F1界の“帝王”と呼ばれた男の情熱と狂気― マイケル・マン監督×アダム・ドライバー主演『フェラーリ』7月公開

フェラーリ

マイケル・マン監督最新作『Ferrari(原題)』が、『フェラーリ』の邦題で7月5日(金)全国公開となることが決定し、ティザービジュアルと特報映像が解禁された。

エンツォ・フェラーリは元レーサーにして、カーデザイナー、そして自ら立ち上げたフェラーリ社をイタリア屈指の自動車メーカーへと成長させた稀代の経営者。だが、その私生活は謎に包まれ、1988年に亡くなってから現在まで、多くの毀誉褒貶に晒され続けている。

本作で描かれるのは、1957年、59歳だったエンツォの波乱と激動の1年。難病を抱えた愛息ディーノを前年に亡くし、社の共同経営者でもある妻ラウラとの夫婦生活は冷え切っていた。さらに、秘かに愛し合っていた女性リナとその息子ピエロとの二重生活は、思いがけずラウラの知るところに。二人の女との愛憎と婚外子の認知問題に加え、業績不振により破産寸前のフェラーリ社は、競合他社からの買収の危機に瀕していた。私生活と会社経営で窮地に立たされたエンツォはしかし、起死回生を賭け、イタリア全土1000マイル縦断の公道レース「ミッレミリア」に挑む――。

『ヒート』『インサイダー』など数々の傑作のメガホンを取り、『フォードvsフェラーリ』では製作総指揮を務めたマイケル・マンが製作・監督を務めた本作は、彼にとって構想30年に及ぶ執念の企画だ。

主人公エンツォ・フェラーリを演じるのはアダム・ドライバー。製作総指揮も担ったドライバーは、会社経営とレースには情熱と狂気をぎらつかせる一方、愛する者たちには優しさと人間味を感じさせるエンツォという人物を陰影深く演じ、ペネロペ・クルス演じるラウラとシャイリーン・ウッドリー演じるリナとの複雑な男女関係の機微はドラマの大きな見どころとなっている。

さらに「ミッレミリア」のレース・シーンを再現するにあたり、マン監督の下に精鋭スタッフが結集。疾走するレーサーの表情から雄大に広がる景観までをダイナミックな構図で捉えた撮影は、『Mank/マンク』でオスカー受賞のエリック・メッサーシュミット。膨大なリサーチを尽くし、1957年当時の風俗、風景を今に甦らせた美術デザインは、『裏切りのサーカス』のマリア・ジャーコヴィク。そして、マン監督とは『ヒート』以来タッグを組んでいるミキサーのリー・オーロフアンディ・ネルソンらによる迫力と臨場感溢れる音響設計も絶大な効果を上げている。

そして本日(3月12日=フェラーリ社創業日)解禁されたティザービジュアルは、ドライバー演じる主人公エンツォが流線形のマシーンの隣を歩く姿を収めたもの。その偉大な業績とは裏腹に、エンツォの孤独なシルエットが浮かび上がる。

あわせて解禁となった特報では、激しく過酷なレースシーンと重厚なドラマを重ねながら、エンツォ自らドライバーたちを叱咤激励する様が切り取られている。加えて、「壮大で濃密なドラマ(ギレルモ・デル・トロ)」「名優たちの競演(アレハンドロ・G・イニャリトゥ)」「傑作(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)」と本作を讃える映画監督のコメントがずらりと並ぶ。

エンツォ・フェラーリの比類なき情熱と狂気とは。1957年夏、帝王と呼ばれた男の起死回生を賭けたレースの真相が、今、明かされる。

ストーリー
1957年。イタリアの自動車メーカー「フェラーリ」の創始者エンツォ・フェラーリは激動の渦中にいた。妻ラウラとともに設立した会社は経営の危機に瀕し、1年前の息子ディーノの死により家庭は破綻。その一方で、愛するパートナー、リナ・ラルディとの間に生まれた息子ピエロを認知することは叶わない。再起を誓ったエンツォは、イタリア全土1000マイルを走る過酷なロードレース“ミッレミリア”にすべてを賭けて挑む――。

『フェラーリ』
出演:アダム・ドライバー、ペネロペ・クルス、シャイリーン・ウッドリー、パトリック・デンプシー
監督:マイケル・マン(『ヒート』)
脚本:トロイ・ケネディ・マーティン
原作:ブロック・イェイツ著「エンツォ・フェラーリ 跳ね馬の肖像」
2023年|アメリカ|英語・イタリア語|カラー・モノクロ|スコープサイズ|132分|原題:FERRARI|字幕翻訳:松崎広幸|PG12
提供:木下グループ
配給:キノフィルムズ
(C) 2023 MOTO PICTURES, LLC. STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト:https://www.ferrari-movie.jp
公式Twitter:@FerrariMovieJP

7月5日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

↑上に戻る