『大いなる自由』劇中の心震える名シーンを捉えた本ビジュアル&新場面写真が解禁!フランシス・リー監督「この作品の虜だ」

2021年カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞受賞、2022年アカデミー賞国際長編映画賞オーストリア代表作品『大いなる自由』(7月7日(金)公開)の本ビジュアルと新場面写真が解禁された

孤独な青年たちの愛の行方を描いた名作『ゴッズ・オウン・カントリー』のフランシス・リー監督が「愛、喪失、そして羞恥を怯みなく描き切っている―この作品の虜だ」と語るように、抑制的でありながらも熱を帯びた演出で、登場人物の感情が観る者にも流れ込んでくるような本作。

解禁された本ビジュアルは、自身の性的指向を理由に繰り返し投獄されるハンスと、当初は「175条違反者」である彼を嫌悪し遠ざけていた服役囚ヴィクトールのエモーショナルな抱擁シーンを配したもの。「ある出来事」に感情が抑えられなくなったハンスを、周囲の目もはばからず強く抱きしめ支えるヴィクトール。反発から始まった二人の関係性が少しずつ変化していく様子が窺える、心震える名シーンだ。

“囚人の服”“収容所の壁”“常に曇っている空”を思わせるくすんだブルーグレーの背景にオレンジ色の「Great Freedom」のロゴが映えるデザインは、ティザービジュアルに続き、リヒター展やマンダース展などアートの世界で活躍するデザイナー須山悠里氏によるもの。〈独房の小さな窓、ミシンの針、本に穿った穴――――隔てられた、こちらとあちらの通路へのアナロジー〉として、実物のポスター/チラシに小さな穴が開いている仕様をティザーに引き続き採用した。

併せて解禁された新場面写真では、囚人服からナチス・ドイツのシンボルであるハーケンクロイツのワッペンを引き剥がす刑務のシーンや娯楽室のテレビでアポロの月面着陸を観るシーンなど、1945年の終戦直後から20余年にもわたり何度も投獄されたハンスの、驚くべき時間の流れが見て取れる。

本作の監督セバスティアン・マイゼが「粗野で残忍に見えるかもしれないが人並みにもろくて孤独」だと語るヴィクトールが、ハンスの腕に彫られた番号から、彼がナチスの強制収容所にいたことを知り入れ墨を上書きするシーンや、独房の小窓からタバコの火をつけるシーンなど、ハンスとヴィクトールの“名付けようのない関係性”にも注目だ。また、一緒に投獄された恋人のオスカー、刑務所内で恋に落ちるレオなど、愛を諦めないハンスの“消えない炎のような魂”を感じさせるショットも公開。映画が描いた時代にドイツ東部で実際に使用されていた刑務所で撮影が行われた本作の、リアルな質感を存分に感じられる写真となっている。

さらに、本作のムビチケ(オンライン)が5/5(金・祝)より販売中。ムビチケをご購入後映画をご鑑賞いただくと本作の海外ポスタービジュアルと鑑賞記録を組み合わせた「ムビチケデジタルカード」がもらえる。

映画『大いなる自由』ムビチケ(オンライン)

料金:前売¥1,500、当日¥1,900
購入&鑑賞特典:ムビチケデジタルカード
https://mvtk.jp/Film/080714
※一部劇場ではムビチケをご使用いただけません。あらかじめご了承ください。
※ムビチケのご利用方法や映画館によっては上映回、スクリーン、座席番号が記載されない場合がございます。

大いなる自由
大いなる自由
大いなる自由
大いなる自由
大いなる自由
大いなる自由
大いなる自由
大いなる自由
大いなる自由
大いなる自由

ストーリー
この手に自由を、消せない愛を。
第二次世界大戦後のドイツ、男性同性愛を禁じた刑法175条の下、ハンスは自身の性的指向を理由に繰り返し投獄される。同房の殺人犯ヴィクトールは「175条違反者」である彼を嫌悪し遠ざけようとするが、腕に彫られた番号から、ハンスがナチスの強制収容所から直接刑務所に送られたことを知る。己を曲げず何度も懲罰房に入れられる「頑固者」ハンスと、長期の服役によって刑務所内での振る舞いを熟知しているヴィクトール。反発から始まった二人の関係は、長い年月を経て互いを尊重する絆へと変わっていく。

作品タイトル:『大いなる自由』
出演:フランツ・ロゴフスキ、ゲオルク・フリードリヒ、トーマス・プレン、アントン・フォン・ルケ ほか
監督・脚本:セバスティアン・マイゼ
共同脚本:トーマス・ライダー
撮影監督:クリステル・フルニエ
編集:ジョアナ・スクリンツィ
音楽:ニルス・ペッター・モルヴェル、ペーター・ブロッツマン
2021年/オーストリア、ドイツ/116分/1:1.85/カラー/原題:Grose Freiheit/英題:Great Freedom
配給:Bunkamura

公式サイト:https://greatfreedom.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/greatfreedomjp
公式Instagram:https://www.instagram.com/greatfreedomjp
コピーライト:(C)2021FreibeuterFilm・Rohfilm Productions

7月7日(金)、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下ほか全国順次公開

関連記事:
『大いなる自由』刑務所の扉の表裏を模したコンセプチュアルなティザービジュアル&予告編解禁!
男性同性愛が禁じられた第二次大戦後ドイツ、愛する自由を求め続けた男の20余年にもわたる物語『大いなる自由』7月公開!

↑上に戻る