【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

池松壮亮主演『白鍵と黒鍵の間に』仲里依紗、森田剛ら豪華キャスト11名一挙解禁!最高音響「odessa」とのコラボ映像も

白鍵と黒鍵の間に

池松壮亮が一人二役で二人のピアニストを演じる、冨永昌敬監督最新作『白鍵と黒鍵の間に』(10月6日(金)公開)のキャスト11名と、音響システム「odessa」とのコラボ映像が解禁された。

本作は、昭和末期の銀座を舞台に、未来に夢を見る「博」と夢を見失っている「南」、二人のピアニストの運命が大きく狂い出す一夜を描く物語。南は才能にあふれているが、夜の世界のしがらみに囚われて夢を見失ってしまったピアニスト。一方、博は希望に満ち、ジャズマンになりたいという夢に向かって邁進する若きロマンチスト。時にすれ違い、時にシンクロするカードの裏表のような関係の2人を、池松壮亮が繊細に演じ分ける。

原作はジャズミュージシャンで、エッセイストとしても活躍する南博の「白鍵と黒鍵の間に-ジャズピアニスト・エレジー銀座編-」。ピアニストとしてキャバレーや高級クラブを渡り歩いた3年間の青春の日々を綴った回想録だが、共同脚本を手がけた冨永昌敬監督と高橋知由が一夜の物語に大胆にアレンジ。南博がモデルの主人公を「南」と「博」という二人の人物に分けて、“3年”におよぶタイムラインがメビウスの輪のようにつながる“一夜”へと誘う。

そんな本作に、南と博を取り巻く面々を演じるキャスト陣が集結。
博の大学時代の先輩で、クラブでは南のバンド仲間でもあるピアニスト・千香子役には仲里依紗。南と博を翻弄する刑務所からシャバに出てきたばかりの謎の男“あいつ”役には森田剛。お調子者のギャンブル狂だが音楽への想いは失っていないバンドマスター・三木役には高橋和也。高いプライドと実力を持つアメリカ人のジャズ・シンガー リサ役のクリスタル・ケイは、その歌唱力も披露。そして、銀座を牛耳るヤクザの会長・熊野役の松尾貴史は、“あの曲”への異様な執着と静かな佇まいに秘めた狂気を滲ませる。

さらには、パプアニューギニア出身で米音大卒業後、近年東京の音楽シーンで活躍しているサックス奏者・松丸契が、博とお互いの才能を認め合うK助役で映画初出演。また、銀座の高級クラブ「リージェント」のバンマス・曽根役に川瀬陽太、老舗のクラブ「スロウリー」の店長・門松役を杉山ひこひこ、「スロウリー」のホステス・Y子役を中山来未、博と千香子の大学時代のピアノの恩師・宅見役を佐野史郎、銀座に染まってしまった南の将来を心配する母親役には洞口依子

あわせて解禁されたのは、音響システム「odessa」と音楽要素の強い本作がコラボした特別映像本職がミュージシャンであるクリスタル・ケイと松丸契も参加する演奏シーンは、劇中の大きなハイライトのひとつとなっている。

目次

odessa(オデッサ)とは? optimal design sound system(+α)

テアトルシネマグループが日本初導入した独自の音響システム。メインシステムは、コアキシャル(同軸)型3ウェイ・シネマシステムを導入。高域・中域を1箇所から出力する事により、位相干渉を無くし、距離による偏差を少なくしている。サラウンドスピーカーは、メインシステムと音色を揃えるためにコアキシャル(同軸)型で設計。サブウーハーは劇場の環境に合わせ最高のポテンシャルを発揮できるように設計されており、従来の劇場クオリティから一段グレードアップしたスタジオクオリティで音響体験が可能となった。

目次