジョンズアンドドラゴンズ
コピーライト:(C) 2022 PARAMOUNT PICTURES. HASBRO, DUNGEONS & DRAGONS AND ALL RELATED CHARACTERS ARE TRADEMARKS OF HASBRO. (C) 2022 HASBRO.

3月31日(金)全国公開

関連記事:
映画『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』クセ強なアウトロー達による異色のパーティが誕生!新予告解禁
『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』南沙良が吹替初挑戦!ドリック役を素のままに熱演(コメントあり)
『ダンジョン ズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』日本語吹替版に武内駿輔ら日本が誇る“最高の吹替パーティ”結集!

↑上に戻る