ログイン

『美食家ダリのレストラン』8月16日に公開決定、日本版ポスタービジュアル解禁

『美食家ダリのレストラン』(原題:Esperando a Dali)が、2024年8月16日(金)より全国公開されることが決定し、日本版ポスタービジュアルとメインカットが解禁された。

サルバドール・ダリが愛したスペインの海辺の街カダケスに、若き天才シェフによる革命的なレストランが誕生。そこでは今まで誰も目にしたことのない、「全ての人を幸せにする」魅惑的で胸躍る数々の料理が登場する。

1974年、フランコ政権末期の競争激しい大都市バルセロナで、一流フレンチレストランのシェフとして腕を振るってきたフェルナンド。訳あって身を寄せることになった海辺のレストランのオーナー親子、そしてサルバドール・ダリらの存在が、フェルナンドの料理の世界に、解放と唯一無二のインスピレーションを与えていく。

監督・脚本を務めたダビッド・プジョル監督は、サルバドール・ダリ、そして伝説的な三ツ星レストラン「エル・ブジ」についてのドキュメンタリー映画制作の実績のある、代わりのいない”料理長”。ダリを崇拝するオーナーのジュールズが営む「シュルレアル」には「溶けた時計」「ロブスター電話」らダリのアートを模したオブジェが溢れ、「エル・ブジ」で実際に提供されていた独創的なメニューの数々が登場する。
監督の指揮の元、芸術と料理という双方の要素を最大限に取り入れ、それらを融合する魔法のようなレストラン・エンタテイメントを完成させた。

画像1

『美食家ダリのレストラン』
1974年、フランコ政権末期のスペイン。バルセロナを追われた料理人フェルナンドとアルベルトの兄弟は、友人フランソワの伝手でサルバドール・ダリの住んでいる海辺の街カダケスに辿り着く。彼らを迎えたのは魅力的な海洋生物学者のロラ、そしてその父-ダリを崇拝する、レストラン「シュルレアル」のオーナーであるジュールズだった。「いつかダリに当店でディナーを」をスローガンに、ありとあらゆる無謀な試みに奔走しながら、情熱を謳い続けるジュールズ。やがてそのカオスはフェルナンドの料理に新たな風をもたらし、世界規模の革命的シェフの誕生を呼ぶことになる。

原題:Esperando a Dali 映倫:G
2023/スペイン/スペイン語、フランス語/カラー/115分
後援:スペイン大使館 Embajada de Espana / インスティトゥト・セルバンテス東京
提供:コムストック・グループ/ファインフィルムズ
配給:ファインフィルムズ/コムストック・グループ
(C)ESPERANDO A DALÍ A.I.E. 2022

8月16日(金)より新宿武蔵野館 、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋他にてロードショー

目次