分離手術から35年、「ドクちゃん」の今を捉えたドキュメンタリー映画 予告編などが解禁

ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―

『ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―』が5月3日(金・祝)より新宿ピカデリー他で公開となることが決定し、予告編とポスタービジュアル、場面写真、コメントが解禁された。

本作は、日越外交関係樹立50周年と、分離手術から35周年を記念したドキュメンタリー作品。ベトナム戦争で使用された枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた運命から、今も深刻な健康問題を抱えたまま平和のアンバサダーとしての使命と共に生きるドクちゃんの姿が捉えられている。

現在43歳となったドクちゃん(グエン・ドクさん)は、結婚18年目の妻・トゥエンさんと、双子の子供である息子・フジくん、娘・サクラちゃんと共に、夫として父親として暮らしている。さらには闘病中の義母を自宅介護するなど、自身も入退院を繰り返す中、一家の唯一の稼ぎ手でもある。映画は、ドクちゃんが今も逞しく生きている姿を映し出す。

監督は、これまで五大陸を旅しドキュメンタリーを制作している川畑耕平。撮影は2023年日本撮影監督協会「JSC賞」受賞の池田俊巳、編集には2023年キーウ国際映画祭で受賞したウクライナ人のレシア・コルドーネッツが参加している。
また、4月にはドクちゃんが来日する予定だ。

コメント

■ グエン・ドクさん
僕の人生には2つの大きなチャレンジがあります。
1つは『生きること』。2つ目は『生き続けること』。
43年前、結合双生児として生まれた僕と兄ベトは、7歳の時にベトナムや日本のたくさんの人々の支援のもと分離手術を受けました。この映画で少しでも恩返しができればと思い、全てを見せる覚悟をしました。僕のありのままの姿から、家族の大切さ、命の尊さを感じ、皆さんが人生を前向きに生きる原動力となること、そしてこの映画が“記憶”となり未来へ繋がることを願っています。僕自身の使命として、この映画が世界を平和へ導くきっかけとなりますように。

■ 川畑耕平監督
枯葉剤の被害者や障害者でありながら、ドクさんは他の人と同じように一人の父親であり夫でした。気負いもてらいもなく、日常生活に悩みながらも、平和の大切さを自然体で語る姿に凄みを感じます。そんなドクさんを少しでも感じていただければうれしいです。

ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―
ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―

『ドクちゃん ―フジとサクラにつなぐ愛―』
出演:グエン・ドク グエン・トゥエン グエン・フーシー(フジ) グエン・アンダオ(サクラ)
監督/編集:川畑 耕平
音楽:原 摩利彦
撮影:池田 俊己
編集:レシア・ コルドーネッツ
プロデューサー:リントン貴絵ルース 吉岡フローレス亜衣子
製作/制作:Kingyo Films Pte. Ltd. / Ruff Films LLC
配給:ギグリーボックス
(C)2024 Kingyo Films Pte. Ltd.

公式サイト:https://dokuchan-movie.com/
公式X:@dokuthefilm
公式Instagram:@dokuthefilm

5月3日(金・祝)GWより、新宿ピカデリー他にて全国公開

↑上に戻る