ロケ撮影の定番おにぎり弁当「ポパイ」に密着したドキュメンタリー『映画の朝ごはん』公開決定!ナレーションは小泉今日子

映画の朝ごはん

長年に渡り映画やドラマの撮影現場で愛され、映像業界に知らぬ者はいないというほど定番化している伝説のお弁当屋さん「ポパイ」にフォーカスした異色のドキュメンタリー『映画の朝ごはん』が、11月10日(金)よりキネカ大森を皮切りに、以降全国順次公開となることが決定し、場面写真10点とポスタービジュアルが解禁された。

おにぎり二個、おかず一品と沢庵が透明フードパックに入った極めてシンプルなおにぎり弁当で知られ、ロケ撮影の定番の朝ごはんとして熱烈な支持者を持つポパイ。本作は、ポパイのおにぎり弁当ができるまでの工程はもちろん、ポパイがどのような経緯で撮影現場のお弁当受注に注力するようになったのか、さらにはポパイで大量のお弁当を日々発注する“制作部”メンバーによる影の努力、ポパイのおにぎり弁当が生む撮影現場での笑顔を捉えていく。通常ではカメラには決して写ることがなく観客たちは知る由もないが、実際は撮影の根幹を担っている―――そんな《ものづくり》の最前線に連れ出してくれる異色作。

雨の日も、風の日も、雪の日も…撮影現場には撮影、照明、録音、美術などそれぞれのセクションでカメラに映らない大勢のスタッフが働いている。朝から晩まで撮影に明け暮れる彼らにとって温かいお弁当がいかに大切なのか、その温かいお弁当を口に運ぶまでにどんな苦労が詰まっているのかなど、映画好きにはたまらない情景の数々をカメラが次々と明らかにしていく。

ポパイの思い出を証言するのは、黒沢清樋口真嗣瀬々敬久山下敦弘沖田修一ら第一線の現役監督と、映画に人生を捧げてきたスタッフたち。そこで語られるのは、一流監督たちが新人だった頃の貴重な裏話や時代とともに変わっていく業界の姿、突然襲ったコロナ禍による撮影スタッフたちの戸惑いの日々、はたまた食べることへの並々ならぬこだわりなど多岐に渡る。普段スクリーンで観ることができない彼らの日常は、微笑ましくありながらも、映画の見方すら変えてくれるような壮大な物語が展開していく。

ナレーションを務めるのは、俳優の小泉今日子。数々の撮影現場を自身も経験してきた小泉が、優しい語り口で彼らの物語を包み込んでいく。

今回解禁された場面写真には、撮影現場で雑務をこなす制作部の男性2人が笑顔で話す姿や、ポパイのおにぎり弁当が今まさに完成しようとしている一幕、ポパイの社長やベテラン従業員、炊き立てご飯の湯気に包まれる従業員の様子などが写し出されている。

また、ポスタービジュアルでは、ポパイのおにぎり弁当、“缶茶”の愛称で知られる黒い缶のウーロン茶、店名入りの割り箸にフォーカス。まるで写真のようだが、よく見ると写実的な絵であることがわかる。シンプルなデザインながら、丸みを帯びたおにぎりが主役で食欲をそそり、どことなく温かみを感じさせる。

映画の朝ごはん
映画の朝ごはん
映画の朝ごはん
映画の朝ごはん
映画の朝ごはん
映画の朝ごはん
映画の朝ごはん
映画の朝ごはん
映画の朝ごはん
映画の朝ごはん

ストーリー
見た感じはごくシンプルなのに、ある種の中毒性をもって映画スタッフや俳優たちに熱狂的に愛され続けているのが、40年近く続く老舗お弁当屋さん「ポパイ」のおにぎり弁当。数多くのケータリング業者がしのぎを削っている中で、なぜ「ポパイ」はロケ弁当の代名詞のような存在になったのか。
東京都練馬区にお店を構えるポパイは、先代社長が東映大泉撮影所に知り合いがいたことから弁当を卸すようになり、いまでは映画やテレビ番組のロケ隊に朝ごはんを届けるために、毎日深夜0時からごはんを炊いて、少数精鋭で手作りのお弁当を作っている。そして配送車に積まれた弁当の大半は、ロケ隊の集合場所である早朝5時の新宿へと運ばれていく。
とある現場でロケ弁当の采配をしているのは、制作部に入ったばかりの若者、竹山俊太朗。脚本家を夢見て、助監督として働いていたが、いまは制作進行として撮影隊の世話に奔走している。そんな半人前の竹山に目をかけているベテランの制作部スタッフ守田健二は、人生の大半を過ごした映画の世界から身を引く日がくるという、終わりの気配を感じていた。
それぞれが仕事に託す想いと、限られた時間。そして次の世代へと継承されていく映画の未来。撮影現場スタッフやポパイの従業員たち、それぞれの人間模様から、映画制作の知られざる一面が見えてくる――。

作品タイトル:『映画の朝ごはん』
出演:竹山俊太朗 守田健二 福田智穂 鈴木直樹
磯見俊裕 大山晃一郎 沖田修一 黒沢 清 下田淳行 瀬々敬久
内藤剛志 野呂慎治 樋口真嗣 藤井 勇 山下敦弘
ナレーション:小泉今日子
監督・企画・撮影・編集:志子田 勇
音楽:yojikとwanda
製作:由里敬三 プロデューサー:飯塚信弘 録音:百々保之 整音:松本理沙
撮影協力:芦澤明子(J.S.C) ポスター絵画:伊藤ゲン 制作統括:阿部浩二
制作協力:MOM&DAVID
2023年/DCP/131分/ドキュメンタリー
助成:AFF2

公式サイト:eiganoasagohan.com
公式X:@eiganoasagohan
コピーライト:(C)ジャンゴフィルム

11月10日(金)よりキネカ大森 以降全国にて順次公開

↑上に戻る