ログイン

『デッドプール&ウルヴァリン』日本版声優が一挙解禁 加瀬康之&山路和弘のカムバックも決定

画像1

シリーズ最新作『デッドプール&ウルヴァリン』(7月26日(金)日米同時公開)の日本版声優情報が一挙解禁された。

本作は、映画史上最も破天荒なヒーロー、デッドプールとウルヴァリンの活躍を描く、過激で笑えるアクション・エンターテイメント。

不治の病を治療するために受けた人体実験で、自らの容姿と引き換えに不死身の肉体を手に入れた元傭兵のウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)。自分のことを“俺ちゃん”と呼び、戦う理由は超個人的。映画の世界を飛び超えて観客にむかって話しかけるなど、なんでもアリの“破天荒なクソ無責任ヒーロー”デッドプールとして活躍する彼は、二本の日本刀と二丁拳銃を使いこなす過激でアクロバティックな戦闘スタイル。そんな彼が大切なファミリーのために世界の命運をかけたある壮大なミッションに挑むことに!?

デッドプールが助けを求めたのは、予測不可能なこのミッションのカギを握るウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)。ウルヴァリンといえば、デッドプールが“爪野郎”と呼び、これまで何度もいじり倒してきた人気キャラクターで、“キレるとヤバい、最恐アウトロー”。驚異的な治癒能力と不死身の肉体を持つウルヴァリンは、これまで、獣のような闘争本能と人間としての優しい心の間で葛藤しながらも、世界平和のため、すべてを斬り裂く超金属の爪を武器に戦ってきたが、彼には戦いから遠ざかっていた“ある理由”があった。今回は、毒舌&テキトーで下ネタ連発なのに、なぜか憎めないデッドプールとタッグを組み、世界の命運を賭け暴れまわることに。全く異なる個性の2人は、手を携え、世界を守ることができるのか。

そんな本作の日本版声優陣として、デッドプール役で加瀬康之、ウルヴァリン役で山路和弘が歴代作品に続きカムバック。

さらに、デッドプール、ウルヴァリンそれぞれの物語を彩ってきた“愉快なオトモダチ”役として、林真里花三上哲一柳みる忽那汐里(本人)、影平隆一嶋村侑の続投も決定した。

そして今回、主人公を演じることとなった加瀬と山路からはコメントも到着。

これまでも演じてきたデッドプール役に決まったときの心境について、「ホッと一安心と、前回以上に頑張らないとという気持ち」と振り返った加瀬は「やってることはめちゃくちゃで破天荒。口も悪いし、下ネタ連発(笑)でもなんか憎めないんですよね。あとは“第四の壁”を超えちゃうところも魅力です」とデッドプールの唯一無二のキャラクター性をアピール。

一方、山路は「(これまでの作品で)一人の不良(ウルヴァリン)が長い長い年月をかけ、思慮深い存在になって行くのを、この付き合いで体感してきた。な、な、なのに、ひょっとしてまた戻れと?!」と、本作で描かれるウルヴァリンの新たなドラマに胸が高鳴っている様子。

デッドプールとの掛け合わせについても、「全くタイプの違うハチャメチャ野郎達。しかし案外いいコンビかも。(2人がタッグを組むことによる)大爆発、大激震に期待したいですね」とコメントしている。

また、加瀬もデッドプールとウルヴァリンが揃うことでの化学反応に期待しているといい、「楽しみでしかないです!味方なんだろうけど…ずっと言い合ってるのかな(笑)まざらないと思います!色んなやらかしを期待してます(笑)」と話している。果たして、一見ミスマッチな2人は一体どんな“やらかし”を見せてくれるのだろうか。

これまでも、型破りな演出の数々で観客たちを驚かせ続けてきた本シリーズ。正反対の2人が融合することで、さらに過激さを増すこととなりそうな本作について、山路は「“マーベル、こんな事していいのか、こんな事言っていいのか?!”とデップーで思った方。(最新作は)もっと酷い事になるでしょう!化学反応は×2です。いや、×5くらいかな。何しろまだ見てないし(もしかするともっとかも)…!」とコメント。加瀬も「またまた記録作っちゃいましょー!!!」と意気込みを語っている。

目次