『エッフェル塔~創造者の愛~』主演ロマン・デュリス&製作陣がベタ褒め!エマ・マッキーの新規場面写真解禁

エッフェル塔~創造者の愛~

ロマン・デュリス主演映画『エッフェル塔~創造者の愛~』(3月3日(金)公開)で初めてフランス映画に挑戦するエマ・マッキーの新規場面写真が解禁された。

本作は、フランス・パリにある誰もが知る世界遺産エッフェル塔の完成に挑戦したギュスターヴ・エッフェルが成功を掴む影で、ある女性への秘められた想いを情熱的、かつ、大胆に創作したヒューマン・ラブストーリー。主人公ギュスターヴ・エッフェルと情熱的な恋愛に身を投じるヒロイン・アドリエンヌを演じるのがエマ・マッキーだ。

彼女の名を最初に広く認知させたのは、イギリス発のNetflixドラマ「セックス・エデュケーション」で演じた主要人物のメイヴ・ワイリー役。トレーラー暮らしという環境に育つ一方で、生活費を稼ぐために他の生徒の宿題代行でお金を稼ぐほどの秀才で、主人公オーティスにセックスセラピーをしないかと持ち掛けるなど、ストーリーを面白い方向へ進める強烈なパワーを持つキャラクターがドラマの人気に火をつけ、第4シリーズが製作開始となるなど大ヒット作となっている。

また、次に彼女が注目を集めたのは、映画『ナイル殺人事件』(22)で演じた事件の鍵を握るジャクリーン役。「ミステリーの女王」であるアガサ・クリスティーが生み出した名探偵ポワロシリーズをケネス・ブラナーが監督・主演を務めた映画化シリーズ第2弾で、事件を追うごとに謎を深めていく複雑なキャラクターと、深紅のドレスを身にまとった美しい姿が話題となった。

そして、今回『エッフェル塔~創造者の愛~』では今まで人気を獲得してきた英語圏のエンタメ作品とは別に、自身のルーツのひとつである“フランス”映画へ初出演を飾ったエマ・マッキー。そんな彼女に、主演のロマン・デュリスは「彼女にアドリエンヌ役をオファーしたのは天才的なアイデアだった。」と絶賛。「エマはすべてを備えた演技をする。身体を使う場面もエネルギッシュで楽しげに、自信をもってこなす。ドラマチックなシーンで純粋な感情を伝えるときと同じようにね。共演した一つ一つのシーンを二人で助け合いながら演じたよ。」と撮影を振り返った。

また、製作でキャスティングも担当したヴァネッサ・ファン・ザイレンは「セックス・エデュケーション」を視聴していた時のエピソードを交え、「ドラマの第1話を見ていたときに、ピンときたんです。たった今アドリエンヌ役を見つけた、エマ・マッキーよ!って。私には、未来のメリル・ストリープが見えたんです。彼女がフランス語を話せることもわかったので、彼女のエージェントを調べました。監督のマルタンに話したところ、彼も賛成してくれて、24時間後には二人でロンドン行の電車に乗っていました」とコメント。

そして、監督のマルタン・ブルブロンは「この映画で重要なものの大半は、エマが演じるアドリエンヌの反応力にかかっているんだ。彼女の決断が、彼女のいくつかの行動とともに、物語を導いていく。アドリエンヌの背後には塔があり、逆もまた然りだ。エマがそんなアドリエンヌを、元気さと優雅さをもって完璧に演じてくれている。」と彼女に全幅の信頼を寄せていたことを明かした。

今後はマーゴー・ロビー、ライアン・ゴズリング、ケイト・マッキノンなど人気俳優とともに名を連ねる実写版『Barbie(原題)』(2023)や名著「嵐が丘」の作者エミリー・ブロンテの伝記映画『Emily(原題)』(公開日未定)で初主演を飾るなど、大きな作品が続々決まるエマ・マッキー。快進撃を続ける彼女の魅力が詰まった『エッフェル塔~創造者の愛~』は3月3日(金)より新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開。

エッフェル塔~創造者の愛~
エッフェル塔~創造者の愛~

ストーリー
アメリカ〈自由の女神像〉の制作に協力したことで大いなる名声を獲得した、ギュスターヴ・エッフェル(ロマン・デュリス)。世間では3年後の1889年に開催される「パリ万国博覧会」の話題でもちきりだった。そのシンボルモニュメント制作のコンクールには全く興味のなかったエッフェルだが、パーティーの席で大臣から強く参加を要請される。さらに、久しぶりに再会した友人で記者のアントワーヌ・ド・レスタック(ピエール・ドゥラドンシャン)の妻・アドリエンヌ(エマ・マッキー)から「大臣と同感です。ぜひ見てみたい。野心作を」と言われたエッフェルは突然、「ブルジョワも労働者も皆が楽しめるように、パリの真ん中に300mの塔をすべて金属で造る」と宣言する。実は初対面のふりをしたレスタックの妻は、エッフェルにとって忘れられない女性だった――。

作品タイトル:『エッフェル塔~創造者の愛~』
出演:ロマン・デュリス、エマ・マッキー、ピエール・ドゥラドンシャン、アルマンド・ブーランジェ、ブルーノ・ラファエリ
監督:マルタン・ブルブロン
脚本:カロリーヌ・ボングラン
音楽:アレクサンドル・デプラ
編集:ヴァレリー・デシネ
美術:ステファン・タイアゾン
2021年│フランス・ドイツ・ベルギー│フランス語│108分│シネスコ│字幕翻訳:橋本裕充│R15
提供:木下グループ
配給:キノフィルムズ

公式サイト:eiffel-movie.jp
コピーライト:(c)2021 VVZ Production – Pathé Films – Constantin Film Produktion – M6 Films

3月3日(金)新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

関連記事:
『エッフェル塔~創造者の愛~』日本版予告映像&新規場面写真解禁! ―本日12月27日はギュスターヴ・エッフェルの命日
ロマン・デュリス主演最新作『エッフェル塔~創造者の愛~』日本版ポスタービジュアル解禁! ―3月3日(金)公開
『EIFFEL(原題)』来年3/3公開決定&場面写真が解禁!「フランス映画祭2022 横浜」オープニング作品として日本初上映

↑上に戻る