アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート!イエジー・スコリモフスキ監督最新作『EO イーオー』予告編解禁 ―5月5日(金)公開

EO イーオー

イエジー・スコリモフスキ監督・脚本による7年ぶりの最新作で、キャリア初となるアカデミー賞国際長編映画賞ノミネート作品『EO イーオー』(5月5日(金)公開)の予告編が解禁された。

ロベール・ブレッソンの『バルタザールどこへ行く』に着想を得た本作の主人公は、”EO”という名のロバ。サーカス団から連れ出され、ポーランドからイタリアへと予期せぬ放浪の旅に出ることになる。

プレミア上映となった第75回カンヌ国際映画祭では審査員賞・作曲賞2部門を受賞、全米映画批評家協会賞では外国語映画賞/撮影賞の2部門を受賞し、New York Timesでは2022年のNo.1ムービーに選出され、『ムーンライト』でアカデミー賞作品賞を受賞したバリー・ジェンキンスが「”EO”がどれだけ素晴らしいか。昨日観てから、一切頭から離れない」とSNSで投稿するなど、世界中で興奮の渦を巻き起こしている。

解禁された予告編は、愛溢れるサーカス団のパートナー、カサンドラの手のカットに始まり、慈しむようなキスを贈られ、誕生日を祝われる幸せな瞬間も束の間― EOは見知らぬ男に手綱を引かれ、サーカス団から連れ去られてしまう。

カサンドラの叫びも響かぬトラックの中、ただただ無垢な瞳で次の目的地へ運ばれるEO。ポーランドのサッカーチームや、走り抜ける馬の群れ、騒ぎに興じる輩を横目に、ある時は立ち尽くし、ある時は疾走する。物言わぬ主人公のEOの旅に同行する、私たち観客に突きつけられるものとは。

”現代の寓話“としてのストーリーはもちろん、EOを見守りながらも、ある時は彼の視点で人間社会の不条理や自然の驚異を目撃することになる、”無比の映像体験”となる本作。キャリア最高作と言っても過言ではない一本と共に7年ぶりの監督復帰を果たした、スコリモフスキ最新作への期待の高まる一篇だ。

EO イーオー
EO イーオー

ストーリー
愁いを帯びた瞳とあふれる好奇心を持つ灰色のロバ、EO。サーカス団から連れ出され始まった予期せぬ放浪の旅のさなか、善人にも悪人にも出会い、運を災いに、絶望を思わぬ幸福に変えてしまう運命の歯車に耐えている。しかし、一瞬たりとも無邪気さを失うことはない。

作品タイトル:『EO イーオー』
出演:サンドラ・ジマルスカ、ロレンツォ・ズルゾロ、イザベル・ユペール
監督:イエジー・スコリモフスキ
脚本・製作:エヴァ・ピアスコフスカ、イエジー・スコリモフスキ
2022/ポーランド、イタリア/カラー/ポーランド語、イタリア語、英語、フランス語/88分
映倫:G
後援:ポーランド広報文化センター
配給:ファインフィルムズ

コピーライト:(C) 2022 Skopia Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo ALL RIGHTS RESERVED

5月5日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町他にてロードショー

関連記事:
イエジー・スコリモフスキ 7年ぶりの監督最新作『EO イーオー』日本版ポスター解禁!―5月5日(金)公開
「ポーランド映画祭2022」11/22(火)より開催!監修:イエジー・スコリモフスキ最新作『EO(原題)』など10作品を上映

↑上に戻る